憧れの都心生活のメリットとデメリット

これから都心で暮らしたいと考えているサラリーマンの人は多いでしょう。

しかしながら、都心で暮らすメリット・デメリットをしっかりと把握できていない人が大半のはずです。

そこで本記事では、都心で暮らすメリット・デメリットを徹底解説しました。それだけでなく、都心で暮らすべき人の特徴や、都心で暮らす際のポイントについてもまとめています。

これから都心で暮らしたいと考えている人は、是非最後までご覧下さい。

都心で暮らすメリット

city-life_1

まずは都心で暮らすメリットを7つに厳選して紹介していきます。

これから紹介する7つのメリットが良いと感じるのであれば、都心で暮らす価値があると言えるでしょう。

交通の利便性が高い

都心は交通の利便性が高く、バスや電車など10分も待っていれば到着します。

田舎の場合だと30分に1本しかバスや電車が到着しない地域もあるので、交通の利便性は圧倒的に都心の方が良いと言えるでしょう。

交通の利便性を重要視しているのであれば、都心で暮らすのは非常におすすめです。

近くにお店がたくさんある

都心は近くにお店がたくさんあるので、何か買い物をしたい時に、手軽にお店に行くことが可能です。

田舎はお店が近くにない場合も多く、コンビニへ行くのに車で数十分も掛かる地域が普通に存在します。

生活の利便性を重視するのであれば、都心で暮らすべきだと言えるでしょう。

h3:救急車がすぐに到着する

何か非常事態が起きた時に、救急車や警察を呼べば数分で駆け付けてくれるのが都心です。

田舎で救急車や警察を呼ぶと、30分程度の時間を要する地域も普通に存在します。

安心して生活を送りたいのであれば、色々と対応が早い都心に住む方が良いです。

不動産の資産性が高い

もし賃貸ではなく不動産を購入しようと考えている人は、都心に住むことで不動産の資産性を上げることができます。

都心は住む人が多く不動産に価値が付きやすいので、資産性は非常に高いです。

田舎だと、ある程度の家を建てなければ資産価値が高くなりません。不動産の資産性を上げたいのであれば、都心に家を建てることをおすすめします。

近所付き合いなどが必要ない

都心は基本的に近所付き合いなどが必要ないので、面倒な人間関係に悩まされる可能性は低いです。

田舎は近所付き合いが活発なので、人間関係が面倒だと感じる人には少ししんどいと言えるでしょう。

近所付き合いが面倒だと感じる人は、都心で暮らすことをおすすめします。

大企業が多い

都心は大企業が多く、転職や就職を検討して都心で暮らす人には非常に魅力的な企業をたくさん見つけることができます。

田舎だと中小企業が多く、技術レベルも低い可能性が高いので、市場価値を上げることができません。

大企業への就職を希望しているのであれば、確実に都心で暮らした方が成功確率は上がると言えるでしょう。

色んな業種の企業がある

都心には色んな業種の企業があるので、自分の働きたい仕事ができる企業を見つけることができます。

田舎にも色んな業種の企業がありますが、そもそもの企業数が少ないので、自分が働きたい仕事ができる職場を見つけるのが少し難しいです。

色んな仕事を経験したいと考えている人は、企業数が多い都心に住むことをおすすめします。

都心で暮らすデメリット

city-life_2

先ほどは都心で暮らすメリットを紹介しましたが、デメリットもあるので解説していきます。

メリットとデメリットを把握して、本当に都心で暮らす価値があるのか検討しましょう。

外がうるさい

都心は人通りが多いので、夜中でも外がうるさい場合があります。

外がうるさいと寝れないなど生活リズムに支障が出るでしょう。小さなお子さんがいる場合は、寝かし付けるのに苦労することも多いはずです。

静かな場所で暮らしたいと考えている人は、少し物件の立地を検討した方が良いと言えるでしょう。

物価が高い

都心は物価が高いので、都会で暮らすより生活費は多く支払わなければいけないことになります。特に賃貸費は、田舎と大きく異なるので注意が必要です。

例えば、田舎だと50000円で借りられる物件が、都会だと100000円する場合も珍しくありません。

都心で暮らす場合は田舎と同じ生活をするにしても、出費が大きくなることを覚えておきましょう。

満員電車に乗らないといけない

都心は人が多く、通勤ラッシュや帰宅ラッシュの時間は満員電車になることがあります。

満員電車は痴漢の恐れやストレスになるリスクが高く、嫌だと感じる人も多いでしょう。

田舎であれば人が少ないので、満員電車になることはほとんどありません。

今まで満員電車を経験したことがない人は、都心に出ると慣れるまで時間が掛かるはずなので注意して下さい。

もし満員電車が嫌だと感じるのであれば、電車に乗らないで職場に行ける立地で暮らすことをおすすめします。

都心で暮らすべき人の特徴

それでは、都心で暮らすべき人の特徴を4つ紹介していきます。

