地方人材が都内の企業へ転職する時のポイント

地方で働いている人の中で、東京で転職したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

インターネットが発達してリモートワークなども増えたことにより、場所を問わず働くことができるようになりつつありますが、それでもなお都内には有名な企業の本社やベンチャー企業などが数多く拠点を構えています。

そのため地方と比較すると企業の種類も多く平均賃金も高いので、都内の企業で働くことに魅力を感じる人も多いです。

もっともその際に地方で働く人が不安に感じるのが「地方から都内企業へ転職することができるのか」という点になります。

そこで今回の記事では、地方の人が都内の企業へ転職することができるのか、転職する際にはどういったポイントに気をつければ良いのか詳しく解説していきます。

地方人材は都内の企業へ転職可能なのか?

local-hr-jobchange_1

地方で働いている人の中で、都内の企業へ転職を考えている際に一番不安なのが「転職することができるのか」という点です。

結論からいうと地方人材であっても、都内の企業へ転職することは十分可能になります。

なぜなら東京というのは、日本だけではなく世界の企業が拠点を置いている場所です。

そのため有効求人倍率も他の地方と比較すると高い数字になっています。

厚生労働省が発表している「一般職業紹介状況」というデータによると、全国の有効求人倍率の平均が約1.04前後であるのに対して、東京都の平均は1.49前後です。

単純に有効求人倍率だけ見ても多いのが東京であり、また新卒だけではなく第二新卒や未経験者などを積極的に採用している企業も多く存在します。

そのため地方で働いていたことが直接的にデメリットになるということはほとんどなく、仕事の種類や有している資格によっては、スムーズに転職することもできるでしょう。

また特定の仕事によっては、地方とは比較ができないほど求人を行っているところがあるので、キャリアアップの機会に恵まれる場合もあります。

特に都内周辺で求人が多い仕事に関しては、以下の通りです。

東京で求人の多い業界なぜ地方と比較して東京での求人が多いのか
宿泊・旅行業界宿泊・旅行業界は東京で求人の多い業界の一つです。 日本の首都でもある東京は、各種公共交通機関も発達しており、ホテルなどが非常に充実しています。 近年では外国人旅行客も爆発的に増えているため、宿泊・旅行に関連する企業は地方と比較しても東京に数多く存在しています。
外資系業界日本の首都である東京には、外資系企業も数多く拠点を置いています。
メディア関連の業界全国ネットのテレビ局が多いことから、東京にはそれに関連した広告代理店なども数多く拠点を置いています。 またその他のマスメディア関連の企業も東京に拠点を置いており、メディア関連の企業に転職したいという人には最適です。
IT業界インターネットやソフトウェアなどを取り扱うIT企業も東京に拠点を置いているという場合が非常に多いです。

地方人材が都内の企業へ転職活動する際のハードル

local-hr-jobchange_2

地方在住の人が都内の企業へ就職や就職活動をする際には、いくつかハードルになる点があります。

事前に知っておくことで対策を取る事もできるので、この機会にしっかりと確認しておきましょう。

企業の見極めが難しい

最近ではインターネットの発達により企業の内部がどういった感じなのかというのは、ある程度見極めることができます。

しかしインターネットで得ることのできる情報には限界があり、地元から都内の企業の風土や社内の雰囲気、文化などを知るのには限界があります。

都内に住んでいれば知っているような一般的な情報でも、地方に住んでいる人にとっては知るよしもなかったという場合もあるでしょう。

そのため地方の人が都内の企業へ就職・転職活動をする際には、企業を見極める段階で少し苦労する可能性があります。

競争相手が多い

言うまでもありませんが東京というのは日本の首都であり、人口も地方と比較すると比べ物になりません。

人口が多いということはそれだけ競争相手が多いということでもあるので、就職・転職活動における地方と都内ではかなり競争面で差が激しいといえるでしょう。

同じ業界の企業を志望する際にも、地方と都内では求人倍率が大きく違ったり、求められるスキルも異なったりする場合がほとんどなので、地方から都内へ転職・就職する際にはしっかりそのことを念頭に置いておく必要があります。

選考に参加するのが大変

地方の人が都内の企業へ就職・転職をする際に、一番大変なのが選考への参加です。

関東近郊に住んでいる方であればそこまで大変ではありませんが、関西や九州など新幹線や飛行機を利用しなければいけない場合かなり大変なので注意する必要があります。

移動にかかる時間やお金を考えると、かなり負担がかかる場合もあるのが地方在住に立ちはだかる最大のハードルといえるでしょう。

もっとも最近ではリモートによる面接なども非常に多くなっているので、選考に参加するための負担というのはすこしづつではありますが低くなっています。

地方人材が都内の企業で転職活動を成功させるためには?

local-hr-jobchange_3

地方人材が都内の企業で就職や転職活動を成功させるためには、どういった点に気をつければよいのでしょうか?

