年収1000万以上の高所得者にしかわからない悩み

「年収1000万円」というワードは、日本のサラリーマンの憧れと言えるでしょう。

日本の給与所得者の約5%程度しかおらず、これを達成した人はいわゆる勝ち組とも見なされています。

しかし、実は年収1000万円以上の高所得者にしか分からない悩みがあるというのも事実。

そこで今回の記事では、年収1000万円を達成した人がどのようなことに悩んでいるのかを中心に詳しく解説していきます。

実は年収1000万円を超えたとしても生活は変わらない?

tenmillion-worries_1

実は日本の多くのサラリーマンの憧れである「年収1000万円」を達成したとしても、あまりそれ以下の年収の人たちと生活は変わらないこともあります。

年収は増えても手取りが増えない

残念ながら年収が1000万円に到達したとしても、なかなか手取りの金額が増えないというのが現実です。

いわゆる年収1000万円と聞くと、その金額がそのまま収入としてもらえるとイメージする人も多いです。

しかし実際には、収入が増えれば増えるほど課される税金も増えていくので、なかなか手取りの金額が増えません。

職業にもよりますが、年収1000万円の人の手取りは約700万円前後と言われています。しかしそこから収入が1000万円増えて「年収2000万円」になったとしても、手取りの金額は約1200万円前後なのです。

そのため年収は増えても手取りの伸び幅がかなり下がってしまうので、年収1000万円になるとなかなか稼いでる感覚というのがなくなってしまいます。

公的な支援や手当などが受けられなくなる

一般的に年収が高い人は、収入上限のある公的な支援や手当などが受けられなくなるというのも日本の現実です。

特に児童手当や奨学金などの公的な支援は、年収1000万円以下が対象となっているのがほとんどなので、出費が増えてしまいます。

このような公的支援や手当が受けられなくなってしまった結果、年収1000万円を超えているにも関わらずそれ以下の年収の人よりも生活が苦しくなるケースも多いです。

このように日本のステータスでもある年収1000万円というのは、実はなかなか厳しい現実が待ち受けています。 

年収1000万円の人たちが抱えている悩み

tenmillion-worries_2

ここまで紹介してきたように年収1000万円であるからといって、必ずしも経済的な悩みから解放されているというわけではありません。

年収1000万円の人たちは、ここまで紹介してきた生活面の悩みの他にどのような悩みを抱えているのでしょうか。

以下で詳しく見ていきましょう。

周りにレベルの高い人が多すぎる

年収が1000万円ともなると、少しづつ仕事やプライベートで付き合いのある人というのもそれなりの人達になってきます。

特にこのくらいの年収になると、周囲には社会的にステータスの高い人や、経営者の人達ばかりです。

そのため年収面では1つのステータスを獲得したにも関わらず、周りのレベルの高さに圧倒される生活が続くケースもあります。

特にサラリーマンとして年収1000万円を達成した人は、周囲に存在する経営者など自分よりも稼いでいる人たちを見て、本当に自分はこれで良いのかと悩みがちです。

周囲のレベルが高くなるにつれて、世間を知り考えることが増えていってしまうのも年収1000万円を達成した人の抱えている悩みといってよいでしょう。

常に競争の中で結果を出さなければならない

サラリーマンとして年収1000万円を達成した人の多くが、常に競争の中で結果を出さなければならないという悩みを抱えています。

確かに社会的に見ると年収1000万円というのは魅力的なステータスですが、社内には同じような人たちがゴロゴロいるのも事実です。

そんな中で現在の生活を維持し続けるためには、常に競争の中で結果を出さなければいけません。特に競争の激しい会社の場合、気を抜くと出世競争においていかれてしまう可能性もあります。

