人材の定着率が高い会社に共通する特徴

人を定着させることができず、採用に何度も力を入れている状態の企業は多いでしょう。また、離職率が高く人材不足に悩んでいる企業も多いはずです。

そこで本記事では、人が定着しやすい企業に共通する特徴やポイントを徹底解説しました。それだけでなく、人が定着する会社を作るべき理由などもまとめています。

会社の離職率が高く、少しでも人材を定着させたいと考えている企業は、是非最後までご覧下さい。

人が定着する会社を作るべき理由

human-resources-fixation-company_1

まずは、人が定着する会社を作るべき理由を紹介していきます。

これから紹介する理由が良いと感じるのであれば、人が定着する会社作りを目指した方が良いと言えるでしょう。

離職率を減らせる

人が定着することで、離職率を減らして人材不足の問題を解消することができます。

人材不足で悩んでいる会社は、離職率が高いという問題を抱えていることが多いです。

離職率が高くなると、既存の従業員の負担が大きくなり、さらなる人材不足に発展する可能性も考えられます。

少しでも離職率を減らすために、人が定着する会社作りをした方が良いと言えるでしょう。

優秀な人材が多くなる

人が定着する会社は、優秀な人材が辞めずに働き続けるので、徐々に優秀な人材が多くなってきます。

優秀な人材が多くなれば、会社の利益が増えるなどの享受を得ることが可能です。

もし優秀な人材を増やしていきたいのであれば、人が定着する会社作りは必須と言えるでしょう。

人材育成のコストを減らせる

離職率が高いと新しい人材を採用しなければいけないだけでなく、育成も行わなければいけません。

人材育成は将来的に利益になりますが、育成して利益を作れる人材に育つまでは、人件費だけでなく育成コストの部分でも会社の赤字になります。

それだけでなく、人が定着しない会社は、新人が育成して会社に利益を残せるようになるまでに退職されるケースも珍しくありません。

人材育成のコストを削減したいのであれば、人が定着する会社を構築することが大切になります。

人が定着しやすい会社の特徴

human-resources-fixation-company_1

それでは、具体的に人が定着しやすい会社の特徴を紹介していきます。

これから紹介する特徴に会社を当てはめていくことで、人が定着する会社を構築することが可能です。

給料が高い

給料が高い企業は、人が定着しやすいという傾向があります。

注意点としては、同業他社と比較して給料を高く設定しなければいけない点です。

例えば、介護・飲食業界は平均給料が低いと言われていますが、平均給料が高いコンサルティング会社などが、介護・飲食業界と比べて高い給料を用意していても意味がありません。

コンサルティング会社の場合は、他の同業他社であるコンサルティング会社より良い給料を用意する必要があります。

同業他社と比較して、自社の給料がどれくらいなのか把握しましょう。特に、離職者が同業他社に転職している場合は、給料が原因の可能性が高いので注意が必要です。

福利厚生が充実している

どれだけ給料が高くても、福利厚生が充実していなければ離職率は高くなります。

ボーナス支給や産休・育休の有無、有給の習得率や週休2日など必要最低限の福利厚生は絶対に準備しておいた方が良いでしょう。

会社に余裕があるのであれば、従業員が喜ぶ会社独自の福利厚生を用意するのもおすすめします。

人間関係が良い

人間関係に悩まされて、職場を辞める人は非常に多いです。

まずは職場の人間関係がどのようになっているのか把握しなければ、どのように改善していくのか道筋を立てることができません。

人間関係で辞めていく人は基本的に会社に理由を伝えないので、なかなか現場に出ていない社長などが把握できない傾向があります。

明らかに従業員が不自然に辞めている場合は、現場に立って人間関係などに問題が無いのか確認しましょう。

教育環境が整っている

しっかりと教育環境を整えずに、急に現場で働かせて経験を積ませる会社もありますが、従業員に大きな負荷が掛かっている場合があるので注意してください。

最低限の教育環境を整えなければ、従業員は現場で何度も怒られるなど、負担が掛かってしまうことになりかねません。

従業員の負担が大きい職場は離職する可能性が高くなるので、教育環境を整えて少しでも働きやすい環境を作ることが大切になります。

人材に合わせて業務を選んでいる

適当に人材を配置している会社も多いですが、性格や考え方によって最適な業務は異なります。そのため、人材に合わせて業務を選ぶことが非常に大切です。

人材を最適な部署に配置するには、しっかりと人材の特技や希望部署などを把握しなければいけません。

社長が現場に出ていない場合は、他の従業員が最適に人材配置できるようにサポートすることが大切になります。

面接でミスマッチを減らしている

人材不足の会社は面接回数を減らして採用することもあるようですが、あまり意味が無いので辞めた方が良いです。

人がしっかりと定着している会社ほど、面接を多く設定してミスマッチを減らしている傾向があります。実際に、内定までに面接を5回する会社も珍しくありません。

面接回数が少ないと、入社希望者の仕事に対する考え方や熱意などを把握するのが難しいです。それだけでなく、入社希望者も本当に会社と自分が合っているのか判断できません。

