就職・転職活動の企業研究や業界研究に必要な5つのポイント

就職・転職活動を行なうにあたって、1番重要になってくるのが企業研究・業界研究です。

企業研究や業界研究をどれだけ正確にすることができるかによって、就職・転職活動の成否が決まります。

そこで今回の記事では、企業や業界研究を行なうにあたって大切なことはいったい何なのか、しっかり研究を行なうことでどのような効果を得られるのか詳しく解説していきます。

就職・転職活動で企業研究や業界研究をしなければいけない理由

job_cange_point_1

就職・転職活動をするにあたって、なぜ企業研究や業界研究をしなければいけないのでしょうか。

軽視しがちな企業研究や業界研究ですが、実はこれを怠ると成功が遠のいてしまいます。

そこで以下では、就職・転職活動で企業研究や業界研究をしなければいけない理由について解説していきます。

志望している企業や業界を詳しく知るため

就職・転職活動で企業研究や業界研究をしなければいけない理由としては、志望している企業や業界を詳しく知るためです。

なんとなく特定の企業や業界を選ぶのではなく、しっかりと事前に企業や業界の構造や特長を調べておくと、志望動機や就職・転職活動の軸を定めることができます。

また他の業界と比較してその業界がどういった問題を抱えているのか、志望する企業は業界内でどういった立ち位置なのかも知っておくと、他の人たちと差をつけることが可能です。

志望している企業や業界の将来性を知るため

企業研究や業界研究を行うことによって、将来性があるかどうかというのも見極めることができます。

確かに就職や転職活動において、自分の好きな仕事や業界を選ぶというのも重要ですが、将来性がある企業や業界なのか知っておくことも重要です。

働き始めてからその企業が倒産してしまったり、業界自体が先細りしているため将来性が不透明だったりすると、短い期間でまた就職や転職活動を行わなければいけなくなります。

志望企業の売上高や業界全体の市場規模をしっかりと調べて、将来性があるのかどうか企業研究や業界研究の時点で確かめておきましょう。

必要なスキルや能力を事前に把握するため

それぞれの企業や業界によって、仕事に必須となるスキルや能力というのは大きく異なります。

そのため企業研究や業界研究を通して、どういったスキルや能力が求められているのかあらかじめ確認しておくのがおすすめです。

例えば、単純に商品の研究などを行う専門的なスキルや能力を求められているのか、またはマーケティングなどを中心に様々な能力を求められているのか調べてみましょう。

特に企業によっても必要なスキルや能力は大きく変わってくるので、同じ業界内でも自分が適しているところとそうでないところがはっきり分かれる場合もあります。

特定の業界を志望している場合などは、企業選択をうまく行うことによって就職や転職を成功に導くことができるので、そういった意味でも企業研究や業界研究というのはとても重要です。

就職・転職活動の業界研究において必要な5つのポイント

job_cange_point_2

ここからは就職・転職活動において、業界研究と企業研究それぞれで必要な5つのポイントについて詳しく解説していきます。

まずは業界研究についてです。

ポイント1 興味のある業界がどこなのか特定する

業界研究においてまず必要になってくるのが、興味のある業界がどこなのか特定することです。

業界は大きく分けて以下の5つのカテゴリーに分けることができます。

  1. 物を作る
  2. 物を売る
  3. インフラなど社会基盤を整備する
  4. 銀行などのお金関係
  5. 情報やサービスを提供する

上記のカテゴリーの中で自分がどの業界に興味があるのか、 しっかりと見極めることが業界研究を成功させる上で重要なポイントです。

ポイント2 業界の情報を集める

自分が興味のある業界を特定したら、次にその業界の情報を集めましょう。

業界の情報を集める際には、主に以下のような手段が考えられます。

  • 大学や合同説明会などで行われている業界研究セミナーに参加する
  • 就職情報サイトで業界の情報を集める
  • 新聞や本、ニュースなどでその業界に関する時事ネタを確認する
  • 業界団体のホームページをチェックする

このように業界の情報を集めることは、インターネットなどで簡単にできます。

そのため自分が興味のある業界が定まったら、すぐに業界に関連する情報を調べてみましょう。

簡単に情報を集めることができるので、調べてみたら思った感じとは違った場合でも、すぐに他の業界へと切り替えることもできます。

ポイント3 業界の中の職種について調べる

興味のある業界を特定し調べたとしても、その業界の中には様々な職種があります。

そのため興味のある業界からさらに「自分が志望する職種」を大まかに決めておきましょう。

例えばものづくりに関連する業界の場合、単純にものをつくるだけではなくどういったものが市場に求められているか調べたり、アイデアから商品化したりする仕事など様々な職種があります。

単純に自分の好みだけで選ぶのではなく、今有しているスキルや能力と照らし合わせて、どの職種に向いているか判断してみるのも良いでしょう。

ポイント4 業界の分析を行う

大まかに自分の希望する職種を決めたら、実際に業界の分析を行ってみましょう。

業界の分析で行わなければいけないことは、以下のようなものが挙げられます。

  • 業界の将来性
  • 業界内での上位企業
  • なぜ業界内で上位企業が好調なのか
  • 将来的にどのような変化が見込まれるか
  • 現在抱えている課題と解決策はどのようなものか
  • 業界全体で求められている人材はどういった特徴があるか

