【これからの新しい働き方を知ろう】パラレルキャリアの魅力

今では新しい働き方や考え方が出ており、仕事の方法や仕組みも変化してきています。仕事の形態にもいろいろあり、その都度様々な新しい言葉も出てきていますが、パラレルキャリアと言われる言葉を聞いたことがあるでしょうか?

この言葉を聞いたことがない人もいるかもしれませんが、副業が盛んになってきた日本でもパラレルキャリアの意味や目的メリット、デメリットなどは把握しておくのがおすすめです。パラレルキャリアとはどういうものなのか内容を紹介していきましょう。

関連記事:【副業を始めたい方へ!】副業のメリット・デメリットや準備の仕方を知っておこう。

パラレルキャリアとは

parallel-career_1

「パラレルキャリアとはどういう意味なの?」と言葉の意味自体詳しく知らない人もいるでしょう。パラレルキャリアの意味について内容を紹介していきましょう。

パラレルキャリアとは複数の仕事を持つこと

パラレルキャリアは「本業を持ちながら第二の活動をすること」という意味があります。

パラレルキャリアの考え方はオーストラリア人の経営学者である、ピータードラッカー氏が著者となっており提唱しています。パラレルという意味は平行や並列という意味を持ち、パラレルキャリアは「複数の仕事を持つこと」ということです。

欧米などの諸外国では複数の仕事をして収入を得ているのは常識となっています。パラレルキャリアを日本でも行うことができれば大きな収入アップの見込みを行える可能性があります。

パラレルキャリアは副業とは違う

パラレルキャリアは日本では副業という考え方をしている人もいるかもしれません。しかし、パラレルキャリアは副業ではなく、複数の本業を持つことが定義です。

以前の日本では仕事は1つのみであり、副業を持って仕事を行うことは提唱されていませんでした。しかし、今では日本も本業以外の副業を始めて収入を得ることが浸透してきており、実際に副業で成功を収めて大幅な収入アップとなった人もいます。

そのため、副業をしていることで「パラレルキャリアを行っているという」と認識をしている人もいます。しかし、パラレルキャリアは本業と同じくらいの意気込み、または本業と同じくプロフェッショナルな仕事内容をしている人です。本業と比較して副業に対してやる気が少ないなら、それはパラレルキャリアとは言いません。

そのため、日本で行っている副業とパラレルキャリアでは意味が違ってくることも覚えておきましょう。

パラレルキャリアの目的とは

parallel-carrier_3

「パラレルキャリアとはどのような目的で行うの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。パラレルキャリアと副業でも意味が違うので少し混乱してくる部分もありますが、目的が分かれば、やり方も理解できます。パラレルキャリアはどのような目的で行うのかポイントを解説していきましょう。

スキルアップや経験など自分のしたいことをする

パラレルキャリアの目的は収入アップをすることではなく、自分のやりたいことを優先することが1番の目的です。副業を行う目的として複数の仕事を行なって収入を上げることを目的としています。

副業による収入をアップするために自分で起業を行う、新しく仕事をしてお金を稼ぐなど行動します。日本人が仕事をするのはこのように収入アップを目的としていることが大半でしょう。

しかし、パラレルキャリアは仕事をする意欲が大事であり、収入は2番目や3番目の位置付けとなっています。本業では行えない体験や経験をすることが目的なので、仕事内容によっては収入がほとんど無いこともあります。

収入を目的とせずに、自分のやりたいことを行うことがパラレルキャリアと思っておきましょう。

時間を有効的に用いられることも

パラレルキャリアは必ずしも収入を目的とはしませんが、時間を有効的に用いるための1つの方法として考えることもできます。人によって時間の有効性に違いはあるはずです。例えば、会社で仕事をすることが好きな人であれば、たくさんの時間を会社のために費やすことが有意義に感じるでしょう。

それで自分の思いが満たされるなら、有効的な時間の用い方です。しかし、今では時間の使い方も多様性となっており、ボランティア活動を行うことを重視する人、異業種交流会を行うことなど、個々によって有意義な時間は違います。

パラレルキャリアは選んだ仕事によって、自分の心が満たされて「有効的な時間となっている」と感じることも大事です。自分のやりたい目的をしっかり定めて行うことがパラレルキャリアの1歩となるでしょう。

パラレルキャリアの始め方

parallel-carrier_2

パラレルキャリアの目的や意味を理解したなら、後は始め方を知っておくことも大事です。パラレルキャリアを始めるためにはポイントもあるので、その点を理解しておきましょう。内容を解説していきます。

