起業に成功する人に共通する考え方や働き方とは?

起業に成功する人に共通する考え方や働き方とは?

「起業して成功したい」と考えている人もおられるでしょう。今では自分のアイデア1つで起業してビジネスを展開していくことができます。ビジネスが成功すれば会社員として働いている時より、やりがいや収入がアップする期待もあるでしょう。

しかし、起業して成功することは簡単ではなく、失敗してしまうと全てを失うリスクもあります。そのため、起業している人の成功例を確認することは大事です。
起業して成功している人にはいくつかの共通点があります。
今回はそういった方々の特徴を紹介します。

起業して成功している人の共通点

successful-person-common-point_1

起業して成功している人には能力やアイデアもありますが、共通点もいくつかあります。
起業している人の共通点を理解できれば、自分が起業するときの重要なポイントを押さえることができるでしょう。共通点は以下のようになっています。

企業理念が高く理想実現への思いが強い

起業して成功している人の1つ目の共通点は企業理念がしっかりしていることです。
企業理念は、自分が仕事を行う際にモットーにしていることです。
企業理念にもいろいろありますが、例えば「地域への貢献」を理念としているなら、企業の成長だけでなく、自分の会社がどのように地域に貢献して活性化させていくことができるのか考えていきます。

企業理念がしっかり基づいているなら、会社の経営が低迷したときも「地域への貢献」と言う原点に帰ることができ、ビジネスを進めていくことができます。
また、企業理念は自分1人ではなく社員全員で共有できているなら、一体感を生むことができ、目指すべき方向性を同じにして仕事を進めていくことが可能です。

団結力を生む点で企業理念を定めておくことは大事であり、成功している企業の共通点となっています。

いろいろな視点で物事を見ることができる

successful-person-common-point_2

起業で成功している人の2つ目の共通点は、いろいろな視点で物事を見ることができることです。
人には固定観念があるので、物事を見るときにどうしても固定観念から入ってアイデアを考えてしまう傾向があります。

しかし、固定観念から見たものは斬新なアイデアとはならず、商品やサービスを提供しても、大きな反響や成果を生み出さないことが多いです。
しかし、固定観念を取り除き独自の視点から物事を見る人は斬新な発想をすることがあります。

例えば、UBERというタクシー会社は、タクシーに乗りたい人と時間のある個人運転手をマッチングさせる仕組みを構築して、反響を呼ぶことができました。
物事をいろいろな角度から見るなら、斬新な仕組みを考えることができ、多くの人を引きつけるビジネスを展開できる可能性があります。

起業して成功している人の中には、いろいろな視点から見ることができるように練習した人もいるため、自分の努力次第で身に付けられる能力です。
スキルとして鍛錬してみるのも良い方法です。

説明力とまとめ方の能力がある

起業で成功している人の3つ目の共通点は説明力があり、自分の言いたいことや行いたいことを具現化できることです。
起業したなら自分のやりたいことやアイデアを、クライアントに述べることが大事です。

ただ、自分のやりたい仕組みや取り入れたいアイデアをうまく説明できなければ、クライアントも納得することができず、自分がしたいことが誤解して伝わることも考えられます。
しかし、説明力がある人は自分が言いたいことをしっかりまとめることができ、頭の中でしっかり仕組みが構成されています。

そのため、クライアントにも説得力を持たせることが可能であり、プロジェクトや契約を行うときもスムーズに行えることができます。
説明力を向上させるためには、自分の中で具現化することを考えることが大事です。

例えば、なにかを見たときに「すごい」と言葉に出すこともあるでしょう。
しかし、何を見てすごいのか、自分がどのように感じたので「すごい」と思うのか内容を説明できるようにすることが大事です。

「山の景色を見て壮大さに感動してすごいと感じた」など、具体的に言葉を述べるようにするなら、説明力は身に付いていきます。
起業に成功している人は思考を鍛えていることも1つの共通点と言えるでしょう。

社会のニーズに注目している

successful-person-common-point_3

起業で成功している人の4つ目の共通点は、社会のニーズに注目していることです。起業してビジネスを行うときは自分の好きなことを行うことも大事ですが、社会の需要を考えて行動することも大事です。
好きなことを行うにしても社会のニーズに合わずに需要がないなら起業しても運営を行うことができず、直ぐに赤字になってしまうでしょう。

また、自分の仕事にこだわりを持って変化しない人もいますが、社会のニーズは1年または数ヶ月で変化していくので、こだわりが強過ぎると経営がうまくいかないこともあります。

しかし、起業をして成功している人は自分の好きな職種も考慮しますが、社会の動きを特に重視しています。
市場調査を行い自分の展開しているビジネスとどのように関連付けできるか、顧客の層によりどのような商品やサービスの需要があるのか戦略分析を重視して仕事の展開を行っていきます。

実際に大企業は社会のニーズを分析するために市場調査やSNSの導入を行い、動向を細かくチェックしています。
起業して成功したいなら社会のニーズに着眼しましょう。

経験やスキルを活用したビジネスを行う

起業して成功している人の5つ目の共通点は、自分の持っているスキルや経験を活かしてビジネスを行うことです。
自分が持っているスキルや知識は同じ業種をビジネスにしている企業との差別化を図ることができます。

例えば、ITという事業でもいろいろな分野に分かれています。
もし、自分が機械学習に関して資格を持っているなら、その資格を生かした仕事を行っていくことで他の事業との差別化を図れます。

また、資格以外に留学の経験があるなら言語を生かしたビジネスを行うことができ、サラリーマン時代に身に付けた営業能力を生かして代行サービスなどを行うこともできるでしょう。
起業して自分が初めて行う業種は慣れていない部分が多いので、仕事量が増えますし、ビジネスとして成り立たなくなることも考えられます。

