転職活動を始めるタイミングは在職中?退職後?

これから転職活動を始めたいと考えている人の中で、在職中と退職後のどちらで転職活動を始めようか悩んでいる人は多いでしょう。

しかしながら、在職中と退職後のそれぞれで転職活動を行うメリット・デメリットを把握していない人は多いはずです。

そこで本記事では、転職活動を始めるべきタイミングのポイントである「在職中」と「退職後」に分けて、メリット・デメリットを徹底解説しました。

それだけでなく、「在職中」と「退職後」の転職活動でやるべきことについてもまとめています。

これから転職活動を始めようと考えている人は、是非最後までご覧ください。

在職中に転職活動を始めるメリット・デメリット

timing-of-jobchange_1

まずは、在職中に転職活動を始めるメリット・デメリットを紹介していきます。

これから紹介するメリット・デメリットを把握して、在職中に転職活動をするべきなのか検討してみましょう。

メリット:収入が安定している

在職中に転職活動することで、収入を確保することが可能です。

転職は数週間で決まることはなく、基本的には数ヶ月の期間が必要になります。

数ヶ月の長い期間で収入を得られないのは生活的に苦しいと感じる人も多いはずです。

収入の安定を求めるのであれば、在職中に転職活動を行った方が良いと言えるでしょう。

メリット:転職に失敗しても安心

仮に転職に失敗しても、在職中であれば安心して現在の職場で働くことができます。

もし退職をしていると、転職に失敗したら新しい仕事先を探すしか働く方法はありません。

確実に転職できるという確信を持っているなら問題ありませんが、不安なのであれば在職中に転職活動することをおすすめします。

メリット:ブランクが発生しない

退職をしてすぐにし仕事が決まれば良いですが、数ヶ月後に内定が出ることも珍しくありません。

数ヶ月も仕事をしていない期間が空けば、ブランクがあるので少し仕事が慣れるまでに時間が掛かります。また、企業によってはブランクがあることをマイナス評価にする可能性もあるでしょう。

ブランクを発生させたくないのであれば、在職中に転職活動することをおすすめします。

デメリット:転職の時間を作りにくい

在職していると当然業務をしなければいけないので、転職活動の時間を作るのが難しいです。

転職活動は多くの作業が必要になるので、一定の時間は確保しなければいけません。

  • 企業を探す
  • 企業研究
  • 履歴書の作成
  • 面接対策
  • 面接

上記は転職活動に必要な主な作業になります。

在職中に転職活動を行いたいのであれば、どのように転職活動の時間を作るのか検討しましょう。

デメリット:面接などの日程が合わない

在職中に転職活動する場合は、面接などの日程を合わせるのが非常に難しいです。

特に面接は平日に行われることが多く、土日休みの企業で働いている人は、有給などを使わなければいけません。

面接の日程を合わせる為に、事前に有給を取れるようにしておくことが大切です。

風邪など嘘を言って会社を休む人もいますが、バレると罰則などを受ける可能性があるので、あまりおすすめしません。

しっかりと面接日は有給を取って行くようにしましょう。

デメリット:退職と入社の時期を合わせるのが難しい

在職中で転職活動をしていることを働いている企業に隠している場合は、退職と入社の時期を合わせるのが難しいです。

基本的に転職活動を終えて内定を貰うと、1ヶ月~2ヶ月程度で入社しなければいけません。

しかしながら、転職活動をしていることを現在働いている企業に伝えておかないと、いきなり一ヶ月後に辞めることになるので悪い印象を持たれる可能性があります。

もし内定が出そうな企業があるのであれば、事前に会社に辞めることを伝えるのも選択肢の1つです。

退職後に転職活動を始めるメリット・デメリット

timing-of-jobchange_2

次に、在職中に転職活動を始めるメリット・デメリットを紹介していきます。

これから紹介するメリット・デメリットを把握して、退職後に転職活動をするべきなのか検討してみましょう。

メリット:転職に時間を十分に確保できる

退職後に転職活動を始めると、時間を十分に確保できるので入念に対策することが可能です。

それだけでなく、面接の日程などを調整しやすいので、早く新しい就職先を見つけることができます。

今の仕事を絶対に辞めたくて、早く新しい就職先を見つけたのであれば、退職後に転職活動する方が良いと言えるでしょう。

メリット:仕事のストレスに悩まされることはない

退職後であれば仕事のストレスに悩まされることがなくなるので、のびのびと転職活動することができます。

転職活動はなかなか職場が決まらず、ストレスを抱えてしまう人も多いです。転職活動が上手く進まないで抱えるストレスだけでなく、仕事でもストレスを抱えると絶対に転職活動に影響が出ます。

