年収の高い職業とは?その職業に就くための条件やスキル

現在の年収に満足していなくて、これから年収の高い職業に就職・転職したいと考えている人は多いでしょう。
しかし、どのような職業であれば高い年収を得ることができるのか把握していない人は多いはずです。

そこで本記事では、年収の高い職業について徹底解説しました。それだけでなく、年収を上げるためにやるべきことや、年収が高い職業を選ぶ際のポイントについてもまとめています。

こちらもオススメ

仕事によって作業内容に違いは生じますが、給与や福利厚生なども違います。業種によっては同じ時間労働しても収入が高いものもあり、高年収を目指すこともできます。ただ「どのような職業が年収が高いの?」と疑問を感じることもあるでしょう。 平均[…]

industry-annualncome-ranking

年収が高い職業ランキング

high-income-work_1

それでは、年収が高い職業ランキングを「平成29年 賃金構造基本統計調査」という調査から参照して紹介していきます。

  1. 医師:1197万円
  2. 航空機操縦士:1191万円
  3. 大学教授:1050万円
  4. 公認会計士・税理士:1042万円
  5. 弁護士:1028万円
  6. 大学准教授:861万円
  7. 記者:822万円
  8. 不動産鑑定士:777万円
  9. 歯科医師:756万円
  10. 大学講師:708万円

上記が年収の高い職業ランキングの上位10職種になります。

年収が高い職業に就くための条件

high-income-work_2

それでは、年収が高い職業に就くための条件を紹介していきます。

難関国家資格を獲得する

難関国家資格を習得することで、年収が高い職業に就くことができるようになります。

実際に、先ほど紹介した年収が高い職業ランキングの大半が、難関国家資格を持っていないと働くことができない職種です。

年収を確実に上げたいのであれば、難関国家資格の習得にチャレンジするのも選択肢の1つと言えるでしょう。

しかしながら、難関国家資格は習得するのが非常に難しく、年単位で勉強しなければいけません。現時点で高校生や大学生であれば何とかなりますが、社会人だと再現性は低いと言えるでしょう。

高学歴になる

高学歴になることで就職活動を有利に進めることができるので、年収が高い業界へも採用される可能性を高めることができます。

例えば、年収が高いランキングで紹介した記者などは非常に人気が高い職種で、働いている人の多くは高学歴です。

ライバルが多い人気業種に就職して年収を上げたいのであれば、高学歴になっておいた方が有利と言えるでしょう。

しかしながら、既に社会人として働いている人は、学歴を変えることはできないでしょう。また、既に大学に入学している人も、仮面浪人するのが難しい状態の人が大半のはずです。

専門的なスキルを持っている

何かしらの専門的なスキルを持っている人材は、需要が高く代替性が低いので高い年収を得ることができます。

注意点としては、多くの人が持っている専門的なスキルは、需要が低く年収にも反映されない点です。

例えば、美容師は髪の毛を切ることができるという専門的なスキルを持っていますが、美容師の数は飽和しているので年収は平均的に低い傾向があります。

逆にエンジニアなどであれば、専門的なスキルを持っている人が少なく需要もあるので、平均的に高年収になります。

既に社会人の人などは、努力して需要のある業界の専門的なスキルを身に付けることが、最も高年収に近付く最短ルートと言えるでしょう。

年収が上がるおすすめの専門スキル

high-income-work_3

今までの記事を読んで、大半の人に再現性があるのは専門的なスキルを身に付けて年収を上げるという方法だと知って頂けたでしょう。

それでは、年収を上げるために学ぶべきおすすめの専門スキルを4つ紹介していきます。

これから紹介する4つの専門スキルは、将来性もあり高年収を見込めるので、習得しておいて損は無いと言えるでしょう。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、年収が高い不動産業界への就職を有利に進めすことができる資格です。

国家資格なので一定レベルの難易度はありますが、1年勉強すれば十分に合格することができるので、非常にコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

しかしながら、宅地建物取引士の資格を習得して不動産業界に転職できたとしても年収が上がる保証はありません。

不動産業界は成果報酬主義の企業が非常に多く、知識以外にも営業力など必要なスキルは複数あります。

宅地建物取引士は、あくまで年収が高い傾向にある不動産会社に転職がしやすくなるだけだと覚えておきましょう。

プログラミング

これから様々な場面でIT化が進み、ITの需要は伸び続けると予測されています。

しかしながら、ITの需要が伸びているにも拘らず、IT人材の供給が追いついていないのが日本の現状です。実際に、2030年の日本はIT人材が70万人も不足すると言われています。

もしプログラミングの技術を身に付けることができれば、これからのIT社会で絶対に重宝される人材になるので、仕事に困ることは無くなるでしょう。それだけでなく、高収入を期待することが可能です。

