男性社員から嫌われる女性社員の特徴とは?

会社の中にはいろいろな人がいるため、しっかり人間関係を築くことも大事です。特に、職場の中で周りの社員から嫌悪感を抱かれてしまうと、仕事に悪影響が生じることもあるため、しっかりいい関係を築くことができるように対応する必要があります。

職場で異性がいるときは特に考え方に注意が必要であり、女性社員の何気ない行動が男性社員から嫌われてしまうことがあります。女性社員はどのようなことをすると男性社員から嫌われるのか特徴と対策を紹介します。


【関連記事】

dislike-male

男性社員から嫌われる女性社員の特徴

dislike-female_1

女性と男性では考え方などに違いがあるため、注意していないと嫌われてしまう可能性があります。男性社員から嫌われる女性社員には特徴があるので、自分に当てはまっていないのか確認してみてください。

話が長い

女性は会話をしていると話が長くなることがあります。話の内容をしっかり相手に伝えようとして細かい部分まで相手に伝えようとする傾向があるからです。もちろん、仕事の際は話が具体的で細かい部分をフォローできるのは大事なポイントです。

しかし、何でも話を長くしてしまうと要点がぼやけてしまったり、集中力が切れてしまったりすることもあります。男性は簡潔にまとめて話をすることが多いので、話が長くなるならイライラしてしまうことがあります。

「これは言っておかなければいけない必要な情報」と女性社員は思っていても、実際には関係ないものが多く入っており、話が長くなると男性社員から嫌われてしまうことになります。

結果から話をし、過程に関してはある程度省いて質問されたときに説明するようにするなら、男性社員は嫌悪感を抱くことはないでしょう。話の長さに注意しておきましょう。

口調がきつく態度が大きい傾向にある

口調がきつく態度が大きく傾向にあるなら男性社員から嫌われる傾向にあります。仕事をしていると相手がミスをしたり、自分の思うような結果を残せなかったりすることがあるでしょう。

その際にきつい口調で叱ることや批判をしてしまうと男性社員はプライドを傷つけられて嫌う傾向にあります。仕事上であれば「多少きつく言ってしまうのはしょうがない」と考える女性の方もいるかもしれません。

しかし、口調がきつくて嫌悪感を抱かれるなら、男性社員は仕事を「生意気」と思い、近よることがなく、仕事も集中できず職場に悪影響が生じることもあります。そのため、口調がきつくならないよう声のトーンを抑えることやきつい言葉使いをしないようにする必要があります。

特に責任ある立場にいる女性社員の場合は少しの口調で「生意気」と嫌われることがあるため、笑顔を見せるなど対応に注意しておくことが必要です。

感情的になって怒ってしまうこと

感情的になって怒ってしまう傾向にあるなら男性社員から嫌われてしまいます。仕事をしているとトラブルや自分の意見を主張するために感情的になってしまうこともあるでしょう。もちろん、仕事では熱意を見せるために感情的になることも必要です。

ただ、何でも感情的になってしまうなら、男性社員からは嫌悪感を抱かれてしまいます。例えば、仕事でトラブルが生じたときに理由もなく怒ってしまうことや、自分のイライラを相手に当たるように罵倒してしまうときなどです。

もし、感情的に相手に怒りをぶつけるようであれば、怒られた側は理不尽さを感じてしまい、気分を害します。しかも、感情的なので相手はどうにも対処することができないので「近づきたくない」と感じてしまい嫌われてしまいます。

感情的に何でも行動してしまうなら、相手から好かれることは難しく、仕事の際もお互いにストレスを感じてしまいます。感情のままに行動している人は注意するようにしましょう。

派閥などの好き嫌いで考えてしまう

好き嫌いが激しく派閥などを作ってしまう人は男性社員から嫌われてしまうでしょう。女性は好き嫌いが表に出てしまい、好きな人でグループを作ってしまうことがあります。好きになる理由は考え方や価値観が似ている、また同じ装飾品を使用しているなど、いろいろな理由があるでしょう。

もちろん、人によって好みが分かれることはありますが、それが仕事に影響が出てしまうなら、傾向としては良くありません。好き嫌いが出てしまうなら、例えば誰かの仕事のミスは大目に見ても、片方の誰かに厳しく接するなど不公平さが生じてしまうからです。

好き嫌いにより仕事の加減や対応を変えるなら、プライベートと仕事が混ざってしまっているので、男性社員としてはやりにくいです。男性の場合も好き嫌いは生じますが「自分の感情と仕事は別」と割り切っている部分があり「好みで仕事に影響を出すべきではない」と考えている人も多いです。

そのため、派閥や好き嫌いで仕事で支障が出るようであれば、男性社員から好かれることはありません。

休憩ばかりで真面目に仕事しない

仕事を真面目にせず休憩ばかりな人も男性社員からは嫌われます。女性社員の中には業務を少し行うごとに給湯室へ行って同僚の女子社員とおしゃべりをすること、またトイレに何回も行ってお化粧直しやスマホをいじることもあるでしょう。

仕事中のトイレや給湯室など休憩は個人的に任している会社もありますが、休憩ばかりで仕事が進んでいないなら、男性社員は「休憩ばかりで仕事を真面目にしていない」と考えます。職場は仕事をしに来るところであり遊びに来るところではないのは確かです。

そのため、職場で休憩ばかりして作業が進んでいないなら、男性社員はその女性社員に嫌悪感を抱きます。まだ、定期になると直ぐに帰宅準備をする人も注意が必要です。みんなが残業などで定時以降も仕事をしているのに、自分だけいつも早提示通りに帰るなら、職場の男性からは嫌われてしまうこともあります。

