会社員を続けるメリットとリスクって何?【どんな人が向いているの?】

これから社会人になっていく人で、会社員になるか起業するのか悩んでいる人は多いでしょう。

実際に何も考えずに会社員になっていく人は多いですが、メリット・デメリットを把握できていない人は少なくありません。

そこで本記事では、会社員を続けるメリット・デメリット、会社員を続けるべき人の特徴を徹底解説しました。

既に会社員として働いている人や、これから会社員として働いていこうと考えている人は、是非最後までご覧下さい。

会社員を続けるメリット

employee_1

まずは、会社員を続けるメリットを紹介していきます。

これから紹介するメリットが良いと感じるのであれば、会社員を続ける価値はあると言えるでしょう。

確実に給料が振り込まれる

会社員は確実に給料が振り込まれるので、収入が途絶えるという心配をする必要がありません。

確実に給料が振り込まれる会社員は、生活面で非常に安定していると言えるでしょう。

社会保険や厚生年金が半額

会社員になると、社会保険や厚生年金が半額になるので、出費を減らすことができます。

個人事業主や経営者の中で、社会保険や年金の支払いに苦労をしている人は少なくありません。

社会保険や年金など月々の出費を抑えられるのは、会社員の大きなメリットになります。

税金関係の作業をしなくて良い

個人事業主や経営者は税金関係の処理を自分でしなければいけないので、時間や税理士を雇う費用などが必要になります。

しかしながら、会社員であれば税金関係の処理は全て会社が行ってくれるので、個人で何か作業をしなければいけないということはありません。

注意点として、会社員でも副業をしている場合は、収入によって自分で確定申告が必要になるケースがあります。

副業をしている場合は、自分で確定申告を行う必要があるのか確認しておきましょう。

会社の技術を学べる

会社員になれば、就職先の会社のノウハウ・技術を学ぶことができます。

会社員時代に学んだノウハウ・技術を使って、起業や個人事業主を始める人も多いです。

就職するのか悩んでいるのであれば、とりあえず会社員を経験してノウハウ・技術を身に付けてから起業や個人事業主を始めるのも選択肢の1つと言えるでしょう。

社会的な信頼性が高い

会社員は社会的な信頼性が高いので、ローンが組みやすいなどのメリットがあります。

経営者は会社の業績によっては短期間で借金を背負う可能性があるなど、リスクが高いので社会的な信頼性は低いです。その為、ローンを組むのが難しいなどのデメリットがあります。

社会的な信頼性を気にするのであれば、会社員になっておくべきだと言えるでしょう。

様々な福利厚生を得られる

会社員になると、会社によって内容は異なりますが、様々な福利厚生を得ることができます。

有給などは当たり前の福利厚生ですが、ボーナスや誕生日に休むことができるなどの福利厚生を得られるのは、会社員の大きなメリットと言えるでしょう。

他にもジムを格安で利用できるなど、会社によって福利厚生の内容は異なるので、興味がある人は事前に確認しておくことをおすすめします。

転職市場で有利になる

会社員時代に一定の実績・経験をしている人材は、転職市場で有利になり、大企業へ就職や大幅な年収アップなどを期待することができます。

経営者は事業に失敗すると、経験や実績にもよりますが、転職市場で評価されない可能性が高いです。

転職市場で戦うことも考慮して、一度は会社員を経験して実績・経験を作っておくことをおすすめします。

会社員を続けるデメリット

employee_3

先ほどは会社員を続けるメリットを紹介しましたが、デメリットもあるので解説していきます。

メリットとデメリットを把握して、本当に会社員を続ける価値があるのか検討しましょう。

収入に限界がある

会社員は収入に限界があるので、大金持ちになるなどの夢を見るのは少し難しいです。

営業職などであれば成績に応じてインセンティブが支払われるので、収入が高くなる可能性はあります。

しかしながら、固定給のみしか支払われない場合は、大きく収入を得るのは難しいです。1人だけ収入を高くすると、他の従業員からクレームなどが発生する可能性があるので、基本的には従業員の給料は低く設定されます。

役職を上げるなどをしても収入が劇的に上がらないのは、会社員のデメリットと言えるでしょう。

人間関係に悩む可能性がある

会社で働くと、職場の人と仕事をすることになるので、人間関係に悩む可能性があります。

個人事業主であれば1人で作業するので、無駄に人間関係に悩むことは基本的にはありません。

今までの人生で、人間関係に悩みを抱えた経験がある人は、会社員は少し不安があるでしょう。しかしながら、どこに行っても気が合わない人は存在するので、これは仕方がないです。

