【2021年最新版】転職を考えたきっかけや理由TOP10

転職を考えている人にとって「こんな理由で仕事を変えていいのか」と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし仕事を変えようと決心して転職する人のきっかけや理由というのは、人それぞれであり誰も非難することはできないものです。
そこで今回は転職をしたきっかけや理由について詳しく紹介していきます。

転職を考えたきっかけや理由 TOP10 

転職を考えるきっかけや理由というのは人それぞれですが、他人の意見を参考にして転職を決意したという人も多いです。

そこでここからは転職を考えたきっかけや理由TOP10を詳しく紹介していきます。

【第1位】 他にやりたい仕事ができた 

jobchange_1

転職を考えたきっかけや理由として、最も多かったのか他にやりたい仕事ができたというものです。

仕事をしているうちに様々なスキルや知識を身につけた結果、自分がやりたい仕事は今やっている仕事ではないと感じて転職を決意した人も多く存在します。

また単純に就活の時に第一志望の企業ではなかったという理由や、ある程度働いてまとまったお金ができた結果、自分の夢に改めて挑戦してみようと考えて転職を決意した人も多いようです。

もし他にやりたい仕事ができたと思って現在転職を考えている人は、まず1度そのやりたいことは今の仕事でできないのかと考えてみるのも良いかもしれません。

部署移動や仕事のやり方によっては、自分のやりたい仕事ができるということも不可能ではないでしょう。

第2位 会社の将来に不安を感じた

jobchange_2

転職を考えたきっかけや理由として、2番目に多かったのが会社の将来に不安を感じたというものです。

特にここ数年は新型コロナウイルスの感染拡大によって、様々な業界が新しい働き方や挑戦をしないと生き残れない時代になっています。

そんな中で、会社のビジョンや経営陣の考え方についていくことができず、将来性が感じられなかったことをきっかけとして、転職を考えたという人も多いようです。

他にも「会社の方針が二転三転してついていくことができない」という理由や「 変化の激しい時代の中で、顧客ファーストで物事を考えていかなければいけないはずなのに、あくまでも自社ができることから考えが抜け出せていない」という理由もありました。

【第3位】 待遇に不満があった

jobchange_3

転職を考えたきっかけや理由として、3番目に多かったのか待遇に不満があったというものです。

実際この理由やきっかけで転職を考えた人の声としては、以下のようなものがありました。

  • 仕事内容や量には満足していたが、それに見合った待遇ではなかった
  • 自分が一番良い成績を上げているはずなのに正当な評価をされなかった
  • 営業成績が悪いにもかかわらず、上司に取り入るのが上手いだけの人が自分よりも良い待遇を得ていた
  • 単純に給料が安すぎた

待遇に不満があったことをきっかけとして転職を考える場合、現在よりも年収などが下がってしまう可能性もあります。

そのため一度人事などに相談してみるのも良いかもしれません。

転職を考えたきっかけや理由 第4位 残業が多い・プライベートの時間が取れない

転職を考えたきっかけや理由として、4番目に多かったのは残業が多いもしくはプライベートの時間が取れないというものでした。

基本的にこういった理由で転職を考えている人の共通点としては、人手不足やノルマ達成など様々な理由をつけられて、長時間働かざるを得なかったというものが多かったです。

また単純に最近の若い世代の傾向として、仕事よりもプライベートの時間を優先させたいという考え方があります。

そのため仕事後に上司や同僚と食事や飲み会に行かなければいけないというのを嫌がり、 転職を考え始めたという人も多いようです。

他にも以下のような意見がありました。

  • 残業代が払われないのに残業が毎日あり耐えられなかった
  • プライベートの時間にも仕事の電話などが多かったのが嫌だった
  • 休みの日にも突然出勤せざるを得ないことがよくあったのが不満だった

【第5位】専門的なスキルを習得したい

転職を考えたきっかけや理由として、5番目に多かったのが専門的なスキルを習得したいというものでした。 

こういった人たちの共通点としては、現在の働いている会社よりも待遇の良い所で働くために、より専門的なスキルを習得したいという理由が多かったです。

また他にも以下のような意見がありました。

  • すぐにでもマネジメントスキルを習得したかった
  • 若い世代でも裁量権を持って働くことができる環境に移りたかった
  • 働いている仕事の内容は誰でもできることなのでより専門的なスキルや技術を身に付けたかった

