【今こそ向き合う時】女性社員から嫌われる男性社員の特徴とは?

会社ではいろいろな人が働いているため、仕事業務を真面目に行うことも大事ですが、良い人間関係を築くように行動することも大事です。特に、男性と女性では考え方も違うので職場に女性の方がいるなら、自分の言動はより注意しなくてはいけません。

自分が「良い」と思っていることも女性社員から見ると嫌悪感を抱き、嫌われてしまうことがあるからです。女性社員に嫌われないように嫌われる言動についてしっかり内容を把握しておくようにしましょう。

女性社員から嫌われる男性社員の言動とは

dislike-male_1

職場で男性社員が女性社員に接するときは、少し注意しておかないと嫌われて仕事がうまくいかないことがあります。女性社員から嫌われる男性の特徴としては以下のような点があります。自分は行っていないのか確認してみましょう。

馴れ馴れしく接してくる

男性は女性社員の方と仲良くなろうと馴れ馴れしい態度を示す人もいるでしょう。ただ、女性社員にとっては信頼関係もできていないのに馴れ馴れしく接してこられる男性は嫌悪感を抱かれ、嫌われてしまう原因となります。

女性社員に接する際の馴れ馴れしい態度には、例えば「〇〇ちゃん」と言うこと、呼び捨てで名前を言われること、タメ口を聞くことなどがあります。年上の上司の男性でも馴れ馴れしくタメ口などで接するなら、女性社員の方は気分的に良くありません。

よくコミュニケーションを取って信頼関係ができている状態であれば、呼び方や多少馴れ馴れしく接してくる態度は問題ない場合もあります。ただ、信頼関係があってもボディタッチなど、行きすぎた行動は最悪セクハラとして訴えられる可能性もあるため危険です。

良い関係を築こうと友好的な態度を出すことは大事ですが、馴れ馴れしさは出さないように注意しておきましょう。

不潔な印象の男性

女性社員は不潔な男性社員の場合、どんなに性格が良くて仕事ができる人であっても嫌悪感を抱き好きにはなれません。女性は美しさを意識するため、身なりで清潔感を保てていない男性は生理的に受け付けられないことがあります。

女性社員が「不潔な人」という印象を受ける部分は、例えば髪はびボサボサでフケが出ている、ヒゲがしっかり剃れていない、肌がベタベタしていてテカリがある、普段している机が整理されておらず散らかっている、などです。

女性社員は細かい部分まで相手を見ることがあるので、少しでも「不潔」と感じる部分があるなら嫌いになってしまいます。自分は「清潔にできている」と感じても、髭剃り残しなど細かい部分を見られて、自分に近づかなくなるなら、嫌悪感を抱かれている可能性があります。

職場で働く以上、清潔感を維持することは大事であり、女性社員から嫌われないように鏡でチェックするようにしましょう。

愚痴をこぼすことが多い

愚痴をこぼすことが多い男性も女性社員から嫌われてしまう特徴です。仕事をしているなら自分のやり方や価値観に合わないこと、また不平不満を感じることがあるでしょう。職場で多くの人と接する仕事であるなら、より不満を感じてもストレスが溜まってしまいます。

ただ、職場の不平不満を女性社員に常に言っている人は女性社員からリスペクトを受けにくいです。不平不満などの愚痴を聞くことは不愉快な気持ちになるため、女性社員は「惨めな人」「男性として頼りない」という嫌悪感を抱くことがあります。

愚痴と捉えられる言葉は、例えば「上司は無能で嫌だ」「営業なんかしても無駄」「この会社はダメ」などの不満を口にすることです。女性社員は問題が起きても文句を言わずに自分で解決しようと努力する男性に好意やリスペクトする傾向があります。

そのため、会話をしていて女性が嫌な顔をしているようであれば、自分でも気付かないうちに不満を言っている可能性があります。普段の自分の会話の内容に注意しておきましょう。

