新卒入社をした会社をすぐ辞めてしまうとその後の転職にどう響く?

「新卒で入社した会社が思ったものと違った」
「入社してからすぐに辞めてしまっても大丈夫なのだろうか」

最近は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、1度も会社に訪れることなく入社日を迎えるという新卒の人も多くなっています。

そのためオンライン面接やカジュアル面談などで感じていた印象と、実際の入社後の印象が全く違ったと感じている人も多いようです。

自分が思い描いていた会社と全く異なる印象を受けると、すぐに転職をしようか思い悩む人も多いですが、そこで問題になるのが「新卒入社後すぐに会社を辞めてしまっても良いのか」ということなのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、新卒入社した会社を辞めてしまった場合、転職に響いてしまうのかまた転職を成功させるために必要なポイントや準備すべきことについて詳しく解説していきます。


関連記事】

新卒で入社した会社をすぐに辞めても良いのか?

new-graduate-retirement_1

新卒入社した会社は大体3年程度勤めないと、社会人として一人前とは言えない。

こういった言葉を耳にした人もいるかもしれません。しかし本当に新卒で入社した会社をすぐに辞めてしまってはいけないのでしょうか。

現代の日本での実情を詳しく解説していきます。

退職しても問題ない

結論から言うと、新卒入社した会社をすぐに辞めてしまっても全く問題はありません。

厚生労働省が発表したデータによると、新卒1〜3年目までで会社を辞めてしまった人の割合は約4割近くとなっています。

つまり約2人に1人が、新卒入社した会社をすぐに辞めてしまっている計算となっており、早期退職をしたとしても全く問題はないと言えるでしょう。

根拠もなく「すぐに会社を辞める人間は役に立たない」という人もいますが、現代社会では様々な仕事の種類があるので合わないと感じたらすぐに辞めてしまった方が自分に適した仕事を見つけられるかもしれません。

新卒ですぐに辞めた人向けの求人もあり

実は最近では新卒ですぐに会社を辞めた人向けに「第二新卒」というカテゴリで、求人をしている会社もあります。

特にこの第二新卒の人たちは、ある程度社会人として必要とされるマナーや最低限の知識を有しているということがほとんどです。

そのため新卒ですぐに会社を辞めてしまったとしても、求人がないということは考えられないので安心してください。

新卒で入社した会社をすぐ辞めてしまう人の主な理由

new-graduate-retirement_2

新卒で入社した会社をすぐに辞めてしまおうか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

同じような考えを持っている人は日本に数多く存在しており、辞めようと考えた理由もある程度共通しています。

そこで以下では、新卒で入社した会社をすぐ辞めてしまう人の主な理由について紹介。

辞めようと考えている人は自分だけではないので、安心してください。

思っていた仕事内容と違った

新卒で入社した会社をすぐ辞めてしまおうと考えている人の理由の多くが、思っていた仕事内容と違ったという点が挙げられます。

特に新型コロナウイルス感染拡大後の世界では、なかなか入社前に実際の仕事を体験することができる機会というのは得られません。

そのため思っていた仕事内容と違っており、今後の事を考えると仕事を続けるべきか思い悩んでいる人も多いです。

入社前と会社と業界の状況が異なっていた

新型コロナウイルス感染拡大後はともかく、現代ではビジネスが凄まじいスピードで進化しています。

そのため入社する前と入社後では、会社と業界の状況が大きく異なっているということも珍しくありません。

入社する前には景気が良かった会社や業界であったとしても、いざ入社したら苦境に立たされているということも多く、将来性を見出すことができないため辞めようと考える新卒の人も多いです。

人間関係が合わなかった

新卒に限らず会社を辞めようと考える人の中で、かなりの確率で共通しているのが「人間関係が合わない」という理由なのではないでしょうか。

毎日顔を合わせることになる上司や同僚といまいち息が合わないというのは、長く働いていく上で大きなストレスの元となります。

もっとも上司や同僚、もしくは自分自身が転勤などで配置転換する可能性もあるので、人間関係を理由として辞めようか悩んでいる人が、将来的に転勤などがないか確認しておいた方が良いでしょう。

逆に小規模な会社などで、配置転換や転勤などの可能性が全くない場合、将来的に人間関係の悩み解決される可能性は低いので、早めに辞めてしまった方が良い場合もあります。

労働条件が合わなかった

労働条件が合わないというのも、仕事を辞める人の悩みとして上位にあがってきます。

例えば、休日が少なかったり平日にしか休みが取れなかったりする場合、自分のプライベートと仕事うまく両立することができないので、ストレスを感じてしまうという人も少なくありません。