繁忙期などで忙しい時期など、みんなが仕事を頑張っている時は自分も空気を読んで少し残業するのが良いです。

弱音を直ぐに吐いてしまい甘えてくる人

弱音を直ぐに吐いてしまう女性社員も、男性社員からは嫌われてしまう傾向があります。仕事をするときは自分の力で行うことが基本ですが、作業内容によっては上司や同僚のサポートを必要とすることもあるでしょう。

もちろん、自分の努力では難しいときはサポートに頼るのは問題ありません。しかし、明らかに簡単な作業でも「少し手伝って欲しいんですが」と何でもサポートをお願いするなら女性社員はもちろん、男性社員も「これくらいは自分でやってくれ」と思います。

また、仕事のときに声が小さく聞き取りにくいとき、少し怒られると泣いてしまうなど、自分の自信の無さが出てしまう人も男性社員からすると「しっかりしてくれ」と思うこともあります。

仕事ができないことで弱音を吐いてしまうことや直ぐに甘えてくる態度を見せるなら、男性社員からは嫌われてしまい、扱いが難しい人になってしまいます。

気まぐれに行動してしまう

気まぐれに行動してしまう女性社員も男性社員からは信頼されにくいので注意が必要です。気まぐれな人は気分によって自分のモチベーションが変わってしまいます。

例えば、仕事で褒められたなら、モチベーションが一気に上がって仕事にやる気を見せますが、何かミスをしたときに指摘を受けたなら、モチベーションが下がって途中で帰宅することもあります。

人は気分の上がり下がりは付きものですが、気分で仕事に影響が出てしまうなら男性社員はやりにくさを感じてしまいます。

気分によって言うことがコロコロ変わってしまうなら大事な仕事を任せることはできませんし、興味があること以外に無関心であれば、コミュニケーションを取るのも神経を使います。

気分で自分のやり方が変わる人は男性社員は面倒くさく感じてしまい、イライラする原因ともなるので嫌われてしまうことがあります。

ネガティブ思考になってしまう

業務に対してネガティヴな思考になってしまうなら、男性社員から好かれることはなく魅力も感じません。仕事でネガティヴな女性社員としては、例えばいつも表情が暗く、話をしていても無表情な人、仕事をするときに自分ができない理由を挙げて避けようとすること、いつも愚痴をばかり言うなどがあります。

仕事に対していつもポジティブな思考を持つことは難しいこともありますが、ネガティブな思考になってしまうなら相手は「頼りない」「自分までモチベーションが落ちる」と考えるので、良い気分はしません。

特に、職場で大きなプロジェクト企画があったときやノルマの達成にみんながやる気を出して取り組んでいるときに、ネガティブな思考で水を差すような言動を行うなら、男性女性社員両方から悪い印象を受けることになり嫌われてしまいます。性格的にネガティブであるなら、せめて態度や言葉に出さないように注意しておくことが大事です。

男性社員に嫌われないように対処する方法

dislike-female_2

女性も含めてですが、誰しも職場では嫌われないように行動したいでしょう。そのため、男性社員に嫌われないようにポイントを押さえておくことが大事です。どのようなポイントを押さえておくことが大事なのか内容を紹介しましょう。

前向きな姿勢でいるように努力する

前向きな姿勢でいるように努力することが大事です。仕事でトラブルや困難に遭遇したとき女性であれば落ち込んでしまい「自分はどうしようもない」と自責の念に駆られて、さらに落ち込んでしまうこともあります。

しかし、そのようなときに「これも今後は自分の糧となるはず」「次、仕事で成功すれば良い」と前向きでポジティブな考えをするなら、モチベーションをある程度安定させることができます。

モチベーションを安定させることができれば感情に左右されて仕事が手に付かなくなることを防ぐことができ、周りを励ますこともできるため、男性社員から好かれる要因となります。

男性は仕事を前向きに行う人はリスペクトする傾向があり、相乗効果により自分もやる気を出すので「近付きたい」と思います。ネガティブな思考になりやすい人は何かポジティブな要素を見つけるようにして意識的に改善していくようにしましょう。

常に感謝の気持ちを忘れない

常に感謝の気持ちを忘れないことも大事です。好かれる人は仕事成果を出した人やサポートを受けたときに感謝の気持ちを表します。感謝の気持ちは「ありがとう」と言うこともできれば、何か簡単な物を相手に贈ることもできます。

感謝の気持ちを忘れない人であれば同僚からも「またサポートしてあげよう」と言う気持ちになりますし、男性社員からも好かれる人にになります。しかし、サポートなどを受けても当然のように振る舞い、感謝をしないようであれば男性に関わらず、嫌われる人になるでしょう。

そのため、職場では常に感謝の気持ちを持つことが大事です。また、感謝を表すときに相手に配慮を示すことができれば、尚相手から好かれます。丁寧語や「この部分が自分には助かった」と言うことを伝えるなら、自分の印象は良くなるはずです。ぜひ、配慮と感謝を忘れないようにしましょう。

人の意見を聞く

人の意見を聞くように心がけましょう。仕事をしているなら助言やアドバイスをされることもあるでしょう。ただ、アドバイスをしても全く聞いてもらえず無視する態度を取るなら、男性社員もがっかりします。

人の意見に耳を傾けてアドバイスをくれたことに感謝するなら、男性社員も「意見を聞いてくれるいい人」「成長できる人」と言うように高評価を得てくれます。そのため、人の意見を聞くようにすることは大事です。人の意見を聞く態度を持つなら、相手も自分のことを評価して好かれることができるでしょう。

男性社員から好かれる人になろう

dislike-female_3

男性社員から好かれる人になることは大事です。男性社員から好かれる人になるなら職場の雰囲気も良くなり、みんなの仕事のパフォーマンスも向上することが期待できます。ぜひ職場で好かれる人になれるようにしましょう。

0