相手に合わせる協調性がない人

相手に合わせる協調性がない男性も女性社員から嫌われる特徴です。職場は1人ではなく多くの人と連携して仕事を行います。そのため、時には自分の意見を押し通すだけでなく、相手に意見に合わせて行動することも大事なため、協調性を示さなくてはいけない場合もあります。

ただ、自分の意見を押し通そうとして、いつも言い争いや口調が厳しくなる人はトラブルメーカーという印象を持たれるので、女性社員だけでなく男性社員からも近付きにくい雰囲気を持っています。

女性は平穏に仕事ができる環境を望んでいるので、言い争いを引き起こして周りに迷惑をかけるような人は嫌悪感しか抱きません。もちろん、仕事の場合は意見がぶつかることもあり、妥協できない部分もあるでしょう。

ただ、意見の押し通し方が相手を罵倒するようであれば、女性からは「大人気ない」と見られ「信念がある人」という見方はされません。普段から仕事で口調が激しくなる人は言葉遣いに注意しておく必要があります。

人の話を聞かずに上から目線で話す

人の話を聞かずに常に上から目線で話をしてくる人も女性社員からは嫌われます。仕事をするときはコミュニケーションが大事であり、自分の意見も言いますが相手の意見を聞くことも大事です。ただ、一方的に自分の話ばかりして相手の意見を聞こうとしないなら、女性社員はストレスが溜まります。

例えば、「お前の意見は聞いていない」「俺の言う通りにしておけばいいんだ」など、一方的に自分の意見に従わせようとすると、女性社員は相手を信頼することができず良い関係を築くことはできません。また、常に上から目線で命令口調になる人も女性は嫌悪感を抱きます。

「自分の方が上だ」と普段から見下しているなら態度に表れるので、相手もその気持ちが分かってしまいます。上から目線の態度は例えば、目を見ずに指示だけ行う、道具のように気持ちを考えずに言いたいことだけ言うなどです。

女性社員だけでなく高圧的な態度を持つ人はどんな人からも嫌われてしまいます。相手を見下すような言い方や気持ちを持っている人は考え方を変える必要があるでしょう。

相手によって態度を変える

相手によって態度を変える人は、女性社員からも嫌われる原因となるでしょう。仕事で働くなら、相手によって対応を変えなくてはいけないこともあります。例えば、同僚と取引先の相手ではマナーへの意識に違いが出るので態度が変わるのは理解できる部分です。

しかし、会社の中で相手によってかなり態度を変えてしまうなら、女性社員だけでなく周りの社員も「嫌な人」と言う印象を受けます。例えば、自分には高圧的な態度を取りながら上司の方にはゴマをするような態度、自分には雑な仕方で仕事を引き継がせるのに、他の女性社員には丁寧に教えるなどです。

相手によって態度を変える人は「信用できない人」「生理的に受け付けられない人」という印象を持つため、好感を持たれることはありません。露骨に態度を変えている人は周りの女性社員の評価を得ることはできないので、場所やタイミング、言葉、仕草などに注意して相手に接することが大事です。

短気で直ぐに怒ってしまう

直ぐに怒ってしまう人も女性社員からは嫌われてしまうことが多いです。女性は僅かでも相手の反応を敏感に感じ取るため、一言でも「どういう意味なのだろう?」と裏にあることを読み取ります。そのため、何かを話すときも細心の注意が必要ですが、その中で怒りをぶつけられると萎縮してしまいます。

直ぐに怒鳴ったり叱責されたりすると相手の感情をもろに受けてしまうため、女性にとっては大きなストレスとなってしまいます。激しく怒られてしまうと精神的にダメージを受けてしまいやすく「あの人とは接したくない」という気持ちになってしまいます。

また、怒られる理由が妥当なものであれば割り切ることもできますが、自分勝手な理由で怒るなら自分で対処することができず、相手の気分次第となります。突然に理不尽な理由で怒られることは女性関係なく誰もがストレスになります。

