ワーキングマザーが抱える悩みと解決法

現在、働きながら子供を育てているワーキングマザーで、悩みを抱えている人は多いでしょう。

しかしながら、どのようにワーキングマザーが悩みを解決できるのか疑問を抱いている人は少ないはずです。

そこで本記事では、ワーキングマザーが抱える悩みや解決策を徹底解説しました。それだけでなく、ワーキングマザーが悩まないで働くための方法についてもまとめています。

ワーキングマザーで悩んでいる人は、是非最後までご覧ください。

ワーキングマザーが抱える悩み

working-mother-worries_1

それでは、ワーキングマザーがどのような悩みを解決しているのか解説していきます。

これから紹介する悩みを把握して、どのようにすれば解決できるのか判断しましょう。

子供の急病時に休みが取れない

小さい子供を育てているワーキングマザーは、急病になってしまうことも多く、急に一緒に居なければいけない状態になるケースも多いでしょう。

しかしながら、急に休みの連絡を職場に入れることに対して、申し訳ない気持ちなどが生まれてしまう人も多いはずです。

もし子供が急病になってしまったら、どのように対処するのか事前に決めておくことをおすすめします。

家事が疎かになっている

仕事を始めるまでは家事だけに集中することができましたが、ワーキングマザーになると仕事と家事の両立をしなければいけない状態になります。

しかしながら、仕事の負担が大きくなって家事が疎かになってしまっているワーキングマザーは多いはずです。

家事が疎かになると子供にも悪影響を及ぼす可能性があるので、どのようにして仕事と両立させるのか検討するようにしましょう。

旦那が家事を手伝ってくれない

旦那が家事を手伝ってくれないと悩んでいるワーキングマザーは多いでしょう。

仕事を始めるまでは妻が家事を全て担っているケースも多く、仕事を始めたからという理由で急に旦那が家事を手伝ってくれるケースは少ないです。

もし仕事を始めたのであれば、旦那に自分から家事分担を要求するようにしましょう。自分が家事に悩んでいると伝えることで、旦那も家事を負担してくれるようになります。

子供との会話が減ってしまう

ワーキングマザーになることで、子供との会話が減ってしまうと悩んでいる女性も非常に多いです。

子供との会話が減ってくると、学校や習い事で何があったのか把握することができなくなります。

例えば子供が学校でいじめられている場合、親が相談相手にならなければ子供が全て1人で抱え込んでしまう可能性もあるでしょう。

どれだけ仕事が忙しくても、子供のことを把握できる程度には会話することが大切になります。

子供の行事に参加できない

仕事の休みを取るのが難しく、子供の行事に参加できないと悩んでいるワーキングマザーも多いでしょう。

しかしながら、子供の行事は人生で何度も訪れることはありません。

行事に参加したいと考えているのであれば、しっかりと休みを取れる職場に就職することをおすすめします。

子供の行事に参加することで、どのような子供たちと遊んでいるのか、学校で仲良く友達とコミュニケーションが取れているのかなども把握することが可能です。

体力的・精神的に疲弊する

仕事は体力的・精神的に疲弊することが多いですが、育児も同様に体力的・精神的に疲弊してしまいます。

実際に、育児と仕事の両立が上手くできずに、精神病(鬱病など)を患ってしまう女性は少なくありません。また、マタニティーブルーのタイミングで仕事に戻って、体力的・精神的に疲弊する女性も多いです。

もし仕事で体力的・精神的に辛いと感じるのであれば、育児に専念するのも選択肢の1つと言えるでしょう。

自分の時間を確保できない

ワーキングマザーになると、仕事だけでなく家事・育児にも時間を奪われるので、自分の時間を確保するのが難しくなります。

自分の時間を確保できなければ、なかなかリフレッシュすることができず、ストレスを溜めてしまうことになるでしょう。

自分の時間を確保できないと悩んでいるなら、旦那に相談して家事・育児を任せる日を作るのも選択肢の1つです。

仕事が上手く進まない

産休・育休で長くブランクが空いていると、以前に比べて上手く仕事が進められず悩むこともあるはずです。

しかしながら、ブランクがある状態で以前と同じように仕事をするのは非常に難しいので、気にしない方が良いでしょう。

職場の同僚も、復帰して間もない人に以前と同じレベルで仕事することを求めていません。

仕事に慣れるまで時間は掛かりますが、焦らないで地道に努力することが、悩まないで働く上で大切になります。

ワーキングマザーが抱える悩みの解決法

それでは、ワーキングマザーが抱える悩みの解決方法を具体的に紹介していきます。

悩みを抱えているワーキングマザーは、是非最後までご覧ください。

働きすぎない

産休・育休から復帰して、いきなり以前と同じように働こうとする女性も多いですが、働きすぎると体力的・精神的に疲弊するのでおすすめしません。

まずはパートやアルバイトの立ち位置で、少しづつ勤務時間を伸ばすことをおすすめします。

もちろん金銭的な問題もあって少しでも早く働かなければいけない状態の人もいると思いますが、体や心を壊すと余計に働くまでの期間が長くなるので、無理はしない方が良いでしょう。

