コロナ時代に求められる人物像とスキル

コロナ時代になって緊急事態宣言や蔓延防止など様々な施策が行われ、働き方が変わったサラリーマンの人も多いでしょう。

しかしながら、未だにコロナ時代にどのような人材になれば活躍できるのか分かっていない人も多いはずです。

そこで本記事では、コロナ時代に求められる人物像やスキル、おすすめの働き方や頓挫されていく人物の特徴などを徹底解説しました。

これからコロナ時代が終焉したとしても、同じような働き方になる企業も多いはずなので、仕事で活躍したいと考えているサラリーマンは是非最後までご覧下さい。


【関連記事】コロナによって廃業、倒産に追い込まれた業種

covid-19


コロナ時代に求められる人物像

covid19age-desired_1

それでは、コロナ時代に求められる人物像を6つに厳選して解説していきます。

コロナ時代で生き残っていくには、これから紹介する6つの人物像にならなければいけません。

コミュニケーションが取れる

コロナ時代はチャットワークやラインなどでコミュニケーションを取ることが増えて、対面で話せる機会は徐々に減ってきました。

対面であれば上司が部下の顔色を伺って声を掛けたりするなどができましたが、コロナ時代にはそれが難しいです。

その為、自分からコミュニケーションを取れる人材にならなければいけません。

仕事の報告・連絡・相談をしっかりと取って、着実に仕事を勧められる人材がコロナ時代で活躍できる人物になります。

専門的な技術を持っている

他の従業員では代替できない専門的なスキルを持っている人は、会社で確実に重宝される存在になります。

専門的なスキルの中でも、なかなか技術を身に付けられないプログラミングなどを扱える人材は、仕事に困ることはありません。

コロナ時代でも確実に生き残っていくには、他の多くの人が持ち合わせていないスキルを習得することをおすすめします。

様々な環境に適応できる

コロナ時代では会社のオフィスだけでなく、自宅でも仕事をしなければいけない状態になる場合があります。また会社に出勤しても、密接している状態を防ぐために、同僚の方と違う場所で働かなければいけない場合もあるでしょう。

どのような環境にも適応して働ける人材にならなければ、コロナ時代に生き残るのは難しいです。

他の人が居る場所でしか集中できないというような人は、コロナ時代では不利になると言えるでしょう。

自分から進んで仕事ができる

コロナ時代は個人で業務をすることも増えるので、自分から進んで仕事ができる人材が重宝されます。

指示を待っているだけの人材は、対面で仕事ができるのであれば上司が様子を伺って指示を出すなど対処できますが、在宅ワークでは難しいです。

その為、指示を待っているだけの人材は仕事が終われば連絡が来るまで何もしないので、他の人より圧倒的に業務量が少ないと気付かれます。

もちろん他の人より業務量が少ない人材に昇給をさせることもなく、場合によってはクビにするなども措置を取ることもあるでしょう。コロナ時代は転職するのが難しくなっていて、クビになれば再就職するのに時間を要することになるはずです。

コロナ時代に入社している会社で生き残りたいと考えるのであれば、自分から進んで仕事ができる人材になりましょう。

パソコンをしっかり操作できる

在宅ワークではパソコンを使って仕事をすることになるので、操作ができないと話になりません。

また操作ができたとしても、作業が遅ければ与えられた業務を終わらせるのが難しいです。

例えば事務の仕事で、オフィスでは手書きで行なっていた業務が、在宅ワークになって電子データになる可能性があります。その場合は、パソコンを使って業務をしなければいけません。

現在はオフィスで働いている人でも、これから在宅ワークになる可能性は十分に考えられます。

将来的にパソコンのスキルは必須になるので、少しでも早くから勉強しておくようにしましょう。

部下の教育が徹底できる

コロナ時代はコミュニケーションを取る機会が減りますが、部下の教育をしなければ会社を成長させることはできません。

対面でなくても部下の教育ができる上司は、非常に重宝されます。

部下を放置して自分の仕事を早く終わらせる上司は、チーム活動になった際に必ず失敗するでしょう。会社としても部下を育てられる上司には高い評価を与えるので、コロナ時代でも部下の教育を徹底できる人材が重宝されます。

コロナ時代に求められるスキル

covid19age-desired_2

それでは、コロナ時代に求められるスキルを4つに厳選して紹介していきます。

マネジメント能力

コロナ時代はコミュニケーションを取るのが難しいですが、その中で部下をマネジメントして、組織を強くするスキルが求められます。

マネジメント能力が高いと、部下からの信頼を得られるだけでなく、自分が仕事を進めやすくなるので、絶対に持っておくべきスキルです。

これから上司になる人や既に役職を持っている人は、コミュニケーションが取りにくいコロナ時代に、どのようなマネジメントを行えば良いのか試行錯誤することをおすすめします。

