仕事を辞めた方がいいケース10選

現在の仕事が嫌になって辞めたいと考えている人は多いでしょう。しかしながら、本当に仕事を辞めて良いのか疑問を持っている人も多いはずです。

そこで本記事では、仕事を辞めた方が良い10のケースや事前に確認すること、辞める前にやるべきことを徹底解説しました。

これから仕事を辞めようか悩んでいる人は、是非最後までご覧下さい。

仕事を辞めた方が良いケース10選

quit-job-case10_1

まずは、仕事を辞めた方が良いケースを10項目に厳選して解説していきます。

これから紹介する10のケースに当てはまっているのであれば、現在の会社を辞めるのも選択肢の1つでしょう。

給料に満足していない

現在の給料に満足していなくて、なかなか昇給を見込めないのであれば、転職をおすすめします。

昇給を見込めない状態で勤続していても、給料が上がることはありません。

今の職場より給料が高い企業に転職できる見込みがあるなら、会社を辞めるのは選択肢の1つと言えるでしょう。

人間関係で苦労している

現在の職場で人間関係に苦しんでいるのであれば、会社を辞めて新しい環境に行くことをおすすめします。

人間関係を簡単に変えるのは難しく、どれだけ自分からコミュニケーションやアプローチしても、相手が良い反応をする保証はありません。

このまま働き続けているとストレスが溜まるだけでなく、最悪の場合はパワハラ・セクハラやイジメなどに発展する可能性があります。

人間関係で通常の仕事を進められる状態でなければ、他の職場に転職することをおすすめします。

労働時間が長い

労働時間が長く、プライベートの時間を確保できない場合は、会社を辞めるのも選択肢の1つです。

仕事が好きで自分から進んで仕事をしているなら話は別ですが、プライベートの時間を確保して息抜きしたいにも拘らず、労働時間が長くて十分に遊べないなら転職を検討しましょう。

過労で精神状態が悪くなる人は少なくなく、最悪の場合は自殺を選択している人も存在します。

仕事は重要ですが、プライベートで息抜きすることも大切なので、労働時間が長くて悩んでいるから転職することをおすすめします。

自分の好きな仕事ではない

現在の仕事が自分の好きなことで無ければ、働くことが楽しくなくなるので転職することをおすすめします。

もちろん、自分の好きな仕事で生活できる収入を確保できるという前提条件が必要ですが、興味のないことより好きな仕事の方がやる気も変わるでしょう。

年を重ねるごとに転職は難しくなっていくので、好きな仕事がある場合は出来るだけ早く転職活動することが大切です。

評価基準が曖昧

評価基準が曖昧で、どれだけ頑張っても正当に評価されない企業は、働いていても無駄なので転職しましょう。

しっかりと評価基準が定められて、頑張れば評価される企業に就職すれば、努力次第で昇進や年収アップを期待できます。

今の自分の仕事の成果を正当に評価されていないという不満があるなら、転職するのも選択肢の1つです。

注意点としては、自分のことを過大評価していないか客観的に判断することをおすすめします。自分のことを過大評価していて、会社の評価に満足していない場合は、職場を変えても意味がありません。

客観的な視点から見ても、正当な評価を得ていないと判断できれば、転職を検討しましょう。

退職金が無い

退職金が無い場合は、いつ辞めても金銭的な問題がないので、何か意図がある場合は積極的に転職することをおすすめします。

例えば、半年後に辞めたら退職金が200万円増えるなどであれば、現時点で退職するのは検討した方が良いでしょう。

会社に将来性が無い

会社に将来性が無いと思うのであれば、出来るだけ早く転職することをおすすめします。

会社が倒産した時に一定の年齢を重ねていると、転職するのが難しくなるので注意が必要です。

転職は年齢が若い方が有利なので、会社の将来性に不安があるのであれば、安定している企業に転職しましょう。

福利厚生を受けられない

福利厚生を受けられないで、プライベートに影響が出ている場合も、転職することをおすすめします。

よくある事例として、産休・育休が取れないなどがあります。女性からすると、子供を出産する際の産休・育休が無ければ、精神的にも肉体的にも大きなダメージを負うことになるでしょう。

