できる営業マンに共通するスキル11選

これから営業マンとして活躍したいと考えている人や、既に営業マンとして頑張っているけど結果が出ていないで悩んでいる人は多いでしょう。

しかしながら、どのようなスキルや特徴を持っていれば、できる営業マンになれるのか分からない人も多いはずです。

そこで本記事では、できる営業マンのスキルを11つ紹介しました。
それだけでなく、できる営業マンになる為に意識するべきことや、自信の持ち方についてもまとめています。

営業マンとして活躍したいと考えている人は、是非最後までご覧ください。

できる営業マンのスキルや特徴11選

salesman_1

それでは、できる営業マンのを11つに厳選して紹介していきます。

多くのできる営業マンが実践していることなので、是非参考にして下さい。レスのスピードが速い

レスのスピードが速い営業マンは、お客様から安心感があると判断されるだけでなく、同僚とも円滑に仕事を進められるので、仕事で結果が出やすいです。

これから営業マンになるのであれば、レスのスピードを意識することをおすすめします。

身だしなみに気を遣っている

シャツがシワシワだったりサイズが合っていない営業マンに、優秀な人は基本的に居ません。

営業マンは相手のことを考えて提案するのが仕事なので、身だしなみに気を遣えていない時点で相手目線で物事を考える力が足りず結果が出ない可能性が高いです。

できる営業マンは爪などにも力を入れて手入れしているほどなので、しっかりと身だしなみは気を遣えるようにしましょう。

責任を持って仕事ができる

営業は個人で仕事することも多く、最後まで責任を持てる人でなければ務まりません。

お客様に対して責任感の無い仕事をしている営業マンが売れることは、絶対に無いでしょう。

これから営業マンになるのであれば、責任を持って仕事をするように心掛けましょう。

接待などにも積極的に参加する

営業マンは接待などに呼ばれる機会も多くありますが、積極的に参加することをおすすめします。

  1. 呼んだら接待に来てくれる営業マン
  2. 仕事以外では関わらない営業マン

上記であれば、基本的に1の営業マンの方が取引先も気に入ってくれるでしょう。

業務外でも取引先と関わるほど仕事に打ち込むことで、できる営業マンとして成長していくことが可能です。

成長するために努力ができる

営業マンは商品・サービスを売り込む為に、様々な知識や能力を身に付けなければいけません。

例えば心理学を学べば、相手が商品・サービスに対してどのような印象を抱いているのか表情から判断して、次の会話の内容を決めることができます。

成長するために勉強などの努力ができる人材は、営業マンとして飛躍していくことができるでしょう。

h3:物事をポジティブに考えられる

基本的に営業は面倒だと感じられることも多く、罵声や厳しいクレームを言われることも珍しくありません。

そこでメンタルが病んでしまって自信が無くなり、営業マンとして活躍できない場合もあります。

物事をポジティブに考えられる人であれば、罵声や厳しいクレームを言われても自信を持って活躍することができるでしょう。

相手目線で物事を考えられる

営業マンが商品・サービスを売る際は、相手が抱えている悩み・課題を解決できると判断させなければいけません。

そのため、相手目線で何に対して悩み・課題があるのかを考えられる能力を持っていることが大切になります。

相手目線で物事を考えることができなければ、営業しても絶対に商品・サービスは売れません。できるだけ細かい部分まで相手のことを把握して、提案できるようにしましょう。

スケジュールの管理が徹底されている

営業マンはアポや資料作成の納期など、スケージュールに追われることが多いため、スケジュール管理が徹底されていることが非常に重要になります。

スケジュール管理にミスが起きて取引先との商談が無くなれば、信頼を失って契約を取るのは難しくなるでしょう。

しっかりとスケジュールを管理して、仕事が漏れることを失くすのが大切になります。

自分に自信を持っている

自分に自信を持っている営業マンは、安心感があるので取引先も信頼してくれます。

逆に自分に自信を持っていないような営業マンの話を聞いていても、魅力的に感じることはありません。

しっかりと自分に自信を持てるように努力することで、余裕が生まれできる営業マンに成長することができます。

ゆっくり分かりやすく話せる

よくある営業マンの失敗事例ですが、緊張して早口で話してしまうことは非常に多いです。

しかしながら、早口で話しても取引先は理解できていないので、商品・サービスは売れません。

ゆっくりと分かりやすく話せるように練習することで、商品・サービスの魅力を相手に伝えることが可能になります。

自分の商品を理解している

そもそも自分が売っている商品を理解できていない営業マンも普通に存在します。