やりたいことを考える

パラレルキャリア始めるためには、まず「自分がやりたいことは何だろう?」と考える必要があります。自分が作業していて楽しいこと、続けられること、好きなことを自己分析する必要があるでしょう。

例えば、自分が続けていることが筋トレであるなら、「なぜ続けているのか?」という点を分析します。筋トレをすることで「自分の体が鍛えられていくことが好きだから」、「健康を維持したいから」など続けている理由も人によって違うでしょう。

そのため、まずは自分の好きなこと、やりたいことを深く考えて好きな理由を明確化していくのがおすすめです。自分のやりたいことが分かれば、次に自分の好きなことがどのように人のためや社会のためになるのかを考えることができます。

誰かのために行うことを実感することはやりがいをかなり感じられるので、自分の意欲を湧き立てることが可能です。自己満足だけでは長く続けていくことは難しいため、自分の好きなことで、いかに誰かのためになるのかを考えるのが良い方法と言えるでしょう。

活動をSNSなどで発信

パラレルキャリアとして計画を持つことができ、成立できる予感があるなら活動を多くの人に認知してもらうことが大事です。認知してもらえなければ依頼をもらうこともできず、仕事として成立しないからです。

多くの人に認知してもらうためにはSNSを利用するのがおすすめです。SNSは多くの人が利用しており、画像や動画などでより鮮明に相手に内容を伝えることができます。自分のしたい活動をInstagramやTwitterに投稿するなら多くの人が内容を見てくれて興味を持ってもらえることが期待できます。

SNSを利用して情報を提供するときは役立つ情報や訴えかける内容を投稿しておくのがおすすめです。自分がしたいことでどんな貢献を行えるのか内容を記事にしておくことで閲覧した人にもイメージが分かりやすくなるからです。

多くの人に内容を把握してもらえることを心がけましょう。

依頼をこなしていく

自分の行いたいことが認知されてくれば知人や友人、企業などから依頼がくることもあります。依頼が来た際に交渉して行動していき、成果を収めることができれば、信頼を得ることができるようになり、自分のやりたい活動が軌道にのっていきやすくなります。

ただ、依頼が来た際には自分が意欲的に行える内容なのか、自分の目的と合っているのかを確認することが大事です。情報発信をしていても自分と依頼主の考え方でずれが生じていることもあります。まずは認識がお互いに合っていることを確認して、作業を行うようにしていきましょう。

最初は依頼が少ないはずですが、続けていくなら認知度が高まり仕事の数も増えてやる気も上がってきます。直ぐに成果を期待するのではなく長期的に見ておくのがいいでしょう。

パラレルキャリアのメリットとは?

parallel_4

「パラレルキャリアを行うことでどのようなメリットを得ることができるの?」とパラレルキャリアを行うメリットについて知りたい人もいるでしょう。パラレルキャリアを行うことができれば、以下のようなメリットを得られるため明記しておきましょう。

自分の日常生活が楽しくなる

パラレルキャリアを行うことで自分の日常生活を楽しくさせることができます。パラレルキャリアは自分の夢を実現させることができるチャンスになるため、自分がやりたかったことに向けて活動できます。

例えば、自分はサッカーを教える仕事をしたかった人も現在では事務職に就いており、やりたかった仕事とは別のことを行っている人もいるでしょう。そのような人もパラレルキャリアによってサッカーの指導をボランティア、または少ない費用によって指導できるなら、やりたかったことを行うことができます。

自分のやりたかったことを実現することができれば、日常生活も楽しくなり、毎日意欲的に活動することができます。収入面で期待通りにならなくても、自分のしたいことができているのは自分の中で大きな生きがいとなるはずです。

日々の生活で意欲を失っている人ややりたいことを諦めきれない人はパラレルキャリアを始めてみることができるでしょう。

自分の会社設立のための自信を持つことができる

会社で働いている人の中には「自分の会社を持ちたい」と考えている人もいるでしょう。しかし、起業して会社を設立するには計画性や資金、経験などが大事になってくるので、始めたくても自信を持てない人もいます。

そのような人もパラレルキャリアを利用するなら自信を持つことが可能です。会社設立の経験やノウハウを知るためにフリーランスを始めて、収入がどれくらい得られるのか、実際の経営作業はどう行うのかについて知ることができます。

フリーランスを副業とするなら、収入面で「実際に本業に移したならどれくらいの収入を得られるのか」という点が明確に計算しやすくなり、自分が本来やりたい仕事への自信を少しずつ積み重ねていくことができます。