得意分野やスキルを生かした方が良いアイデアも生まれやすく経営に関してもゆとりが生まれるなどメリットが大きいです。
自分のスキルや経験を生かすことができるのは何か考えて起業することがおすすめです。

現状に満足せずに変化していく

successful-person-common-point_4

起業して成功している人の6つ目の共通点は、現状に満足せずに変化していくことができる人です。
起業して仕事を行い安定してくるならひと段落して継続できるように取り組むでしょう。

安定した収入を得られるなら継続は大事ですが、そのまま何も変化せずに現状維持のままでいるなら、経営が悪くなってしまうことも考えられます。
現状維持のままで変化することをしないなら古い体制のままで経営することになるため、運営の質が悪くなってしまうことになるからです。

そのため、起業して成功している人は変化を恐れずに時代に合わせて新しい技術を取り入れること、別の事業も勉強して参入してみるなど、経営の継続と共に新しい変化を取り入れられるようにしています。
新しいことにチャレンジすることで目標を持つことができ、仕事へのモチベーションアップなどにもつながるので、成功の1つの秘訣といえるでしょう。

事業に熱や思い入れを持って取り組む

起業して成功している人の7つ目の共通点は事業に思い入れや熱意を持っていることです。
事業に対する姿勢は経営の成功に大きく関わってきます。
「起業して経営を成功させる」と言う強い思いを持っておくなら、会社の業務改善や体制、仕組みなどもしっかり行適当に済ませることがないからです。

起業して業務への思いいれがあるなら常に効率化や最適化を考えるので、改善点があれば改善して事業を洗練していくことができるようにします。
例えば、顧客の評価が良くないようならお問い合わせフォームの改良を行い、顧客満足度が良くなるように取り組んでいる人もいます。

しかし、起業しても会社への熱意がないならモチベーションを維持することは難しく、経営の効率化も厳しいです。最初はやる気があっても長期的なれば薄れていき、熱意や思い入れが無くなれば、業務も適当になってきます。

改善点が見つかったとしてもそのまま放置してしまうこともあるかもしれません。
しかし、思い入れが無くなり仕事がマンネリ化してくるなら、顧客やクライアントからも魅力が無くなってくるので経営が悪化していきます。そのため、技術も大事ですが精神的な部分もしっかり押さえておく必要があるでしょう。

時間を有効的に使う

successful-person-common-point_5

起業して成功している人の8つ目の共通点は時間を有効活用することです。起業したならやることはたくさんあります。1分1秒でも何か行動するなら自分のビジネスの促進や効率化につながるので、時間を大事です。

例えば、ある企業は効率的に仕事を行えるように、ITの導入を行い、簡単な業務や自動化を行うことができる業務は機械処理するようにしました。

その分そこで働いていた従業員を別の業務に割り当てることができ、業務効率をアップさせた企業も多いです。
また、仕事に関係ない時間でも本を読んで知識を当てはめる、見聞を広めるためにセミナーなどに参加するなど、プライベートな時間でもスキルや知識の向上を行っています。

だらだら時間を過ごして1日が終わってしまうなら、何も得るものがなく無駄な時間を過ごしていることになります。
経営者に無駄が多いなら、業務でも無駄ができてしまうため、仕事の効率が悪く収益も悪いことが多いです。
起業の成功は自分の時間の使い方も重要なので覚えておきましょう。

人当たりが良くて性格もアクティブ

起業して成功している人の9つ目の共通点は、人当たりが良くてアクティブな性格をしていることです。
起業して成功している人はフレンドリーな方が多く、人に好かれやすい性格をしています。

ビジネスを成功させるには人脈も大事であり、良い人間関係を作ることができるのかもポイントです。
積極的に話をすることで自分のことを相手に知ってもらい「一緒に仕事をしてみたい」と言う気持ちにさせることができるので、ビジネスチャンスをつかみやすくなります。

また、アクティブな性格の人ほどいろいろなことにチャレンジするので、いろいろな情報を知る機会も多く、仕事の分岐点となることも多いです。
アクティブにチャレンジしたことで新しい取引先を見つけたり事業展開することができたりすることもあり、仕事の点で有利に動くことがあります。

性格だけで起業の成功が決まるわけではありませんが、人当たりの良さやアクティブさはビジネスに必要な要素なので有利に動くことに間違いありません。
自分の性格を分析するため知人や友人に性格を聞いてみるのもいいでしょう。

失敗しても挑戦し続ける

起業して成功している人の10個目の共通点は失敗しても挑戦し続けることです。
起業して成功している人もずっと経営が成功し続けているわけではありません。
時には事業に支障をきたして経営難に陥ることもあれば、商品やサービスの売上がうまくいかず赤字が続いて困ってしまうこともあります。

新しいことに挑戦しても狙った効果を出すことができなかったこともあるでしょう。
ただ、起業の成功者は失敗してもそのままにせず、打開策を見つけて失敗を乗り越えます。
そして、新しいことに挑戦し続けることはやめません。

成功する人は失敗したことを次の事業や経営に生かすように考え、経験として活かすように取り組むからです。
失敗すると新しいことにチャレンジすることは怖さも感じますが、乗り越えて挑戦し続けることで大きな成功を手にしています。

起業して成功する人の共通点に倣う

起業して成功している人の共通点を10個ほど紹介してきました。
起業して成功するためには、紹介したポイントを押さえておくことも大事です。
しっかりポイントを押さえて起業を成功させられるようにしましょう!

0