どうしても人間関係で悩みたくないのであれば、個人事業主として活躍できるスキル・能力を身に付けましょう。

会社が倒産すると一気に不安定になる

会社員は収入が完全に就職先の会社に依存しているので、倒産などが起きると一気に生活が不安定になります。

その為、会社員になったとしても適当に働くのではなく、スキルや実績を付けて、転職しなければいけなくなったタイミングでも困らないようにしておくことが大切になります。

就職している会社でだけ活躍できる人材は転職市場で全く勝負できないので、注意しておきましょう。

自由に働くことができない

会社員は出勤時間や出勤日が定められているので、自由に働くことができません。在宅ワークやフレックス出勤などが少しづつ進んでいますが、まだまだ導入している企業は少ないのが現状です。

時間にも場所にも縛られない自由な暮らしを求めている人は、会社員だと少し難しいので、起業や個人事業主になる必要があります。

嫌な仕事もしなければいけない

会社員は与えられた仕事をしなければいけないので、場合によっては嫌な仕事を任せられるケースがあります。

特に若手の頃は雑用を任せられる為、自分が希望している仕事を経験できる時間は少なくなる可能性が高いです。

自分の好きな仕事だけしたいのであれば、経営者や個人事業主になることをおすすめします。

転勤・異動などが発生する

会社員は就職する企業によって転勤・異動が発生するので、それが嫌なのであればデメリットだと言えるでしょう。

転勤や異動が嫌なのであれば、そのようなことが起きない企業に就職・転職して会社員を続けるのも選択肢の1つです。

会社員を続けるべき人の特徴

employee_2

今までの記事を読んで、会社員を続けるメリット・デメリットを把握して頂けたでしょう。

それでは、会社員を続けるべき人の特徴を解説していきます。会社員を続けるのか悩んでいる人は、是非チェックして下さい。

安定した生活をしたい

安定した生活を望んでいるのであれば、会社員を続けた方が良いと言えるでしょう。

会社員であれば与えられた仕事をしているだけで、固定の収入を得ることが可能です。

しかしながら、個人事業主や経営者は絶対に収入が入ってくる保証はありません。最悪の場合は赤字になって大きな借金を負うリスクもあります。

収入面の不安を抱えたくないのであれば、会社員になることをおすすめします。

社会的な目を気にしている

社会的な目を気にしているのであれば、会社員になることをおすすめします。

会社員は世間的に見て信頼性が高く、ローンなどを組みやすいです。また、周りの人から良い印象を持たれます。

お金や時間に興味がない

会社員は収入に限度があり時間も縛られるので、お金や時間に興味が無い人に向いています。

言い換えると、年収1億円を目指している人や、プライベートの時間を多くしたいと考えている人には会社員は向いていません。

お金や時間に興味が無い人は会社員をおすすめしますが、大金持ちや自由な暮らしの望んでいる人には個人事業主や経営者をおすすめします。

会社員を続けるのか悩んでいる場合の対処法

employee_4

今までの記事を読んで、会社員を続けるのか悩んでいる人も多いでしょう。

最後に、会社員を続けるのか悩んでいる人に向けて、対処方法を解説しました。

何を優先するのか決める

まずは自分が何を優先するのか決めて、それに合った働き方を始めましょう。

時間を優先するのであれば、会社員ではなくフリーターなどの方が合っているはずです。収入を優先するのであれば、無限に稼げる可能性のある経営者や個人事業主の働き方がおすすめになります。

安定した生活を最も優先するのであれば会社員を続けるべきでしょう。

まずは自分が何を優先していくのか決めて、それに合わせた働き方を選ぶことが大切になります。

将来的なことを考える

今の感情だけで会社員を続けるのか判断するのは危険なので、将来のことも考慮して意思決定することが大切になります。

例えば、将来のことを考えてもう少しだけ会社員を続け、自信を持った段階で起業や個人事業主になるのも選択肢の1つでしょう。

将来の生活を考慮して意思決定することで、後悔することなく人生を歩んでいくことができます。

会社員になる以外で生活できるか考える

会社員が最も安定している働き方と言われていますが、それを辞めるのであれば、他の方法で生活ができるのか考えなければいけません。

経営者や個人事業主になるのであれば、収益を得られる目処が立っているのか。フリーターを選ぶ場合は、老後の貯蓄などは問題ないのか。

会社員を続けなくても収入を得て生活が成り立つのかを考えて意思決定しましょう。

まとめ

本記事では、会社員を続けるメリット・デメリット、続けるべき人の特徴や悩んだ時の対処法について徹底解説していきました。

会社員を続けるメリットは非常に多いですが、それと同様にデメリットもあると覚えておきましょう。

安定した生活より違うことを求めているのであれば、会社員を続けない選択肢を取るのも良いはずです。しかしながら、生活ができなくなるのは最悪なので、本当に会社員を辞めても問題ないのか慎重に検討してから意思決定することが大切になります。

0