例えばWEBマーケティングに役立つシステムを売っているにも拘らず、WEBマーケティングの知識が浅い営業マンは多いです。

しっかりと自分の売っている商品を理解して売ることで、取引先の質問や不安を解決できるようになります。

まずは自分の商品のことを細かい部分まで理解できるように努力しましょう。

できる営業マンになる為に意識すること

salesman_2

今までの記事を読んで、できる営業マンの特徴を知って頂くことはできたでしょう。

それでは、できる営業マンになる為に意識しておくべきポイントについて解説していきます。

上司を真似する

営業マンの多くは最初の内は上司と一緒に商談へ行くことになるので、結果が出ている上司の真似をすることは非常に大切です。

上司と一緒に商談へ行く機会があれば、話し方や営業のアプローチの方法などを見ておきましょう。

また、一緒に商談へ行く機会が少ない場合は、上司に積極的に質問することをおすすめします。

心理学を学ぶ

営業をする上で取引先の考えていることなどを聞き出す能力などは非常に大切になります。

心理学を学ぶことによって、どのように相手にアプローチした方が良いのかなどを瞬時に判断することが可能です。

営業は心理戦でもあるので、できる営業マンは心理学を学んでいる人が沢山います。

準備は入念に行う

どれだけ頭の中でイメージしていても、実際の商談で緊張して思うように営業することができなかったと後悔してしまう営業マンは非常に多いです。

そのため、資料通りや会話するべき内容、想定される質問と回答など入念に準備しておくことをおすすめします。

仕事を第一優先にする

できる営業マンは業務時間外も、勉強や会食などに時間を費やしていることが多いです。

プラベートを優先したいのであれば、営業マンの仕事は少し向いていないと言えるでしょう。

仕事を第一優先にできる人であれば、自分が成長するだけでなく取引先からも気に入られるので、できる営業マンになることができます。

ピンチをチャンスに変える

営業マンは、多くのピンチを迎えることになります。

例えば、コストカットできると売り込んだ商品・サービスで結果が出ないで、取引先が激怒するなどは珍しくありません。売上アップが見込めると売り込んだ商品・サービスで、全く売れないケースもあるでしょう。

しかしながら、できる営業マンはクレームなどのピンチをチャンスに変えることができます。

例えばクレームが来た時に誠意を持った対応をして、さらなる信頼を勝ち取り新しい商品・サービスを売り込むことも可能です。

ピンチのままで終わらせるのではなく、チャンスに変えることができる行動を起こせるのが一流の営業マンになる為に意識しなければいけないポイントになります。

できる営業マンのように自信を持つ方法

今まではできる営業マンになる為の特徴や意識するべきポイントを紹介しました。

最後に、できる営業マンになるために最も重要な自信を持つ方法について紹介しておきます。

良い物を買う

ハイブランドなど良い物を身に付けておくことで、自分に自信が生まれて営業に良い影響が出る人は少なくありません。

例えば、できる営業マンは靴や鞄、時計やスーツなどにお金を使っている人も多いです。ロレックスの100万円前後の時計をしている営業マンは珍しくありません。

高くて良い物は無駄だという意見もありますが、それを購入して自信が付いて仕事に良い影響が出るのであれば、投資する価値は十分にあると言えるでしょう。

実績を付ける

自分に実績を付けることで、自信が生まれて今まで以上に良い提案ができるようになります。

少し小さな実績でも良いので、新人の中でランキングに入ったなど、何かしら自分が自信を持てる実績を作るように努力しましょう。

何の実績も持っていない状態だと、自分に自信が生まれないだけでなく、取引先も信頼することができません。

シミュレーションをする

入念にシミュレーションを繰り返しておくことで、実際の商談で緊張を少しでも和らげることができます。

シミュレーションを入念にしていなかったことで、商談でミスを繰り返し後悔する営業マンは少なくありません。

事前に上司や同期と商談のシミュレーションをして、問題点の洗い出しと改善を繰り返すようにしましょう。特に上司とシミュレーションをすれば、様々なアドバイスを受けることができるので非常におすすめです。

まとめ

salesman_3

本記事では、できる営業マンの特徴や意識するべきことや、自信の持ち方について徹底解説しました。

できる営業マンは、常に仕事のために時間を費やしている人が多いです。

  • 身だしなみを整える
  • 成長のために勉強する
  • 会食などに積極的に参加する
  • 休みの日でもレスが速い

他にもスケジュール管理の徹底や相手目線で物事を考えて話すなど、様々な能力・スキルが営業マンには求められます。

これから営業マンとして活躍していきたいと考えている人は、とりあえず身だしなみやレスのスピードなど、意識できることから実践していくようにしましょう。

0