ストレスを少しでも抑えて転職活動したいのであれば、会社は退職しておいた方が良いと言えるでしょう。

メリット:スキルアップのためにスキルや資格の学習ができる

次に志望する業種・業態によっては、何かしらのスキルや資格を習得しなければいけないという人も多いでしょう。

スキルアップの為にスキルや資格を習得するのは非常におすすめですが、在職中だと勉強時間を確保するのが難しいはずです。

スキルアップのためにスキルや資格が必要であれば、退職して勉強時間を確保するのも選択肢の1つと言えるでしょう。

デメリット:仕事が見つからないと生活が安定しない

仕事が見つからないと、収入を得られないので生活が安定しなくて苦しんでしまう可能性があります。

退職後に転職活動する場合は、ある程度の貯金を確保して、転職活動が終わるまで生活ができる環境を整えることが大切です。

デメリット:離職期間が長くなると印象が悪い

離職期間が長くなると、企業から悪い印象を持たれてしまう可能性があります。

  • 転職活動をサボっていた
  • ブランクがあって即戦力にならない

上記のような印象を持たれてしまう可能性があるので注意が必要です。

もし退職後に転職活動するのであれば、できるだけ早く内定を貰えるように工夫しましょう。

デメリット:内定が出ない場合は精神的にダメージが大きい

内定が出ない場合は、収入源が無く転職活動が長く掛かってくるので、精神的に大きなダメージを負ってしまう可能性があります。

精神的な負担を少しでも減らしたいのであれば、転職に失敗しても帰る場所がある「在職中」に転職活動した方が良いと言えるでしょう。

在職中に転職活動する人がやるべきこと

timing-of-jobchange_3

それでは、在職中に転職活動するべき人がやるべきことを3つに厳選して解説していきます。

これから紹介する3つのことをやるだけで、在職中に転職できる可能性を一気に高めることが可能です。

だらだらしないで転職する

在職中だと転職に失敗しても大きなダメージを負うことが無いので、だらだらと転職活動してしまう人は多いです。

しかしながら、だらだら転職活動を続けても絶対に上手くいきません。

本気で転職したいのであれば、期間を決めてテキパキと転職活動しましょう。

有給を上手く活用する

有給を上手く活用することで、面接時間などを確保することができます。

どれくらい前に言っておけば有給が取れるのかなど、しっかりと把握しておきましょう。

特に平日勤務で土日休みの企業は、有給を上手く活用しなければ面接できないので、注意しておいて下さい。

仕事はしっかりとこなす

転職活動をするにしても、現在の職場の仕事はしっかりとこなすようにして下さい。

しっかりと職場の仕事をこなさなければ、クビになるリスクがあります。もしクビにならなくても、転職活動に失敗して現在の会社で働き続けるとなった時に、評価が悪い状態になってしまっている可能性があります。

転職活動の失敗などに備えて、現在の職場の仕事は今まで通りこなすことが大切です。

退職後に転職活動する人がやるべきこと

timing-of-jobchange_4

それでは、退職後に転職活動するべき人がやるべきことを3つに厳選して解説していきます。

これから紹介する3つのことをやるだけで、退職後に転職できる可能性を一気に高めることが可能です。

失業保険を受け取る

失業保険を受け取れる権利があるのであれば、申請しておきましょう。

退職後は転職するまで収入が入ってこない状態なので、少しでも収入源を確保することが大切になります。

また、失業保険にも受け取れる可能性があるので、保険会社などに問い合わせてみるのも選択肢の1つと言えるでしょう。

貯金をしておく

退職して転職活動しようと考えている人は、できるだけ在職中に貯金しておくようにしましょう。

最低でも生活費の3ヶ月分は貯金しておくことで、ストレスなく転職活動に集中することができます。

もし退職金を受け取れる場合は、どれくらいの金額を受け取れるのかを把握しておくことが大切です。

どれだけ転職活動のやる気があっても、生活ができなければ意味がないので、まずはお金周りを整えることをおすすめします。

ハローワークや転職エージェントを活用する

退職後に転職活動をする場合は、どれだけ早く内定を貰えるのかが勝負になります。

貯金などの用意がなく、少しでも早く転職先を決めなければいけない状況の人は、ハローワークや転職エージェントを利用しましょう。

ハローワークや転職エージェントであれば、自分の希望にできるだけ沿っている求人を担当者から提案して頂くことが可能です。

企業を自分で全て探す手間が省けるだけでなく、面接や履歴書などの対策もサポートしてくれるので、1人で転職活動するより圧倒的に早く内定を貰うことができるでしょう。

もちろん自分が努力することが大前提ですが、急いでいるのであればハローワークや転職エージェントを利用することをおすすめします。

まとめ

本記事では、転職活動を始めるべきタイミングのポイントである「在職中」と「退職後」に分けて、メリット・デメリットを徹底解説しました。

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合う方を選びましょう。

安定を取るのであれば在職中に転職活動することをおすすめしますが、リスクを取ってでも早く転職したい人は退職後に転職活動することをおすすめします。

0