業界の企業や市場規模などをしっかりと調べて、上記のような視点から分析を行ってみましょう。

こういった分析を行うことによって、実際に面接のタイミングでも自信を持って業界に関する質問に受け答えをすることができます。

ポイント5  さらに深掘りを行う

ほとんどの人は業界研究を、インターネットで調べて終わらしてしまいます。

しかしこれでは他の人たちと差をつけることができません。

そこで調べた情報をもとに、さらに深掘りを行ってみましょう。

例えば業界が抱えている問題に対して、なぜそういった問題を抱えており、解決するためにはどのような対策が考えられるかなど自分なりの結論を言えるようになるのが重要です。

ただインターネット上から調べて得ることのできる結論では、面接の際にも薄っぺらい印象しか与えることができません。

せっかく業界研究を行うのであれば、自分が集めた情報を元に自分なりの結論や考えを述べることができるようになる状態まで、徹底的に準備をすることがおすすめです。

就職・転職活動の企業研究に必要な5つのポイント

job_cange_point_3

次に転職・就職活動の企業研究に必要な5つのポイントについて、以下で詳しく解説していきます。

ポイント1 企業のHPを分析する

企業研究においてもっとも重要なのが、企業のHPを分析するということです。

この企業のHPを分析する際には、単純に企業の製品を覚えたり、概要を眺めたりするだけでは意味がありません。

HPに書かれている企業の経営理念やこれまでの歴史、代表のメッセージなど隅々までチェックし尽くしましょう。

また企業研究では、会社の財務状況を確認するというのも非常に重要です。

企業によってはIRに関する情報や、株主向けに経営計画や決算情報などを公開しているところもあるので、必ずチェックしておきましょう。

ポイント2 企業で働いている人の口コミやインタビューなどをチェックする

企業のHPで会社の経営理念や経営状態などをしっかり確認したら、次にやることは実際に働いている人の口コミやインタビューなどをチェックして下さい。

どれだけ長い歴史があり立派な経営理念を掲げている会社であったとしても、実際に現場で働いている人の待遇が悪いという企業も数多く存在します。

現在では就職・転職サイトなどで、実際に働いていた人の口コミやインタビューなどを公開しているところも多いので、積極的にこういった情報を利用するのがおすすめです。

まだそこまで有名でない企業の場合、働いている人に対してのインタビューなどを確認することはとても有益なので、必ず1度は確認しておいた方が良いでしょう。

エージェントなどを利用している人は、その企業を担当している人から実際に話を聞いてみるのもおすすめです。

ポイント3 OB・OG訪問をする

口コミやインタビューなどをチェックするのも良いですが、可能であればOB・OG訪問をするのが一番効果的な企業研究になります。

実際に現場で働いている人に対して、どのような人がその企業に向いているのか、必要となるスキルや能力はどういったものかなどを聞くことができます。

またインターネット上などでは公開しにくい企業の実態などに関しても聴くことができるので、あらゆる手段を使ってでもOB・OG訪問はやっておきましょう。

ポイント4 企業の取引先やユーザーなどの意見を参考にしてみる

企業研究を行うにあたって、あまりやる人はいませんが効果的なのが「志望している企業の取引先やユーザーなどの意見を参考にする」というものです。

企業のHPや口コミ・インタビューなどは、あくまでも企業内部の情報に過ぎません。

実際にその企業と取引している取引先の企業や、製品やサービスなどを利用しているユーザーなどの意見がどういったものなのかによって、その企業がどういった仕事をしているのかを知ることができます。

もちろん誰もが知るような製品やサービスを提供している大手企業はすぐにイメージすることができますが、中小企業やベンチャー企業などはしっかり調べないと、その企業の評判を特定するのはかなり難しいです。

しかし企業の取引先やユーザーなどからの評価が高い企業に関しては、それだけ仕事のやりがいなどがあり働く価値のある企業といえます。

ここまでやる人は少ないですが、しっかり調べておくことによってその企業の本質を知ることができるので、他の人と大きく差をつけることが可能です。

ポイント5 インターンなどを利用する

企業の内部の情報から取引先やユーザーなどの情報を隅々まで調べ分析をしたら、インターンなどを利用して実際に働いてみるのも企業研究において非常に効果的です。

実際に働くことによって、日常的な業務から企業内部の雰囲気まで知ることができるので、より企業のことを詳しく知ることができます。

業務を通じて得た経験から、その企業が抱えている問題や解決策まで考えることができるので、より具体的に面接でアピールをすることが可能です。

志望している企業がインターンや職場体験などを行っているのであれば、積極的に利用して企業研究に役立てましょう。

まとめ

job_cange_point_4

今回は、就職・転職活動の企業研究や業界研究に必要な5つのポイントについて詳しく解説してきました。

企業研究や業界研究をしっかり行うことによって、その企業や業界がどういった状況なのか、今後どのように変化していくのかある程度知ることができます。

その過程で他の企業や業界に興味が湧いたり、思いもよらなかった職種にであったりするので、企業研究や業界研究は就職・転職活動において非常に重要です。

今回紹介したポイントを参考にして、自分に合った企業・了解を見つけてくださいね。

0