常に競争し続けなければいけないというのはかなりのプレッシャーであり、年収1000万円を達成した人達が常に抱えている典型的な悩みと言えるでしょう。

年収1000万円の壁をさらに超えるためには

tenmillion-worries_3

なかなか手取りの金額が増えない年収1000万円の人たちは、いくつか工夫しなければ自由になるお金というのも増えません。

特にサラリーマンの人たちの場合、年収1000万円を超えると昇級もなかなか難しくなるため、会社からではなく他の場所からお金を稼ぐことを考える必要があるでしょう。

そこで以下では、年収1000万円の壁をさらに超えて自由に使えるお金を増やすための方法について解説していきます。

資産運用はマスト

まず自由なお金を増やすためにやらなければいけないことは、資産運用です。

将来のことも考えて貯金するだけではなく、資産運用でお金を増やすということについても勉強しなければなりません。

特に年収1000万円を超えているのであれば、まとまったお金を資産を言うように使うことも可能です。上手くいけば資産運用によって、収入よりも稼ぐことができる場合も。

最近では様々なインターネットサービスが発達したことにより、資産運用のやり方というのも幅広くなっています。

自分が興味のある分野から資産運用に挑戦してみてはいかがでしょうか。

副業もあり

副業が許されている会社なのであれば、新しく挑戦してみるというのもおすすめです。

しかし単純に新しい仕事を自分がやるのではなく、お金を使って人を雇ってみるというのが年収1000万円を達成した人におすすめの副業になります。

確かにお金を使って人を雇い副業をするというのは、かなり不安に感じられるという人も多いかもしれません。

しかしある程度お金を使うことのできる収入であるため、自分の時間を使って副業をするよりも人を雇う方が効率がいいです。

また上手くいけば経営者として成功する可能性もあるので、年収1000万円の人だからこそできる人を雇った副業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

節税をする

収入を増やすのとはまた異なりますが、節税をするというのも自由に使えるお金を増やすためには必要です。

例えば様々な手段で年間30万円節税できたとすると、10年間で約300万円自由に使えるお金が増えることになります。

これを30年続けたとすれば、約900万円近く手元にお金が残ることになり、1年間分の収入を増やすことが可能です。

節税をして手元に残るお金が増えたとしたら、そのぶんを資産運用や副業などに回すことができます。

節約をする

収入が増えてくるとそれに応じて出費も増えてしまいがちですが、節約を心がけた生活を送るというのも重要です。

稼げば稼ぐほど使うお金も増えていってしまっては、年収1000万円以下の人たちと何ら変わりはありません。

手元に残るお金を増やしつつ、将来のためにお金を増やせることに投資をしてみることが年収1000万円からさらに稼ぐためのポイントになります。

年収1000万円を超えた人へおすすめのお金を増やす方法

ここでは年収1000万円を超えた人へおすすめのお金をさらに増やす方法について詳しく解説していきます。

起業に挑戦する

「起業」と聞くとハードルが高いように見えますが、副業のところでも紹介したように人を雇ってビジネスを始めてみるというのが年収1000万円を超えた人たちにおすすめのお金を増やす方法です。

そもそも年収1000万円を超えると、一般的な企業に雇われているサラリーマンなどでは収入も頭打ちであるため、なかなかお金を増やすということはできません。

しかし新しく自分で稼ぐ起業に挑戦すれば、会社以外からお金を稼ぐことのできる可能性が高まります。

特に年収1000万円を超えた人であれば、人を雇って稼ぐ仕組みを作る資金力というのがある程度備わっています。

自分で動いて稼ぐとなると、プライベートな時間などを全て犠牲にしなければならないため抵抗感がある人も多いでしょう。

そこで最初から人を雇って全く違うビジネス手の起業に挑戦すれば、ある程度自由を維持しつつお金を増やすことのできる可能性が高まります。

不動産投資

年収1000万円という土台があるのであれば、収入を十分に生かすことのできる不動産投資というのも賢いお金を増やす方法といえます。

特に仮想通貨や外国為替取引(FX)などでお金を失いたくないという人にとっては、不動産投資はおすすめです。

家賃収入というある程度安定した収益を生み出すことができるので、自分でわざわざ働く必要もありません。

最近では簡単に不動産投資ができるサービスも多くなっているので、興味がある方は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ 

今回は年収1000万円を超えた人たちの悩みや、どうすればさらにお金を増やすことができるのかという点について詳しく解説してきました。

ここまで収入が増えると手取りの金額はなかなか増やすことができません。

そこで節約や節税などをして出ていく金額を減らすか、新しいビジネスなどに挑戦して収入の選択肢を増やすか考える必要があるでしょう。

今回の記事をきっかけに、自分の今後の働き方や資産に関しての考えなどを見つめ直して頂ければ幸いです。

0
年収1000万以上の高所得者にしかわからない悩み
最新情報をチェックしよう!