テレワークに向いている人、向いていない人

ITの進歩や環境の変化によって働き方は変化してきており、従業員なども対応していく必要が生じています。
特に今はコロナの関係で仕事はテレワークとなっている職場も多く、自宅で仕事をすることも増えています。

ただ、テレワークによって仕事をすることで「楽になった」と感じる人もいれば「難しい」と苦戦している人もいます。
テレワークは向いている人と向いていない人がいるようですが、どのような特徴があるのでしょうか?
内容を紹介していきましょう。

テレワークに向いている人

tell_5

職種によりますが、仕事が通勤ではなくテレワークに変化しても、通常通り仕事ができている人や仕事の効率性が向上した人は向いている人になります。
テレワークに向いている人は以下のような特徴を持っています。

計画的に仕事を行える人

テレワークに向いている人は計画的に仕事を行えうことができる人です。
テレワークは自宅で仕事を行うため、業務の段取りやどの仕事を優先的に行っていくのかは自分で決める必要があります。

例えば、会社で通勤しているなら、どのような仕事をすればいいのか細かく割り振られるので自分で計画をしなくても指示に従っておけば問題ありません。
業務時間も何時まで行うのか上司や会社が決めてくれます。

しかし、仕事を始める時間や仕事の段取りなど、テレワークはある程度の業務を自分で計画的に行わなければ仕事が進みません。
ただ、計画性がある人はテレワークの方が自分の好きなように段取りを組めるので自由度が増して仕事の効率性が向上することもあります。
自由に計画をしてストレスが軽減できたり効率性が向上したりしたなら、テレワークに向いている人と言えるでしょう。

コミュニケーションを積極的に行える人

仕事がテレワークに変わった際は自分の意思の伝達方法も変化します。テレワークだとビデオ通話などを利用して、仕事の企画や重要な内容のコミュニケーションを図ることができます。
ただ、会社内で仕事をするよりもコミュニケーションを行う環境は難しいと言えます。
例えば、会社内で有れば仕事内容の少しの確認や少しの挨拶などであれば、気軽に行うことができます。

しかし、テレワークの場合は挨拶や雑談などは業務に関係なく、仕事の少しの確認をする際も電話などで行う必要があるのでコミュニケーションを積極的に取りにくい環境となりました。
職種によってはコミュニケーションが全く無くなってしまうこともあります。

しかし、仕事を行う際にコミュニケーションをしっかり取っておかないと、ミスが多くなったり作業が進まなかったりするので、テレワークの中でもコミュニケーションは大事なポイントです。

テレワークの際にもメールやグループLINEなどを利用して積極的にコミュニケーションが取れる人は向いている人と言えるでしょう。

1人の環境でも仕事ができる人

テレワークに仕事が切り替わるなら在宅での仕事が多くなるため、自分1人で仕事を行うことが増えます。
特に、自分が独身であるなら誰にも直接合わずに自宅で黙々と仕事を行わなければならないので、孤独の環境でも業務に支障が出ない精神力が必要になります。

会社内で仕事をするなら、同僚やチームのメンバーなど誰かには会って仕事をするため、人とのつながりを感じながら仕事を行うことができます。
人に会うことでモチベーションや集中力を維持できる人もいるでしょう。

しかし、職種によってはビデオ通話などもなく、ずっと1人で仕事をすることもあります。
それでも、1人の環境の中でも通勤しているときとモチベーションや集中力が変わらず、業務を遂行出来る人はテレワークに向いている人と言えます。

むしろ、テレワークに変わって余計なことに煩わされず仕事に集中できるようになった人もいるようなので、そのようにテレワークのメリットを生かすことができている人は向いている人と言えます。

テレワークに向いていない人とは

tell_4

コロナの影響によってどんな職種の人もテレワークに切り替わるようになりました。
テレワークを使いこなすことができている向いている人もいる一方、向いていない人もいます。テレワークに向いていない人にはどのような特徴があるのか紹介しましょう。

文章やビデオ通話のコミュニケーションに向いていない人

テレワークの仕事ではどの職種の人も直接会って話をすることができません。
何かコミュニケーションを取るときはメールやビデオ通話を利用する必要がありますが、この方法に慣れない人もいます。

例えば、メールの文章であれば文字だけで相手とコミュニケーションを取らなければならず、相手の表情や仕草などがないので正確に内容を伝える文章力が必要になります。
Web会議の場合は複数人だと話を切り出すためタイミングが分からず、コミュニケーションがしにくいと感じる人もいるでしょう。

対面式と違い、文書やビデオ通話のコミュニケーションは細かいニュアンスが分かりにくいです。
そのため、自分の言いたいことや意図がうまく伝わるない人など、コミュニケーションで苦戦しているならテレワークに向いていないと言えます。

テレワークの環境に向いていない人

テレワークを仕事で行う際は、自宅をテレワーク用に環境を整えなくてはなりません。
例えば、テレワークではビデオ会議、また仕事に必要な資料をアプリを通して送信するなど、ネット環境が必要になってきます。

また、資料を印刷するためにプリンターを購入する必要がある職種もあるでしょう。
さらに、仕事に集中できる用に専門の部屋の確保など仕事環境を整えることには、いろいろな分野があります。

ただ、テレワークの環境を整えようとしても人によっては限度があり、環境整備ができないこともあります。
例えば、子供のいる家庭で有れば自宅で子育てしながらテレワークをしなくてはいけないので、仕事に集中できるようにするには限度があるでしょう。

また、赤ちゃんや介護など家庭の事情によっては送り迎えやお世話などで、仕事どころではなくなる人もいます。
外出の仕事なら集中できる人も、在宅なら仕事に支障が出る人もいるので、環境によってテレワークが向いていない人はオフィスをレンタルするなど対策が必要なこともあるでしょう。

テレワークに向いている業種とは

テレワークは職種によっても向き不向きが生じます。そのため、テレワークに向いている職種ならば、積極的にテレワークを行うのが効率性も向上し、コロナ対策ともなります。
テレワークに向いている職種は以下のようになっています。

資料作成の仕事

tell_3

取引先へ提示するための営業資料や企業へのプレゼン資料、マーケティング用の分析資料など、資料作成を行いたい人はテレワーク向けと言えます。
資料作成はマーケティングや調査をして作業することが多く、1人でも作業することが多い業務です。

在宅の職種の中でも特に支障はなく、1人の方が集中して仕事に専念できるのでテレワークにした方が得策です。

プログラミング

tell_2

プログラミングの仕事もテレワークに向いている職種です。プログラミングはネット環境が必須ですが、クライアントの意向に沿うデザインやホームページを作成するまで、黙々と1人で作業することが多いです。

途中で意向に合っているのか簡単なコミュニケーションを取ることもありますが、テレワークで十分作業可能な仕事です。

テレワークの向き不向きについてまとめ

tell_1

コロナの環境もありどんな職種もテレワークでの仕事がメインになっているところが増えています。
テレワークの環境次第で向き不向きが生じてくるので、向いている人の特徴を押さえて、効率性を向上できるようにしましょう。

0