起業することが目的の人も、パラレルキャリアから始めることで実現への道を進んでいくことが可能です。

自分の経験や知識が豊富になってくる

パラレルキャリアを行うなら、自分の知識や経験が豊富になってくることも期待できます。1つの仕事を集中して行うならスキルを磨くことができますが、その特定の分野のスキルしか伸ばすことができず、経験や知識の点では幅広く伸ばすことはできません。しかし、パラレルキャリアを始めて仕事以外の活動を行うなら、様々な観点から仕事や社会を見ることができるようになり、同時に別のスキルの向上や経験も身に付きます。

例えば、事務職だけの仕事をしている人なら書類関係の仕事や処理に関してはスキルの向上が見込めます。しかし、パラレルキャリアでピアノの講師や料理の先生などを始めるなら、ピアノや料理のスキルはもちろん、教え方や費用の計算など、いろいろな分野の知識と経験が増えていきます。

1つの分野に特化してスキルを磨くだけではなく、複数のあらゆる分野に特化してスキルを磨くことができれば視野も広がり人格面や分析力という点でも向上することができる見込みがあります。

精神面をリフレッシュでき、モチベーションアップにつながる

パラレルキャリアを行うことで仕事のストレスをリフレッシュしてモチベーションを高めることができることも期待できます。パラレルキャリアは本業以外にも自分がやりたい活動を行います。それが仕事の人もいればボランティアの人もいるでしょう。

本業の仕事だけをしている人は、ストレスがあったときに発散することが難しい場合があります。趣味などを持っている人であればリフレッシュできるかもしれませんが、仕事一筋の人は精神的な負担をずっと抱えてしまうこともあるからです。

しかし、パラレルキャリアによって本業以外に打ち込むべき活動があれば、ストレス解消につながることもあり、気持ちを新たにリフレッシュして仕事を行うことも可能です。また、パラレルキャリアによって仕事とは違う考え方に触れることもできるので、本業をするときの参考や良いアイデアの場となることもあります。仕事の息抜きとしてパラレルキャリアを行ってみるのも良い方法です。

人脈が広がることも期待できる

パラレルキャリアを行うことで自分の人脈が広がる可能性もあります。本業の仕事だけであれば、出会う人は同じ職場の人のみであり、人脈を広げるという点では狭いと言えるでしょう。また、同じ職場の人であれば話題なども限定されてくるため、知識を深める点でも限界があります。

しかし、パラレルキャリアであれば普段仕事をしている人とは違う人たちと関わることになるので、本業以外での人脈ができます。

また、パラレルキャリアでもみんな真剣に活動しているのでコミュニケーションもしっかり取るので人間関係も深めることができ、自分の新たな発見や性格を変化させることも可能です。

例えば、ネガティヴな思考であった人が、パラレルキャリアによって人脈が広がったことでポジティブな思考に変わることもあります。人脈が広がることで新たなスキルの習得や楽しさを味わうこともできるため、収入がゼロでも自分の人生を豊かにしてくれます。

人脈という点に期待してパラレルキャリアを行うこともできるでしょう。

デメリット

parallel_5

パラレルキャリアを行うなら、たくさんのメリットを得ることができますが、デメリットもあるため、それも確認しておくことが大事です。パラレルキャリアにはどのようなデメリットがあるのか紹介していきましょう。

収入が得られるとは限らない

パラレルキャリアは副業のように収入アップを目的としているのではなく、自分のやりたいことや意欲を目的として活動を行います。そのため、収入が増えるとは限らず、ボランティアであれば無収入、またはマイナスになってしまうこともあります。

パラレルキャリアによって得られる人脈やモチベーションアップは期待できても収入が増えることは期待できないので、自分が収入と意欲どちらを重視しているのか考えてから決定する必要があるでしょう。

計画性が必要

パラレルキャリアは本業の仕事以外に活動を行うため計画性が大事になります。しっかり計画して仕事を行わなければ時間が無くなり仕事トパラレルキャリアの両立を行うのが難しくなってしまいます。

もし、本業とパラレルキャリアの繁忙期が重なってしまったなら、スケジューリングがうまくいかずに大きな失態を生んでしまうこともあります。また、自分の体力のペース配分が上手くいかないと、体調を壊してしまうこともあるため、しっかりと計画しなくてはいけません。

本業とパラレルキャリアのどちらもしっかり行えるか自己分析してみましょう。

まとめ

パラレルキャリアを行うなら自分の人生を豊かにできる要素が含まれているので、自分のモチベーションや経験を増やしたい方は考えてみることができます。もちろん、注意点もありますが、しっかり並行を取れれば人生を楽しくすることができます。副業だけでなくパラレルキャリアも十分自分にとって良いメリットとなるでしょう。

0