市場価値が高い人の特徴や必要なスキル

これから自分の市場価値を上げて、ビジネスマンとして活躍していきたいと考えている人は多いでしょう。

しかしながら、どのような特徴やスキルを身に付けていれば市場価値が上がるのか疑問を持っている人も多いはずです。

そこで本記事では、市場価値が高い人の特徴や必要なスキルなどを徹底解説しました。それだけでなく、市場価値を上げるメリットやポイント、具体的に市場価値を上げる方法についてもまとめています。

これから自分の市場価値を上げていきたいと考えている人は、是非最後までご覧ください。

市場価値を上げるメリット

market-value_1

そもそも、市場価値を上げるメリットを把握できていない人は多いでしょう。

そこで、市場価値を上げることで得られるメリットを3つに分けて紹介していきます。

簡単に転職ができる

市場価値が高い人は、現在の職場に満足できない際に、簡単に転職することができます。

転職することによって得られる主なメリットは、下記をご覧下さい。

  • 収入が上がる
  • 自分の好きな仕事ができる
  • いきなり役職を貰える
  • 自分が希望する働き方が叶う

現在の職場で満足しているのであれば問題ありませんが、何か起きた時に転職できる人材になっておいた方が良いでしょう。

市場価値を上げておくことで、何が起きても簡単に転職することが可能です。

会社で活躍できるようになる

市場価値のあるスキル・能力を持っていると、会社で活躍できる人材になることができます。

基本的に市場価値のあるスキル・能力は多くの企業で必要になるので、現在の会社でも活躍できるようになるでしょう。

会社で活躍できるようになれば、昇進や大きなプロジェクトを任されるなどのメリットを受けることが可能です。

独立できる

市場価値があるのであれば、会社で働くのではなく独立も視野に入れることができます。

フリーランスや起業などできるレベルになれば、収入も青天井に増やしていくことが可能です。

これから独立など働き方の選択肢を増やしたいと考えている人は、市場価値を上げておくことをおすすめします。

市場価値が高い人の特徴

market-value_2

それでは、市場価値が高い人の特徴を6つに分けて紹介していきます。

これから紹介する6つの特徴を持っている人は市場価値が高いと判断されるので、是非チェックして学んでおきましょう。

専門的な能力を持っている

専門的な能力を持っている人は、特定の業界で重宝される人材になることが可能です。

例えばプログラミングの技術を持っている人は、IT系の企業への就職に困ることはありません。

誰もが持っている訳ではない能力を持っている人は、市場価値が高くなる傾向があります。

代替性の低い能力がある

代替性の低い能力を持っている人材は、どの企業でも活躍することができる為、市場価値が高いです。

例えば、先ほど紹介したプログラミングの技術は誰もが持っている訳ではないので、代替性が低く市場価値が高いです。

他にも医者や弁護士など代替するのが難しいスキル・知識を持っている人は、仕事に困ることは無いと言えるでしょう。

利益を作ることができる

どの企業も最終的なゴールは利益を作ることなので、利益を作ることができる人材は確実に市場価値が高くなります。

  • 固定費を下げることができる
  • 売上を上げることができる

会社の利益を作るためには、上記の2つのどちらかのスキルを持っている必要があります。

例えば会社の固定費を下げる場合は、どの部分で無駄な出費があるのか、どの部分の作業効率を改善できれば出費が抑えられるのかなどを判断する能力が必要です。

売上を上げるには、マーケティングや営業能力を持っている人が有利になります。

どのような業種・業態の企業でも活躍したいと考えているのであれば、利益を作れる人材になれるよう努力しましょう。

実績・経験がある

何かしらの大きな実績・経験がある人は、その知見を活かして仕事ができるので市場価値が上がる傾向があります。

どの業態でも活躍できる汎用性のある能力を持っている

どの業界でも活躍できる汎用性のある能力を持っている人は、どこでも活躍できるので市場価値が高いです。

例えばマネジメントスキルを持っていれば、どこの企業も人材育成やチームマネジメントの課題を抱えているので、活躍することができます。

もしプログラミングの技術だけしか持っていないと、活躍できるのはIT業界に限定されるでしょう。

様々な業界で活躍できる人材になりたいのであれば、汎用性のある能力を持つことが大切になります。

需要に対して供給が合っていない業態のスキルを持っている

需要に対して供給が合っていない業態のスキルを持っていると、ライバルが少ないので市場価値が必然的に高くなります。

2030年にはIT人材が70万人も不足していると言われているので、プログラミングなどITのスキルを持っている人材は必然的に市場価値が上がると言えるでしょう。

将来的に市場価値の高い人材になりたいと考えているなら、需要に対して供給が間に合っていない業界に必要なスキル・能力を身に付けることをおすすめします。

市場価値を上げる為に必要なスキル