コミュニケーション能力

コミュニケーションを取るのが難しいコロナ時代では、今まで以上にコミュニケーション能力が大切なスキルになりました。

コミュニケーションスキルが無ければ、対面で話をするのが難しいコロナ時代では致命的です。

具体的には、仕事の報告・連絡・相談を早く伝える能力が必要になります。

もちろん、自分で判断できる部分が個人で意思決定を行いましょう。無駄なコミュニケーションは上司の時間を奪うことになります。

自分でできることは意思決定しながら、伝えなければいけないことは早く報告・連絡・相談するコミュニケーション能力がコロナ時代には必要です。

意思決定能力

コロナ時代では対面のように簡単に上司に質問するのが難しいので、会社も従業員に一定の裁量権を与えることが多いです。もちろん、若手でも自分で意思決定をしなければいけない場面が出てくるでしょう。

その為、素早く最適な判断をする意思決定能力は非常に大切なスキルになります。

若手であれば会社に大きな影響を与える意思決定を任される可能性は低いですが、最適な判断をすると組織に良い影響を与えて評価を上げられるかもしれません。

自己管理能力

コロナ時代では自分で業務や働き方を管理する機会が増えてくるので、自己管理能力が重要になります。

特に在宅ワークになると、自分で仕事の進め方を決めることになるので、与えられた業務以上の仕事をすることもできれば、サボることも可能です。

しかしながら、在宅ワークは従業員が行った業務量が可視化されるので、サボっていると確実にバレます。

同僚に負けないくらいの業務量を回していく為に、在宅ワークでも働ける自己管理能力は持っておくべきスキルと言えるでしょう。

コロナ時代におすすめの働き方

covid19age-desired_3

それでは、コロナ時代におすすめの働き方を2つ紹介しておきます。

在宅ワーク

コロナ時代に最もおすすめする働き方は、在宅ワークになります。

在宅ワークは、会社に出勤する時間を無くせるだけでなく、従業員の交通費を削減できるなどメリットが非常に大きいです。

対面に比べてコミュニケーションを取るのは難しくなりますが、会社に出勤しなくてもできる業務は、徐々に在宅ワークで片付ける流れが来るでしょう。

数字で評価する

会社に出社して対面でコミュニケーションを取っていると、上司から気に入られている部下が出世するという構図になっている状態の企業も多いはずです。

しかしながら、会社に出社することがなくなれば、今まで以上に業務量や数字の成果で評価を与えられることになります。

会社に本当に良い価値を与えている人物を可視化できるので、企業にとっても優秀な人材を判断して待遇を良くするなど最適な評価を与えることが可能です。

仕事を辞めたい大きな理由の1つに挙がる「人間関係」の問題は、上司に気に入られるのではなく、仕事で評価されるようになることで解消されるでしょう。そうなれば、人間関係による従業員の離職を抑えることもできます。

コロナ時代で頓挫している人の特徴

covid19age-desired_4

今まではコロナ時代で活躍できる人物像やスキルなどを紹介しました。

最後に、コロナ時代で頓挫していく人の特徴を3つに厳選して紹介していきます。

上司に媚を売るのが得意だった

上司に媚を売るのが得意で会社から評価を得ていた人物は、在宅ワークになって業務量や数字の評価で判断されるようになると、一気に頓挫していくでしょう。

在宅ワークでは対面でコミュニケーションを取る機会がなく、日々の業務で評価されることになります。

しっかりと仕事で成果を出している人物が評価されるので、上司に媚を売っているだけでは生き残るのが難しいです。

重要な仕事をしていなかった

重要な仕事をしていないで誰でもできる単純作業をしていた従業員は、一気にリストラの候補になります。

特に勤続年数が上がって高い給料を得ているにも拘らず、新卒でもできるような業務を回している人は非常に危険な状態です。

実際に在宅ワークになったことで、個人単位の業務の量や内容は可視化され、必要のないと判断された人材は少なくありません。

誰でもできる仕事しか任せられない人物は人件費削減の為の第一候補になるので、注意しておきましょう。思い当たる節がある人は、今すぐにでも代替性の低い専門的な技術を身に付けるか、誰よりも努力して業務量をこなすなどの対策をしなければいけません。

自分で仕事の管理ができない

自分で仕事の管理をすることができない人は、会社から必要のない人材だと判断されます。

オフィスで働いていた時は、周りが働いている環境だったのでサボるのは難しかったでしょう。しかしながら、在宅ワークになると簡単にサボることができる環境なので、自分で仕事の管理をしなければいけません。

在宅ワークはオフィスに比べて上司も従業員に目を配れないので、自分で仕事を積極的に回してくことが大切です。

まとめ

本記事では、コロナ時代に求められる人物像とスキル、働き方や頓挫していく人物像を徹底解説しました。

コロナ時代は在宅ワークが進み、今まで以上に仕事の成果が可視化されるようになりました。また、コミュニケーションを取るのが難しくなったので、コミュニケーション能力が重宝されています。

自己管理をして仕事を進め、コミュニケーションを大切にできる人材が、コロナ時代でも活躍することができるでしょう。

0