その結果、面接回数が少なくて採用された入社希望者は、働いてすぐにミスマッチを感じて辞めてしまうことになります。

人を定着させたいのであれば、面接の段階でミスマッチを減らせるようにすることが大切です。

評価制度がしっかりしている

評価制度がしっかりしていないと、従業員のモチベーションが上がらず離職してしまう可能性があります。

特に少しでも早く評価されたいと考えている若手は、評価制度が確立していない企業で働いてもモチベーションを維持するのが難しいです。

人を定着させたいと考えているのであれば、評価制度をしっかり準備させておくことが大切になります。

将来性を感じる

企業に将来性を感じないで、辞めてしまう従業員も非常に多いです。

特に売上が下がっているにも拘らず、何も変わろうとしない会社は従業員の不安が増えてしまう傾向があるので注意しなければいけません。

従業員が将来性を感じられるように、新規事業を立ち上げるなど利益を増やせる状態を構築することが大切になります。

人が定着する会社を作るポイント

それでは、人が定着する会社を作る際のポイントを紹介していきます。

これから紹介するポイントを実践することで、人が定着する会社を構築することが可能です。

従業員目線で物事を考える

最も重要なことは、従業員目線で物事を考えるという点です。

従業員がどのようにすれば働きやすくなるのか、従業員はどのような福利厚生・待遇を求めているのかを考えれば、自然と現状の会社の状態の課題店を見つけることができます。

人が定着する会社を作るには、従業員目線で物事を考えることが大切です。

人事制度をしっかり作る

人事が疎かになっている企業は、確実に人を定着させることができません。

  • 採用制度
  • 評価制度
  • 教育制度

最低でも上記の部分はしっかりと構築することをおすすめします。

人事制度をしっかりと作るだけで、従業員の働きやすさを一気に変えることが可能です。

従業員同士の交流を増やす

人間関係が原因で会社を辞めてしまう人は、非常に多い状態です。

少しでも会社の人間関係を改善するためにも、従業員同士の交流が増えるように会社が工夫しなければいけません。

例えば、従業員同士でイベントを行うと、自然とコミュニケーションを取って仲良くなるはずです。仕事外の話などもできるので、プライベートでも仲良くなる可能性があります。

普段は怖くて話せない上司も、イベントで優しければ後輩などは安心するでしょう。

会社によっては社員旅行を実施しているケースもあるようなので、従業員同士の交流を増やす工夫をすることをおすすめします。

キャリアプランのサポートを行う

将来性が見えないという理由で退職する人も多いので、キャリアプランのサポートを行いましょう。

従業員がどのようなキャリアプランを歩みたいのか把握することで、会社が何を提供するべきか判断することができます。

例えば、従業員が将来的に独立を考えているのであれば、独立するために必要な業務を担当させることで、起業するまで長く働いてくれるでしょう。

キャリアプランのサポートをする為に従業員から話を聞いて、求められていることを提供することが大切になります。

ワークライフバランスを改善する

会社は利益を作るために従業員に働いて欲しいと考えますが、ワークライフバランスが悪いと従業員の離職に繋がるので注意が必要です。

従業員のワークライフバランスを改善することで、離職率を抑えることができるだけでなく、仕事のパフォーマンスを上げることもできます。

従業員の労働負担が大きいと感じているのであれば、少しでも早くワークライフバランスを改善させましょう。

高い給料を払える仕組みを作る

高い給料を払える仕組みを作ることで、従業員の満足度が上がり離職率を抑えることが可能です。

利益を作る為にリスクを負って広告にお金を回すなど、少しでも高い給料を払えるように工夫しましょう。

どうしても高い給料を払うのが難しい場合は、休みを増やすなど違う方法で従業員の満足度を上げられるようにして下さい。

まとめ

本記事では、人が定着しやすい企業に共通する特徴やポイント、人が定着する会社を作るべき理由などを解説しました。

離職率が高い会社は、採用・教育コストが増えるだけでなく、人材不足に陥る可能性も高いので、すぐに改善することをおすすめします。

従業員目線で物事を考えて、何を改善したら従業員の満足度が上がるのか、何を増やしたら従業員が喜ぶのかを検討してみましょう。

0