market-value_3

それでは、市場価値を上げる為に必要になるスキルを5つ紹介していきます。

これから紹介する5つのスキルを全て持つのは難しいですが、どれも大切なスキルなので学ぶようにしましょう。

プログラミング

IT人材は需要に対して供給が間に合っていないので、プログラミングができると市場価値は一気に高くなります。

基本的にIT企業への入社に困ることはなく、一般企業に常駐でシステムを開発するなどの働き方もできるでしょう。

プログラミングは、現在だけでなく将来的にも必要になる大切なスキル・能力になります。

マーケティング

日本には多くの素晴らしいサービス・商品がありますが、大半が認知もされずに撤退していきます。

サービス・商品を売るためのマーケティングが苦手な企業は多いので、マーケティングができる人材は確実に重宝されるでしょう。

これから利益を作れる人材になって市場価値を上げたいと考えている人は、マーケティングを学ぶことをおすすめします。

マネジメント

個人単位の能力が優れているにも拘らず、チームとして活躍できていない企業はたくさんあります。

また、人材育成に苦しんでいて、なかなか新しい人材が成長できていないと悩んでいる企業も多いはずです。

マネジメントスキルを持っていることで、チームとして活躍できるだけでなく、新しい人材を育てることができます。

どの企業にもマネジメントができる人材は必要なので、マネジメントスキルを持っていると様々な業界で重宝されるでしょう。

問題解決能力

全ての企業は何かしらの問題を抱えていますが、それを解決できていないケースは非常に多いです。そもそも、自社でどのような問題を抱えているのか把握できていない企業もあります。

問題解決能力があれば、現状の企業の問題を洗い出すだけでなく解決までできるので、重要な人材になることが可能です。

もちろん企業の問題だけでなく、案件やタスクの問題点も解決できるのであれば、確実に全ての企業で重宝されるでしょう。

自分で問題を考えて解決する「問題解決能力」は、目に見えないスキルですが絶対に持っておくべきだと言えます。

仮設思考

抱えている問題や課題に対して、どのような形であれば解決できるのか仮説を立てなければいけません。

仮設思考を持っていることで、問題や課題に対して何をすれば最も良いのか判断することができます。

特に上司になれば自分で意思決定しなければいけない場面も多く出てくるので、仮説を立てられる思考を持っておくことは非常に大切です。

市場価値を上げる際のポイント

market-value_4

今までの記事を読んで、市場価値を上げたいと考えている人も多いでしょう。

しかしながら、どのようにすれば市場価値が上がるのか疑問を持っている人も多いはずです。

そこで最後に、市場価値を上げる際のポイントを3つ紹介しておきます。

本や資格の学習をする

本や資格で知識をインプットして、会社で得た知識を使ってアウトプットしましょう。

自分で考えて行動するのも選択肢の1つですが、学習することで自分では考えられなかった知見を得ることが可能です。

少し面倒ですが、本や資格を使って学習した方が、効率良く成長できると言えるでしょう。

複数のスキルを掛け合わせる

複数のスキルを掛け合わせることで、市場価値を上げやすくできます。

例えば、プログラミングができるだけの人材だと、開発や制作しか仕事ができません。しかしながら、プログラミングとマーケティングができると、開発や制作だけでなく認知拡大や販売などを行うことができます。

1つに特化するのも良いですが、ライバルが多くなるので、複数のスキルを掛け合わせて勝負するのも選択肢の1つです。

積極的に発言や学ぶ姿勢を持つ

自分から積極的に発言したり学ぶ姿勢を持たなければ、成長することはありません。

積極的な発言や学ぶ姿勢を持って仕事をすることで、上司からの印象が良くなり様々なアドバイスやサポートを受けることができます。

  1. 自発的な行動がなく、言われたことを実践しているだけ
  2. 自分から積極的に発言や行動をしている

自分が上司の立場であれば、②の人材にアドバイスやサポートをしたいと考えるはずです。

これから成長していきたいのであれば、積極的に発言や学ぶ姿勢を持つは非常に大切だと言えるでしょう。

自分の市場価値を測る方法

そもそも、自分の市場価値はどのように測れば良いのか疑問を持っている人も多いでしょう。市場価値は数字で判断できないので、測るのが少し難しいです。

もし自分の市場価値を測りたいのであれば、転職エージェントを利用してみましょう。

転職エージェントを利用することで、今までの自分の経験や実績、持っているスキル・能力などがどれくらいなのか判断することができます。

まとめ

本記事では、市場価値が高い人の特徴や必要なスキル、市場価値を上げるメリットやポイント、具体的に市場価値を上げる方法について解説しました。

これからビジネスマンとして活躍していくには、市場価値のあるスキル・能力を持っていることは非常に重要になります。

人生の選択肢を増やすことができるので、市場価値が上がるように行動するようにしましょう。

0