【今すぐ始めよう!】毎月の引き落としや日々の支払いで得する方法とは?絶対やるべきお得なチョイス!

仕事で事業展開している人であれば、毎月何らかのランニングコストがかかってくるでしょう。毎月の支払いをする際は現金を使用することができますが、引き落としを行うこともできます。

毎月経費を引き落としにすることで、現金以外に支払いにおいてメリットを受けることが可能です。ただ「引き落としによるメリットとは?」「どのような支払い方法があるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。引き落としにによって得する方法を紹介しましょう。

毎月の引き落とし方法には何があるのか?

payment_1

毎月の公共料金やインターネットなどで引き落としを行うことができますが、どのような方法で引き落としを行えるのか知っておきたい人もいるでしょう。毎月の引き落としには以下のような方法があります。

口座振替

引き落としを行う方法の1つは口座振替があります。口座振替は、毎月支払われる金額が期日になれば自動で口座からお金が引かれます。毎月自分で支払いに行く必要がなく、自動的に支払われるので払い忘れをすることがありません。

また、口座振替に変えることにより、地域によっては支払金額が割引になるなどの特典が備わることもあり、金額を安くすることが可能です。口座振替をするときは、自分の利用している銀行に振替をして欲しいものの資料や請求書を持っていき、手続きすることで行えます。簡単なので多くの人が利用しています。

クレジットカード決済

クレジットカードによる決済方法も日々の支払いで利用されています。自分の利用しているサービスにクレジットカードを登録しておくことで毎月の支払いを行うことができます。

クレジットカードによる決済を行うなら、各カード会社で決められた還元率のポイントが付与されることもあり、高額な支払い方法ならお得にポイントを貯めることが可能です。今では公共料金の支払いに対してもポイント還元が適用されることもあるため、クレジットカードを登録して支払いをしている方も増えています。

スマホ決済

スマホ決済による支払いで引き落としを行うことも可能です。スマホ決済は決済金額により、各アプリで決められている還元率に応じてポイントが付与されるようになっています。スマホ決済で公共料金などの支払いをすれば還元率が3.0%になることもあるので、クレジットカードよりも還元率が高い傾向になっています。

また、スマホ決済はいろいろなキャンペーンが実施されているので、サービスの支払いを行うなら、より多くのポイントを得られる可能性も高いです。

アプリによる決済方法それぞれのメリットとは?

payment_2

今ではアプリによる決済で引き落としをする方も増えています。その理由として、アプリを利用した方がいろいろなメリットを得ることができるからです。アプリによる支払いはどのようなメリットを得られるのかそれぞれ紹介しましょう。

Amazon Payを利用するメリット

AmazonPayは、Amazonのアカウントに登録されている個人情報や支払い方法を利用することができます。現金が無くてもスマホでスムーズに支払いを行うことができるので、150店舗以上の大手オンラインストアでスムーズな決済を行うことが可能です。

クレジットカードを登録して支払いを行うなら最大2.5%のポイント還元を得ることができ、多くアプリによる支払いを行うことで還元することが可能です。

特にクレジットカードの中でもJCB CARD Wを登録してAmazonを利用するのがおすすめです。このクレジットカードでAmazon Payに登録するならポイント還元率を7.0%ほどにすることが可能だからです。

Amazonとこのクレジットカードを連携させた際の還元率は2.0%ですが、クレジットカードの方にもOki Dokiポイントが貯まり、これはAmazonで1ポイント3.5円ほどで利用することが可能です。

つまり、連携させてAmazonでの利用を行うなら、7.0%ほどの還元になり、支払いするときはよりお得にポイントを貯められます。Amazonを利用して日用品や事業用品などを購入する人にとって、ポイント還元が高くなるならお得に商品購入が可能です。

さらに、JCB CARD Wはスターバックスで利用するとOki Dokiポイントが10倍になるので、カフェを利用して仕事をするフリーランスの方はたくさんポイントを貯めることができるでしょう。

LINE Payはセキュリティシステムにより安心できる

アプリの引き落としであればLINE Payを利用することも可能です。アプリによる支払いは不正利用によるアクセスも多いので、その支払いを防ぐことができるように対策を講じています。LINE Payのセキュリティ対策は7つ用意しており、

  • 本人確認制
  • LINEPay専用パスワード
  • クレジットカード決済
  • 情報の暗号化
  • 24時間365日のモニタリング体制
  • 補償制度
  • 生体認証である「FIDO」の導入

です。

アプリの不正利用が起きると、お金が流出してしまうことになるため、アプリ内で不審な動きを検知する独自のセキュリティシステムで監視して不正利用の防止を行っています。また、万が一不正利用されて盗難被害に遭った際は、最大10万円まで損害金を出してくれるので、安心してサービスを受けることができます。

ポイント還元率は1.0~2,0%ほどになっているので、利用するならポイント還元サービスを受けることが可能です。すでにLINEを使用しているなら、規約に同意するだけで登録を完了することができるので、登録方法も簡単です。手軽に安全に引き落としをしたいなら利用を考えてみましょう。

d払いによるメリット

d払いを利用して引き落としを行うことも可能です。d払いにもいろいろな機能がありますが、注目できるのは加盟店の商品なら、テイクアウトすることができることです。商品をテイクアウトする際にd払いを利用するなら、予約注文から支払いまでアプリで完結することができるので、簡単に注文することができます。

そして、会員登録をする手間が省けるので、直ぐに欲しい商品を取り寄せることが可能です。利用できる店舗数は268万ヶ所とかなり数が多いので「少なくて利用ができない」ということまりません。d払いはバーコード決済であれば1回の利用限度額が約5万円ほどになっているので使い過ぎも防ぐことができ、自分の資金をしっかり確保することも可能です。