これから紹介する4つの特徴に当てはまる人は、都心で暮らすべきだと言えるでしょう。

収入が高い

収入が高い人は、都心で暮らしても十分に生活に余裕が生まれるのでおすすめです。

田舎に比べて物価は高いですが、生活の利便性が高いだけでなく、タワーマンションでの生活やタクシー移動など田舎ではできない経験をすることができます。

収入が高い人は、選択肢が多くある都会で暮らした方が良いと言えるでしょう。

生活の利便性を求めている

生活の利便性を求めている人は、確実に都会で暮らすことをおすすめします。

・電車やバスが10分程度あれば来る

・近くにコンビニやドラッグストアがある

・警察や救急車が早く到着する

上記のように、都心は基本的に生活に困らない環境が整っています。

就職・転職を希望している

就職・転職を希望している人は、都心で職場を探すのも選択肢の1つでしょう。

都心は幅広い業種・業態の事業の会社があるので、自分がやりたい仕事内容を経験できる企業と出会うことが可能です。

それだけでなく、田舎に比べて企業数が圧倒的に多いので、職場を見つけるのがそこまで難しくありません。また、企業数が多いということは選択肢があるということなので、自分に合わない企業に就職しなくても、次の職場を田舎に比べて簡単に見つけることができます。

企業の選択肢を広げるという意味でも、都心で就職・転職活動することは非常におすすめです。

都心で暮らさない方が良い人の特徴

city-life_3

先ほどは都心で暮らすべき人の特徴を紹介しましたが、都心で暮らさない方が良い人も一定数は存在するので解説していきます。

貯金をしたい

貯金をしたい人は、物価が安い田舎で暮らすのも選択肢の1つです。

都会は全体的に物価が高いので、田舎に比べて確実に出費が多くなります。

しかしながら田舎は物価が安い分、収入も低くなる傾向があるので、都心と収入面や生活費のバランスを検討してから決めることが大切です。

テレワークで仕事ができる

テレワークで仕事ができる場合は、わざわざ交通の利便性を求めて都心で暮らす必要はありません。

遊ぶことが多いのであれば交通機関を利用するので都心で暮らした方が良いですが、仕事以外は基本的に自宅で生活しているという人も多いでしょう。

テレワークで仕事ができる人は、どれくらい交通機関を利用するのか計算して、本当に都心で暮らす価値があるのか検討することが大切です。

自然が好き

自然が好きな人は、都心で生活することをおすすめしません。

都心は高いビルが並んでいて、ほとんど自然を感じることができないです。

生活の利便性より自然がある環境を求めている人は、都会で生活した方が良いと言えるでしょう。

都心で暮らす際のポイント

city-life_4

今までの記事を読んで、都心で暮らしたいと感じている人も多いはずです。

そこで、都心で暮らす際に意識しておくべきポイントについてまとめておきます。

少し都心から外れた場所で暮らす

少し都心から外れた場所で暮らすことで、家賃や物価を少しでも抑えることができます。

都心で暮らすと家賃や物価が高く、生活するのにお金が苦しくなる人も少なくありません。

まだ収入が安定していない場合は、少し都心から外れた場所で暮らすようにしましょう。都心から外れた場所でも、交通の便が整っているのであれば、数十分で都心に行くことが可能です。

人通りが多い立地を選ばない

人通りが多い立地を選んでしまうと、日中だけでなく夜中でも外がうるさくて悩んでしまう可能性があります。

できるだけ人通りが少ない場所を選んで、騒音に悩まされないように対策する方が良いでしょう。

注意点としては、女性だと人通りが少ない場所は少し危険だという点になります。もし女性で人通りが多い方が安心だと感じる方は、物件を決める前に夜の雰囲気だけ確認しておくようにして下さい。

人通りが多くても、夜が静かなのであれば問題ありません。もし人通りが多くて夜もうるさいのであれば、住む物件を変える方が良いでしょう。

マンションで生活するのであれば、できるだけ高い階で暮らすことで外の騒音を少しでも和らげることが可能です。

都心に行くメリットがあるのか確認する

そもそも、都心に行くメリットがあるのかしっかりと確認しましょう。

例えば、現在住んでいる場所の生活の利便性が高いのであれば、わざわざ物価が高い都心で生活する必要はないでしょう。テレワークで全く外出しない人が、都心に行く必要もありません。

都心は物価が高く収入によっては苦しい生活を強いられる可能性があるので、しっかりとメリットがあるのか確認することが大切です。

まとめ

本記事では、都心で暮らすメリット・デメリットや、都心で暮らすべき人の特徴などを徹底解説しました。

これから都心で暮らそうと考えている人は、この記事で書いているメリット・デメリットを把握して考えましょう。

物価が高く一定の収入を得ることができなければ、生活が苦しくなる可能性も十分に考えられます。

もちろん、生活の利便性は都心の方が絶対に良いので、現在の生活と比較して考えてみましょう。

0