仕事は生きていく上で必要不可欠なものではありますが、自分のプライベート全て犠牲にしてまで続ける必要はないでしょう。

もっとも労働条件に関しては、ある程度会社と調整できる可能性もあるので、悩んでいる人は一度相談することをおすすめします。

新卒で入社した会社をすぐに辞めて転職する前にすべきこと

new-graduate-retirement_3

新卒で入社した会社をすぐに辞めて転職する場合、まず辞める前にいくつかすべきことがあります。

これを転職活動の前にやっておくかどうかで、転職をうまくできるかどうかも大きく変わってくる場合も。

なぜ辞めるのかを明確にする

まずはなぜ辞めるのかということを、退職する前に必ず明確にしておきましょう。

なんとなく新卒で入社した会社をすぐに辞めてしまうと、理由が明確になっていないので転職したとしてもまたなんとなく辞めてしまいかねません。

自分がなぜその会社を辞めようと考えたのか、それを明確にしてから転職活動すると、自分に適した会社を見つけることのできる可能性が高まります。 

すぐに辞めるのではなく転職活動を並行して行う

新卒で入社した会社をすぐに辞めること自体は特に問題ありませんが、勢いのまますぐに辞めてしまうことはあまりおすすめできません。

なぜなら転職活動にはかなり時間がかかることが予想されるので、すぐに辞めてしまうと生活が難しい状況に陥ってしまう可能性が高いです。

ある程度仕事と並行しながら転職活動を行い、タイミングを見極めて辞めると生活面でもさほど苦労はしません。

もっとも肉体面や精神面で非常に追い込まれてしまっており、今すぐにでも会社を辞めないと自分の健康や命に関わるという場合は別です。

こういった場合の人は除いて、まずは転職活動を行い会社が決まってから辞めることをおすすめします。

辞めた後就職まで生活できるように準備する

上記のポイントでも少し紹介しましたが、すぐに仕事を辞めてしまうと次の就職先を見つけるまでかなり生活面で苦労してしまいます。

そのためタイミングを見計らって退職するのがおすすめです。

事前に退職する日にちを決めて、無職期間生活することができるくらいの蓄えをしておくと安心して転職活動に専念することができます。

もちろん仕事をしながら転職活動して、経済的に負担になる期間をなくすのが理想です。

自分の現在の状況や転職活動にかかりそうな期間を見越して、しっかり準備をしておきましょう。

新卒で入社した会社をすぐに辞めて転職を成功させるためには?

new-graduate-retirement_4

新卒で入社した会社をすぐに辞めて転職を成功させるためには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

このポイントを抑えて転職活動をすれば、より自分に適した仕事を見つけることができる可能性が高まるでしょう。

転職活動に力を入れる

最低限の前提として、転職活動に力を入れるということは当たり前のことですが重要です。

既に新卒で入社した会社を辞めようと決意しているのであれば、その会社の仕事に割くエネルギーは最低限度のものにして転職活動に力を入れましょう。

どちらにも力を入れてしまうと、オーバーワークになりパンクしてしまう可能性があります。

すでに辞める会社に対して全力で働いてエネルギーを使い尽くす必要はありません。

あくまでも迷惑をかけないように、現在の会社での仕事はほどほどにして、将来に向けた転職活動に注力しましょう。

転職・志望理由を明確にする

なぜ転職するのか、またその企業を志望する理由は何なのかを明確にしましょう。

これを曖昧なまま転職活動を進めてしまうと、結局転職先でもまた仕事を辞めたいと考えてしまう場合もあります。

事前に転職理由やその企業を志望する理由を明確にしておくと、なぜ以前の会社を辞めようと思ったのかを自分の中で言語化することができるので、より今に適した会社を見つけることができる可能性が高まること 間違いありません。

退職理由を明確に説明できるように準備する

これも上記のポイントと共通してきますが、退職理由を明確に説明できるように必ず準備しておきましょう。

退職理由というのは必ず転職活動において面接官に聞かれることになります。

ここで明確に答えることができないと、なんとなく前の会社を辞めてしまったんだなと思われてしまい、転職活動も失敗してしまいかねません。

また退職理由を明確にするということが、自分がなぜやめたのかということをしっかり理解することができるので、転職活動にも大いに役に立ちます。

今すぐに会社を辞めてしまうのではなく、まずは退職する理由を自分で明確に説明できるようにしましょう。

まとめ

今回は新卒入社した会社をすぐ辞めてしまうとその後の転職に響いてしまうのか、また転職活動を成功させるためにはどうすれば良いのかなどについて詳しく解説してきました。

ここまで詳しく解説してきたように、新卒入社した会社をすぐ辞めてしまっても全く問題はありません。

もっとも何も考えずすぐに辞めてしまっては、転職活動もうまくいかない可能性が高いので、まずはなぜ辞めるのか辞める理由は何なのかを明確にしましょう。

またある程度現在の会社で働きながら転職活動を進めると、経済的な面で不便をすることもありません。

できるだけ無駄な苦労をしないように、新卒入社した会社をすぐに辞めようと考えている人は、しっかりと準備をしてから行動に移しましょう。 


【就職や転職でお悩みの方はお仕事ハウスへ】

oshigotohouse
0