さらに、ポイント還元ではdカードを登録して支払いすることがおすすめです。dカードを登録して通販サイトで買い物を行うとネット利用とdカード登録で2%のポイントを還元を受けることができるからです。

ドコモのスマホユーザーならdカードに紐付けしれ携帯料金を支払うことで1%の還元を受けることができます。

また、ENEOSやドトールなどのコーヒーショップでdカードを使用するなら1.5~4%の還元も受けられるので、事業でガソリンをよく利用する人、コーヒーショップで仕事をする方ならお得にポイントを貯められます。d払いの利用も考えてみましょう。

楽天Payを使用するメリット

毎日の支払いを行う際は楽天Payを利用することもできます。楽天Payは楽天関係の支払いを行うときに利用するなら最大で1.5%のポイント還元を受けることが可能です。ネット通販である楽天市場を始め、楽天モバイルや楽天でんき、楽天ガスなど携帯料金や公共料金の支払いの際に楽天Payを使用すると、楽天ポイントをお得を貯めることができます。

また、楽天カードを楽天Payに登録してチャージすることで楽天ポイントの二重取りを行うこともできます。楽天チャージを行うことで0.5%の還元ですが、楽天Payの利用をした際に1.0%の還元を受けることができ、合計で1.5%のポイントを還元してもらうことができます。

また、ファミリーマートなどのコンビニで楽天Payによる支払いを行うなら、アプリとクレジットカードの両方でポイントを得られるので2倍のポイントを獲得することもできます。

ポイントを貯めたなら楽天Payで支払いを行うことができるので、ショッピングの際にポイント利用することもできれば、公共料金などの支払いでポイント利用することも可能です。

キャッシュレスとして利用できる店舗数も約500万店舗あると言われているので、他の決済利用できるアプリと比較してもかなり数が多いです。楽天Payを利用して買い物をするなら、ポイント還元においてメリットが高いです。

Pay Payを利用するメリット

毎日の支払いや引き落としの際は Pay Payを利用することも可能です。Pay Payはソフトバンクとヤフーが合同事業として開始したキャッシュレスアプリであり、ポイント還元において大きなメリットがあります。

まず、ソフトバンクのスマホユーザーで毎週日曜日に Pay Payを利用してPay Payモールでネットショッピングを行うなら最大20%まで還元率をアップさせることができます。最大20%も還元率がアップされるのは他のアプリでは無いため、大きな魅力となるでしょう。

また、毎週日曜日はソフトバンクのスマホユーザー以外のドコモやauなどのキャリアも還元率が5アップするため、他のキャリアを利用している人にとっても大きな還元率を獲得することが可能です。また、 Pay PayはYahoo!JAPANカードに入会することでお得なポイント付帯サービスを受けることができます。

このクレジットカードは新規入会すると最大2,000円分のボーナスポイントを得ることができますが、申込みして2ヶ月以内に3回Pay Payを利用するなら最大で5,000円分のボーナスポイントを得ることができます。

つまり、新規入会と利用ボーナスにより最大7,000円分のポイントを得ることが可能です。このクレジットカードはYahoo!JAPAN IDがあれば申込みすることができるので、Yahooをよく利用する人ならお得です。利用を考えてみましょう。

au Payを使用するからメリットとは

アプリによる引き落としではau Payの利用を考えることもできます。au Payはコード支払いの際にポンタカードを使用することによりポイントを貯めることが可能です。アプリのコード使用では200円につき1ポイント貯めることができますが、ポンタカードの提示で0.5~1ポイントが付与されます。

そのため、ポンタカードを持っているなら2倍のポイントを獲得することができるので、お得に貯めることができます。また、貯まったポイントは携帯料金の支払いに充てることができ、auを利用している人であれば支払い負担を軽減させることも可能です。また、クレジットカードではau Payカードと連携させるのも良い方法です。

au Payカードによってアプリにチャージするなら、還元率が6ヶ月間だけ10%にアップします。またえ、クレジットカードの入会から6ヶ月間は最大3,500ポイントもらうこともできるため、ポイントを一気に貯めることもできます。

3,500ポイントは6ヶ月間で3万5,000円以上チャージしなくてはいけませんが、公共料金の支払いなどに利用するなら、直ぐに条件を達成することもできるでしょう。こちらの決済方法も考えてみてください。

アプリやクレジットカードによる支払いの注意点とは

payment_3

アプリやクレジットカードによる支払いを行うなら、自分に合ったものを慎重に選ぶことが大事です。アプリの支払いをする際に複数利用することもできますが、その場合はポイント還元が高くても効率的にポイントを貯めることができずに思ったメリットを得られないこともあります。

自分が利用している携帯キャリアや利用する通販サイトやショップなどを考慮して、アプリの選択をするとポイント還元率を生かすことができるでしょう。また、クレジットカードとの相性も確認しておくべきです。

使用するアプリによってクレジットカードとの相性にも違いがあります。例えば、楽天Payだと楽天カードと連携させることでポイントを倍にすることもできますが、他のクレジットカードだとその恩恵はありません。アプリの使用の際は自分の持っているクレジットカードを確認して選択してみるのもいいでしょう。

引き落としなどで電子決済の利用を考えよう

支払いの際は現金だけでなく、電子決済を利用することで自分の支払いにいろいろなメリットを生むことができます。電子決済の登録も難しいことではないので、ぜひ利用を考えてみるようにしてください。

0
毎月の引き落としや日々の支払いで得する方法とは?
最新情報をチェックしよう!