【第6位】幅広い経験や知識を身につけたかった

転職を考えたきっかけや理由として、6番目に多かったのが幅広い経験や知識を身に付けたかったというものです。

こういった人の共通点としては、現在働いている職場では専門的な知識や幅広い経験を身につけることができず、将来的に活躍できる人材として生き残れるか不安だったというものがあります。

他にも以下のような意見がありました。

  • 今の職場はやることが少なすぎて将来を不安に感じた
  • 旧態然とした業界なので新しいことに挑戦することができない環境だった

特にやることが少なすぎて将来を不安に感じたというのは、第2位にもあった会社の将来に不安を感じたというきっかけや理由と目標としており、単純に幅広い経験や知識を身につけたかったということだけで辞めたという人は少ない印象があります。

【第7位】価値のある人材になりたかった

転職を考えたきっかけや理由として、7番目に多かったのが価値のある人材になりたかったというものです。

近年では一つの会社で退職まで働き続けるという人は少なくなりつつあり、スキルや技術を身につけてより大きな舞台で働きたいという理由で転職する人も多くなっています。

そのため市場価値のある人材になるためには、今働いている会社や職場では達成不可能と考えて、転職をしたという人も多いようです。

他にも以下のような意見がありました。

  • もっと大きな環境で挑戦をしてみたかった
  • 起業や独立を考えておりもっと価値のある人材になるために転職した
  • 今の職場ではこれ以上得られるものがなかった

【第8位】地元で働きたかった

転職を考えたきっかけや理由として、8番目に多かった地元で働きたかったというものです。

大学や就職活動は都内などで行ったけれども、将来的に地元に戻りたいという考えが強く、それがきっかけや理由となって転職を考えたという人も多く存在します。

特に近年では、U/Iターンも多くなってきているため、転職をきっかけとして地元に戻るという人も多いです。

現在地元に戻ろうかと悩んでいる人は、こういった理由で転職をした人も多いとわかれば、自信を持って地元で新しく働き始めることができるのではないでしょうか。

【第9位】休み関係

転職を考えたきっかけや理由として、9番目に多かったのか休み関係のものになります。

例えば、仕事の性質上どうしても土日に休むことができず、お休みが平日になってしまう業種だったり、祝日は必ず出勤しなければいけない人だったりと、一般的なお休みとずれてしまうのが嫌で転職を考えた様です。

具体的には以下のような意見がありました。

  • 働いている業界の性質上休日や祝日は絶対に出勤日だった
  • 休日や祝日に出勤しなければいけないため友人や家族と休みが合わなかった
  • 土日や祝日の出勤も平気であった

土日や祝日の出勤が多い仕事だと、友人や家族と休みが合わないため、すれ違いが続いてしまうことから転職を考えたという人が多いようです。

【第10位】会社の評価に不満があった

転職を考えたきっかけや理由として、10番目に多かったのが会社の評価に不満があったというものです。

会社の評価に不満があったことをきっかけや理由として転職した人の意見としては、具体的には以下のようなものがありました。

  • 評価の基準は曖昧となっており、自分が一番成果を出しているにも関わらず他の人が評価を受けていた
  • 以前よりも忙しくなったにも関わらず給料やボーナスが下がった
  • 他の人と同じような業績を上げているにも関わらず自分だけが出世できなかった
  • 若い世代の意見は取り入れない方針だった

会社の評価に不満があったという人の転職を考えたきっかけや理由をよく見てみると、会社や上司の考え方とはうまくいかなかったというのも多かったようです。

こういった理由からより働きやすい環境を求めて、転職をするというのも珍しくないのではないでしょうか。

転職を考えるきっかけや理由は人それぞれ

jobchange_4

今回紹介してきたように、転職を考えるきっかけや理由は人それぞれ全く違ったものばかりでした。

そのため現在転職を考えている人でも、自分が転職を考えたきっかけや理由なんてくだらないのではないかと思い悩む必要はありません。

もし現在転職を考えている場合は、他の人に相談してみたり転職エージェントなどを利用してみると良いかもしれません。

もしかしたら転職活動を通じて、現在の仕事を再評価するということもあり得ます。

将来後悔することのないように、自信を持って転職活動や今の仕事に取り組んでくださいね! 


お仕事ハウスは民間型のハローワークとして、
皆さまの就職や転職のサポートをしています。

oshigotohouse

+2