復帰当初は働きすぎないで、徐々に勤務時間を伸ばすことをおすすめします。

友達に相談する

1人で悩んでいるとしんどいだけなので、友達に相談することで少しでも精神的に楽になることができます。

特に子供を抱えながら仕事をしているワーキングマザーの友達は、同じ悩みを抱えているはずなので、貴重な意見やアドバイスを貰うことができるでしょう。

ワーキングマザーは自分の時間を作るのが難しいですが、旦那に相談して友達と会う時間を作るのも、悩みを解決する方法の1つになります。

家族を頼る

自分1人で仕事をしながら家事・育児をするのは限界があるでしょう。少なくとも、自分の時間を作るのは絶対に難しいはずです。

そこで、家族を頼ることをおすすめします。実際に、家族に子供を預けて自分の時間を作っている女性も多いです。

家族も娘の子供を可愛がりたいので、お互いにメリットしかありません。

家事・育児・仕事を全て1人で行うのは難しいので、旦那だけでなく家族なども頼りながら、上手く息抜きすることが悩みを解決するために大切になります。

旦那に相談する

もし家事・育児で悩んでいるのであれば、旦那に相談してみましょう。

例えば家事の負担が大きいと感じているなら、旦那が負担する部分も作るべきです。子供と旦那の関わる時間を増やしたいのであれば、旦那の育児の時間を増やすのも選択肢の1つでしょう。

注意点としては、旦那に相談するタイミングは休みの日にすることをおすすめします。仕事帰りの疲れているタイミングで言ってしまうと、不機嫌になる可能性があるので注意して下さい。

子供を優先する

仕事と子供のどちらを優先すれば良いのか悩んでいる女性も多いですが、迷わず子供を優先することをおすすめします。

子供が大人になれば仕事を優先する時間は、いくらでも作ることが可能です。しかしながら、子供が大人になった際に、子供の時間を取り戻すことはできません。

仕事と子供の優先度で迷っているのであれば、絶対に子供を優先した方が良いと言えるでしょう。

ワーキングマザーが悩まないで働く為の方法

working-mother-worries_2

最後に、ワーキングマザーが悩まないで働く為の方法についてまとめておきます。

理解のある職場を選ぶ

子供を育てていることに対して理解のある職場を選ぶことで、ワーキングマザーでも一気に働きやすくなるはずです。

現在の日本の企業は昔に比べると育児などに理解を示していますが、未だに産休・育休を取ることが難しい職場も普通にあります。

理解のある会社でなければ、仕事と家事・育児を両立するのは非常に難しいです。

例えば、子供が急に高熱を出して会社を休まなければいけない状況にも拘らず、連絡を入れると良い返事が返ってこない企業は、これから働き続けても辛い思いをするだけでしょう。

もし現在の職場が育児などに理解を示していないのであれば、転職を視野に入れることをおすすめします。

子供に習い事をさせる

子供を自宅で1人にさせるのが不安な場合は、習い事をおすすめします。

習い事をすることで、子供はコミュニケーション能力や特技を身に付けることが可能です。

両親も子供が習い事をしている時間に、仕事や家事を進めることができます。

習い事には月謝が掛かりますが、自分の時間を作れる点と、子供に新しい学びを得られるという点を考慮すると、何かしらの習い事をさせるのは非常におすすめです。

人に頼る

悩みを全て自分で解決するのは絶対に無理なので、人に頼ることも大切になってきます。

特にワーキングマザーは、仕事だけでなく家事・育児とやるべきことが非常に多いです。全て自分で担っていると、確実に体力的・精神的に疲弊してしまいます。

自分の体と心を平常に保つ為にも、人に頼って少しでも負担を減らすことが大切です。

旦那や家族、友達を上手く頼って自分の負担を少しでも減らせるようにしましょう。

職場で悩みがある場合は、会社に相談することをおすすめします。特に勤務時間などの悩みは、少しでも早く伝えた方が良いでしょう。

まとめ

working-mother-worries_3

本記事では、ワーキングマザーが抱える悩みと解決法、悩まないで働く為の方法について徹底解説しました。

ワーキングマザーは仕事だけでなく、家事・育児とやるべきことが非常に多いです。そのため、肉体的・精神的に疲弊してしまうケースは珍しくありません。

仕事だけでなく家事・育児も両立させるワーキングマザーになるには、勤務時間を減らしたり、誰か人に頼ることをする必要があります。また、旦那の理解と協力も必要になるでしょう。

全ての作業を1人で担うのは非常に難しいので、何かしらの工夫をすることが大切になります。

0