普段からイライラしたり少しのことで怒鳴ったりしてしまう人は、社員の信頼を得られないため、感情を抑えられるように努力しましょう。

否定ばかりして自分をリスペクトしてくれない

否定ばかりしてリスペクトしてくれないなら、女性社員だけでなくどんな人からも嫌われてしまいます。仕事をしているならミスや間違い、また意見が異なることで否定的な反応を示すこともあるでしょう。ただ、女性は否定的な意見を受け入れる耐性が弱い人もいるので、否定する際には注意しなくてはいけません。

例えば、仕事の業務の際に「無理に決まっているじゃん」「何を言っているの?」など、否定するにしても口調が強く相手を責めるような感じで言うなら、女性は嫌悪感を抱きます。特に否定ばかりして何も解決策やアドバイスを提示してくれないなら、女性側としても「ただ自分をいじめたいだけなのでは?」と相手の性格や考え方を疑ってしまいます。

否定的な反応ばかりして、相手を責めるようなことをするなら、女性社員はもちろん、他の社員からも信頼を失い、仕事に支障をもたらす場合もあります。自分がいつも否定気味であるのかどうか考えてみてください。

女性社員から嫌われないために日々行えること

dislike-male_2

女性社員から嫌われてしまうと、仕事がスムーズに行かなくなり、最悪辞められてしまって人材不足になることもあります。

そのため、女性社員から好かれるまでは行かなくても嫌われないように行動することは大事です。どのような行動を取ることが大事なのか以下のポイントを考慮しておきましょう。

普段から落ち着いて行動できるように努力する

女性社員が自分の言動でストレスや気分を害さないように、落ち着いて行動することを心がけてください。落ち着いて行動することができれば、女性社員が嫌うような行動をかなり抑えることができます。

例えば、何かミスがあったときに指摘する際も、自分の感情任せにしてしまうとミスばかり注目相手、相手を責めてしまうことがあります。しかし、一旦落ち着くことでミスだけでなく改善案を提示することもできますし口調も和らげてストレスを与えないようにすることも可能です。

普段からせっかちな方や相手の悪いところに目が行きがちな人であれば、特に落ち着きは大事なことです。少し一呼吸置くだけでも自分がどんな言葉をかけてあげることができるのか考えることができます。落ち着きをモットーに相手に接するようにしましょう。

コミュニケーションを取るように心がける

コミュニケーションを取るように心がけることも大事です。信頼関係を築くためには相手の話をよく聞いてあげることが大事であり、お互いの理解を深める必要があります。そして、会話をするときは、できるだけ女性の方に質問をして相手の話を聞くようにすることを心がけましょう。

自分の話を一方的に行うなら、相手がただ聞いていただけになり、信頼関係を築くことはできません。また、職場の中の会話だけで終わらず、時には一緒に食事をしてコミュニケーションを図ることもできます。相手によりますが仕事以外の姿を見せ合うことでも親睦を深めることができるので、相手を知るようにすることを心がけましょう。

節度を保った関係を明記する

節度を保った関係を築くことを重視する必要があります。男性社員の中ではお互いにストレスなく何でも話せる関係を築こうとして、タメ口などで親近感を感じさせようとします。しかし、上記でも紹介したように馴れ馴れしい態度は逆に相手から嫌悪感を抱かれて嫌われます。

馴れ馴れしく接することが親近感を感じさせるのではなく、節度を持って相手に接することが信頼関係を築きます。例えば、敬語を用いて話をする、男性と女性で接し方を変えず一貫しておくなど「女性社員だから」と言う理由で態度を変えないことが大事です。節度を保って相手に接するなら、女性社員からもリスペクトされ一目置かれる存在になるはずです。

女性社員から信頼される人になろう

dislike-male_3

職場に女性社員がいるなら、嫌われるような態度や接し方をしないように注意する必要があります。女性社員から嫌われるなら、仕事がスムーズにいかなくなる、職場の雰囲気が悪くなるなど弊害が出ます。信頼してもらえるように言動に注意しましょう。

0