これからの社会の流れを考慮すると、高収入を得るためにプログラミングを学ぶのは非常におすすめだと言えるでしょう。

WEBマーケティング

既に日本には多くの商品・サービスが存在しますが、大半が認知されることなく撤退しているのが現状です。

多くの類似商品・サービスが存在するので、どれだけ良い商品・サービスを出しても簡単に売ることができません。

そこで学ぶべきスキルが、WEBマーケティングになります。WEBマーケティングとは、WEBを使って多くの人に商品・サービスを認知させることができるスキルです。

WEBマーケティングのスキルを身に付けることができれば、働いている会社の商品・サービスの認知度を広げることができるので、利益を生み出すことができて年収を上げることができます。もし起業したら、自分の商品・サービスを広げることも可能です。

多くの企業が悩んでいる商品・サービスの認知拡大ができるWEBマーケティングは、年収を上げる為に持っておくべきスキルと言えるでしょう。

これから年収を上げるためにやるべきこと

high-income-work_4

それでは、これから年収を上げるためにやるべきことを4つに厳選して紹介していきます。

これから紹介する4つのことを実践すれば、年収を上げることができる可能性を高めることができるでしょう。

転職する

既に働いている業種・業態で年収が上がる見込みが無いのであれば、早く転職して少しでも稼げる可能性もある場所で勝負することをおすすめします。

例えば、利益率の低い飲食業界で上司が年収30万円程度にも拘らず、その会社で努力を続けても高収入を期待するのは難しいでしょう。

逆にコンサルティング会社など利益率が高くて平均年収800万円のような企業に転職した方が、確実に年収を上げることができます。

まずは自分の会社でどれくらいの年収を期待できるのか把握して、転職するべきなのか検討してみましょう。

スキルを身に付ける

自分ができることを増やさなければ他の選択肢を持つのは難しいので、まずは何かしらのスキルを持つことをおすすめします。

例えば、プログラミングのスキルを持っていると、エンジニアへの転職や起業して自社サービスを作るなどの選択肢を広げることが可能です。

WEBマーケティングのスキルも同様に、働いている会社の商品・サービスを売ってインセンティブで給料を上げるなどの選択肢を持つことができます

自分の選択肢を広げることができれば年収を上げることもできるので、スキル習得はやっておくべきだと言えるでしょう。

独立・起業する

ある程度のリスクを負えるのであれば、独立・起業するのも選択肢の1つです。

独立・起業すれば、自分が作った利益を全て手に入れることができます。会社員であれば、絶対に会社に利益の多くを奪われるので、稼げる額にも限界があるでしょう。

独立・起業に失敗すると、職を失ったり借金を背負うなどのリスクがありますが、ハイリスクハイリターンなので、本気で稼ぎたい人は挑戦する価値があるはずです。

投資を始める

収入を増やしたいのであれば、自分の労働だけでなくお金を動かすのも選択肢の1つです。

投資を始めることで、自分が働かなくても収入を増やせる可能性があります。

注意点としては、投資は絶対に稼げる保証はなく、負けて損益が発生する可能性もある点です。また、ある程度の投資予算を確保しなければ、利回りで一定金額を稼ぐことができません。

将来的に大きな予算を確保できるようになったタイミングで稼げるようになるために、最初は少ない予算で投資を始めて勉強しておくのも選択肢の1つです。

年収が高い職業を選ぶ際のポイント

最後に、高い年収を得られる職業を選ぶ際のポイントについて紹介しておきます。

これから紹介するポイントを把握して、年収が高い職業に就きましょう。

インセンティブを得ることができる

固定給だと稼げる金額に限度が決められている状態なので、インセンティブが得られるような職業を選ぶのも選択肢の1つです。

例えば営業職などは、自分が商品・サービスを売ることができれば、インセンティブを得ることができるようになっている企業が多くなっています。

しかしながら、インセンティブがある職業は、結果を出せないとクビになるなどのリスクもあるので注意して下さい。

インセンティブがある職業で働くのであれば、自分が成果を出せる自信のある場所で勝負することが大切です。

利益率が高い

利益率が高い職業は、給料が高い傾向があります。

例えばコンサルティング会社などは、人件費以外の原価が掛からないので、利益率が高く給料も良い企業が多いです。大手のコンサルティングファームだと、1000万円以上の給料を渡しているようです。

給料が高い職業は、利益率が高いという特徴があると覚えておきましょう。

副業ができる

どうしても本業で稼ぐのが難しい場合は、副業で稼ぐというのも選択肢の1つです。

そのため、副業ができる環境の職業に入社することが大切になります。

例えば、残業が多い職業だと副業の時間を作ることができません。また、職業によっては副業を禁止しているケースもあります。

本業以外で年収を上げようと考えている人は、副業ができる職業・企業を選ぶことが大切です。

まとめ

high-income-work_1.jpg

本記事では、年収の高い職業、年収を上げるためにやるべきこと、年収が高い職業を選ぶ際のポイントについて解説しました。

年収の高い職業は、難関資格習得者や高学歴などが就くので、なかなか普通の人は働くことができません。

しかし、年収の高い職業に就職しなくても高収入を得る方法はあるので、是非本記事を参考にして実践してみましょう。

年収の高い職業とは?その職業に就くための条件やスキル
最新情報をチェックしよう!