以下で詳しく解説していきます。

都内在住の人材よりも自己分析を徹底的に行なう

地方在住の人が都内の企業で就職や転職活動を行なう際に、必ず聞かれるのが「なぜ東京で働きたいのか」ということです。

都内在住の人達と比較しても、面接の際に聞かれることが増えることになる為、しっかりとした理由をもって返答できるように準備をしなければいけません。

その際に絶対に欠かすことのできない点が「自己分析」です。

自己分析は就職・転職活動の際には絶対に欠かすことのできない点ですが、上記の理由から地方の方はより徹底的に行なうことをおすすめします。

地方に住んでいる人の面接では、ほとんど最初に地方に住んでいることと、なぜ東京で働きたいのかを聞かれるでしょう。

ここで中途半端な答えをしてしまうと、面接官にもあまり良い印象を与えることはできません。

そこで都内在住のひとよりも、徹底的に自己分析を行い東京で働く理由はもちろんのことですが、その他の質問にもすらすら説得力を持って答えることができるように準備をしましょう。

転職エージェントなどを積極的に利用する

地方在住の人が都内で就職・転職をする際には、転職エージェントなどを積極的に利用するのもおすすめです。

やはり地方在住と都内に住んでいる人の間では、都内にある企業に関しての情報ですこし格差があります。

インターネットでも把握しきれない情報を、転職エージェントは紹介してくれるので、地方の人が就職・転職をする際には上手く利用するのがよいでしょう。

また自分では思いもしなかった職業への適正を見抜いてくれるのも、転職エージェントなどを利用する大きなメリットです。

転職エージェントなどを上手く利用して、地方から都内への就職・転職活動を成功させましょう。

イベントを上手く活用する

近年では地方在住の人が都内の企業へスムーズに就職・転職することができるように、様々なイベントを開催しています。

説明会やセミナーなどを通して、普段知ることのできない都内の企業の雰囲気や文化を知ることができるので、イベントを上手く活用するいうのは成功を勝ち取るためにも非常に重要です。

こういったイベントを上手く利用すれば、わざわざ都内に何度も訪れる必要も無いので、時間やお金を節約することもできます。

またイベントに参加する際には、あらかじめ確認しておきたい事項や聞きたいことなどをまとめておくと効率的に時間使うことができるでしょう。

地方人材が都内の企業へ転職する際には先に仕事を辞めるべきなの?

local-hr-jobchange_4

ここまで地方の人が東京へ就職・転職をする際に、苦労する点や成功させるために気をつけるべき点を詳しく解説してきました。

こういったことを踏まえて、いざ都内の企業へと就職・転職活動をする際に考えなければいけないのが「先に仕事を辞めるべきなのか」ということです。

先に仕事を辞めて地方から都内へと移る場合、メリット・デメリット両方の側面があるので、以下で詳しく解説していきます。

先に仕事を辞める場合のメリット

地方の企業を先に辞めてから就職・転職活動を行うため都内へと移る場合、交通費や移動時間を節約できるというメリットがあります。

特に住んでいる場所によっては、交通費や移動時間が馬鹿にならないという人も多く、そういった人は先に仕事を辞めてしまうというのも1つの選択肢です。

もっともデメリットの面でも紹介しますが、様々な面から仕事を先に辞めてしまうというのはあまりおすすめできません。

先に仕事を辞める場合のデメリット

地方から都内の企業へと転職する際に、先に仕事を辞めてしまうと様々な面でデメリットがあります。

まず第一に挙げられるのが、収入がなくなってしまうという点です。

仕事で得ていた収入がなくなってしまうため、生活面でかなり不安を抱えながら仕事を探さなければいけないでしょう。

また必ずしも仕事先が見つかるというわけではないので、かなりメンタル面でも不安を抱えながら仕事を探す必要があります。

そのため地方から都内の企業へと転職を考えている場合、できるだけ仕事は辞めないほうが無難だといえるでしょう。

地方人材でも都内の企業へは転職可能!気になる人は挑戦してみよう!

今回紹介してきたように、地方に住んでいる人でも都内への就職・転職は問題なくすることができます。

今どこに住んでいるというのは、企業としてはそこまで重視していません。

その人がなぜ地方から都内へと場所を変えてまで働きたいのか、どういったスキルを有しておりどれだけ会社に貢献できるのかというのが重要な点になります。

そのため地方に住んでいるからといって、就職・転職活動の際に不利になることはないので安心してください。

企業が中途採用で人材を選考する際は、その求職者が業績の向上に貢献してくれるかどう

また、求職者側の問題として、地方在住の場合は接触できる情報の量や速さで不利になる面は否めません。

もっとも地方に住んでいるため、どうしても都内に住んでいる人に情報面で劣ってしまうことは否めないので注意が必要です。

都内に住んでいる人と比較しても優秀だと印象をあたえることができれば、地方在住の人も都内で自分の志望する職場を見つけることができるでしょう。

地方在住の人で都内の企業で働こうと考えているのであれば、今回紹介した内容を参考にして就職・転職活動を成功に導いて下さい。

0