しかしながら、普通は与えられるはずの福利厚生を与えない企業は少なくありません。

そのような企業で働いてもストレスが溜まるだけなので、福利厚生などはしっかりしている企業に転職しましょう。

体調不良になる

体調不良で働くのが難しい状態の場合は、すぐに辞めて下さい。

無理に仕事を続けると、現在の状態より悪く可能性があります。

また、無理に仕事を継続しても、自分の最大の成果を出すことができないので、会社にも迷惑を掛けることになるでしょう。

仕事に影響が出るほどの体調不良になった人は、今すぐ仕事を辞めることをおすすめします。

スキル・実績が身に付いた

スキル・実績が身に付いて、会社を辞めても個人で稼げる場合は、起業に挑戦するのも選択肢の1つです。

会社員として働いていると、収入に限界があるだけでなく、拘束時間も長くなり自由に暮らすことができません。

自由に生活をしたいと考えている人は、企業に挑戦することをおすすめします。

注意点としては、個人で稼げるスキルを持って会社に辞めないと、企業しても稼げないで会社員時代より苦しい生活になる可能性がある点です。

まずは十分なスキル・実績を身に付けてから、独立することをおすすめします。

仕事を辞めると決める前に確認すること

quit-job-case10_2

今までの記事を読んで、仕事を辞めるのか本気で検討している人も多いでしょう。

そこで、仕事を辞めると決める前に確認するべきことを解説していきます。

退職後のイメージができているのか

退職後にどのような生活になるのか、イメージできる状態になってから退職することで、生活に困る可能性が低くなります。

退職を検討している人の多くは、「転職できるのか」や「生活が変わらないか」という不安を持っているので、しっかりと生活をイメージできる段階で辞めることが大切です。

まずは友達・同僚に相談する

自分だけで仕事を辞める判断をするのが難しい場合は、友達や同僚に相談してみましょう。

まずは自分が辞めたい理由を伝えて、客観的に正しいのか意見を貰うことで、しっかりと判断することができます。

改善策を考えてみる

今の職場に問題点があって辞めたいのであれば、改善できる方法は無いのか検討してみましょう。

人間関係に悩んでいるのであれば、自分からコミュニケーションを取ってみるなど。評価されていないと悩んでいるなら、上司に評価について質問して改善を依頼するなど。

自分が行動することで、会社の問題点が改善される場合もあります。いきなり辞める前に、改善策を検討するのも選択肢の1つです。

転職して状況が変わるのか考える

今の不満な状況を、転職して変えることができるのか考えてみましょう。

例えば、人間関係に悩んでいる場合は、職場を変えることで状況を良くすることができるかもしれません。しかしながら、給料に満足していなくて転職活動しても、今より好待遇で迎え入れてくれる企業がある保証はないでしょう。

本当に転職することで、現在の状況を変えることができるのか判断してから、意思決定することをおすすめします。

今の仕事で結果が出ていない場合は将来も考えて

今の仕事で結果が出ていないという理由で辞める場合は、本当に最善の努力をして結果が出なかったのか検討しましょう。

最善の努力をしていないで仕事を辞めてしまうと、どこの職場に行っても意味がありません。

仕事の向き・不向きはあるので辞めるのも選択肢の1つですが、努力しないで結果が出ていない状態で辞めるのは非常に勿体ないです。

嫌な同僚が少数だったら我慢するのも選択肢

嫌な同僚が少数いるだけで辞めるのも、あまりおすすめしません。

基本的に、どこの職場に行ったとしても気が合わない人は存在します。

全ての人と仲良くできる職場を探すまで転職を続けると一生終わらないので、嫌な同僚が少数だったら我慢するのも選択肢の1つです。

仲の良い人に相談をしながら、上手く職場に馴染む努力をするようにしましょう。

仕事を辞める前にやるべきこと

最後に、仕事を辞める前にやっておくべきことをまとめておきます。

有休消化

仕事を辞める場合は、習得している有給を使い切ることをおすすめします。

有給は労働者に与えられた権利なので、習得しないと非常にもったいないです。

会社が有給の習得を許可しない場合は、労働基準監督に相談することで解決できます。

事前に伝える

仕事を辞める際は、3ヶ月前には伝えることをおすすめします。

法律では2週間前に言っても問題ありませんが、トラブルになる可能性があるのでおすすめしません。

もし3ヶ月前に退職する意思を伝えたにも拘らず、対応してくれない場合は退職代行サービスを利用するのも選択肢の1つです。

転職活動

現在の職場を辞めて転職先が見つからなければ、生活に困る可能性があります。

その為、辞める前に転職活動して、可能であれば内定先を確保している状態で辞めるようにしましょう。

内定が出ている状態で仕事を辞めれば、生活に困ることなく新しい職場で働くことができます。

まとめ

本記事では、仕事を辞めた方が良い10項目のケースや事前に確認すること、辞める前にやるべきことを徹底解説しました。

仕事を辞めたいと悩んでいる人は、本当に辞めるべきなのか客観的な視点から考えることが大切になります。辞めるべきなのか悩んでいる場合は、客観的な意見を得る為に、友達や同僚に相談するのも選択肢の1つです。

もし辞めるという判断をした場合は、できるだけ早く会社に伝えて円満に退社できるようにしておきましょう。

0