キャリアアドバイザーって何?仕事内容ややりがいをご紹介!

近年では就職先を探している人にとって有利な売り手市場となっており、企業側としても優秀な人材を得ることに様々な工夫を行っているのが現状です。

そういった中で仕事を探している側としても、働くことができる企業の選択肢が非常に豊富になっているため、どういったところが自分に適しているのか判断することができないという方も多いのではないでしょうか。

仕事探しに失敗して後悔しないように様々なサポートをしてくれるのが「キャリアアドバイザー」です。

そこで今回の記事では、キャリアアドバイザーとはどういった仕事なのか、具体的な仕事内容ややりがい、必要なスキルなどについて詳しく解説していきます。

そもそもキャリアアドバイザーとは

career-advisor_1

キャリアアドバイザーとは人材紹介会社や、求人サイトを運営している企業などをはじめとして、仕事を探している人たちに対して就職や転職などのアドバイスを行い、その人が自分にとって最適のキャリアを歩むことができるようにサポートする仕事になります。

キャリアアドバイザーとして働くにあたって、特殊な資格などは必要ありませんが、悩んでいる人たちに対して、その人がどういった能力や経験を有しているのか、就職先に対して希望している条件などはどういったものなのかを見抜く必要があるので、比較的経験豊富な方が仕事としているケースが多いです。

例えば、ある企業で人事担当として様々な人の採用面接を行ってきたという人だったり、人材育成を任されてきたという人だったりと、人に関わる仕事の経験が豊富な方がキャリアアドバイザーとして活躍しています。

そんなキャリアアドバイザーの主な仕事内容は、以下の通りです。

  • 法人対応
  • 求職者対応

それぞれどういった仕事内容なのか、順番に詳しく解説していきます。

法人対応

キャリアアドバイザーの主な仕事内容としては、まず法人対応というものが挙げられます。

ある企業に適しているだろうスキルや経験を有した人物の紹介や、新卒入社の人々の人材育成を行うなど、様々な業務を幅広く行う必要がある重要な仕事です。

特に近年では、就職先を探している人にとって有利な売り手市場となっているため、どの業界・企業でも慢性的な人材不足を抱えており、うまく優秀な人材を確保することが以前よりも格段に難しくなっています。

そのためキャリアアドバイザーの重要性が非常に高まっており、新しい人材の確保から既存の人材の離職防止で引き止めを行うなど、個人に合わせた様々なキャリアの形成をサポートしなければいけません。

そのため企業もキャリアアドバイザーに対して仕事を依頼したり、独自の観点から自社の人材育成や採用に関するコンサルティングなどを任せたりしているところも多くなっています。

求職者対応

キャリアアドバイザーのもう一つの重要な業務として挙げられるのが、求職者対応です。

キャリアアドバイザーが働いている場所によって行う業務も少し異なってきますが、基本的に仕事を探している人に対して、その人に最適の就職先を紹介するのが主な仕事内容になります。

キャリアドバイザーの業務内容

career-advisor_3

キャリアアドバイザーがどのような仕事内容をしているのかというのを紹介してきましたが、それぞれどういった業務を行っているのか詳しく紹介していきます。

求人情報のリサーチ

仕事を探して相談しに来た人に対して、最適の仕事を代わりに見つけ紹介するのがキャリアアドバイザーの業務内容になります。

その人が求めている仕事に対する希望や環境などをしっかりヒアリングして、何が適しているかを頭に入れつつ、最適の求人を紹介してくれるので、単純に求人サイトで仕事を探すのとは異なり、自分の希望に適している勤務先を見つけやすいです。

また自分で探す場合よりも、求人サイトなどには出ていない仕事なども紹介してくれるため、条件の良いものを見つけやすいのもキャリアアドバイザーを通して仕事探しをする特徴になります。

選考対策

キャリアアドバイザーは求人を紹介して仕事が終わるというわけではなく、紹介した人の選考対策までを行うのも具体的な業務内容の一つになります。

企業の選考には様々なものがあり、ES・グループディスカッション・面接など、どれが選考の過程で行われたとしても対応できるように、様々な対策を行いサポートをしなければいけません。

具体的には、提出するESの添削作業や面接官となって模擬面接をするなど、様々なサポート活動を行います。

企業の採用活動サポート

思うように人材をうまく確保することができない企業に対して、採用活動などのサポートを行うのもキャリアアドバイザーの業務内容です。

また採用活動だけではなく、実際に入社した人が辞めたりしないように、離職防止の策をとるなど、企業全体の人事に関するコンサルタント的な業務を行う場合もあります。

キャリアアドバイザーのやりがい

ここまでキャリアアドバイザーの具体的な業務内容について紹介してきましたが、こういった業務を通じてどのようなやりがいを感じることができるのでしょうか。

誰かの人生のサポートができる

キャリアアドバイザーやりがいとして真っ先に挙げられるのが、誰かの人生のサポートができるということです。

仕事を探している人は、就職もしくは転職といった今後の人生を左右する相談をキャリアアドバイザーに行います。

そのためキャリアアドバイザーのサポートによって、その人が今後どれだけ幸せに働くことができるかというのが左右されるのです。

誰かの人生を左右する重要な仕事になりますが、その人に最適の就職先を紹介し、働き始めてから感謝の言葉をもらえると、とてもやりがいを感じることができます。

企業の課題を解決することが可能

キャリアアドバイザーの主な仕事内容として、企業の人材に関する悩みを解決するというものがあります。

うまく採用ができなかったり移植率が高かったりなど、人材に関する様々な悩みを抱えている企業というのは非常に多いです。

こういった企業の課題をキャリアアドバイザーとして解決することができるのは、とてもやりがいのある仕事になります。 

キャリアアドバイザーに向いている人

career-advisor_2

キャリアアドバイザーに向いている人はどういった人なのでしょうか。

キャリアアドバイザーに向いている人の特徴を以下で詳しく解説しています。

コミュニケーション能力が高い人

キャリアアドバイザーの仕事というのは、単純に仕事を探している人に対して、条件の良い求人を紹介するというものではありません。

その人が抱えている悩みや希望といったものを引き出しながら、最適の仕事を見つけてあげるのがキャリアアドバイザーのやらなければいけないことになります。

もっともキャリアアドバイザーに相談しにやってくる人に関しては、自分の中で希望や勤務先に対する条件などが明確に定まっている人から、漠然としたものしかないという人まで様々です。

また詳しく話を聞いている中で、その人本人が気づいていないであろう仕事に対する適性や潜在的な能力などを見抜いて、最高のキャリアを築くサポートなどもしなければいけないのがキャリアアドバイザーになります。

そのためどうしてもコミュニケーション能力というのは必要不可欠のものとなっており、相手から話を引き出すことのできる人というのは、キャリアアドバイザーに向いていると言えるでしょう。

相手の考えに寄り添える人

キャリアアドバイザーに相談しに来る人というのは、おしなべて仕事に対して漠然とした不安や悩みなどを抱えているという人が多いです。

就職先を探している人の場合、初めて働くことになる不安や、就職活動で自分に無力感を感じているということも多いため、そういった人をサポートできなければいけません。

また転職先を探している人の場合に関しては、単純に今よりも条件が良いところを探している人だったり、働いているところでうまくいかず 不安な気持ちを抱いて相談しに来るなど、人によって背景は様々です。

相手の気持ちや考えに寄り添うことができず、単純に機械的に対応してしまうと、より自信をなくさせてしまったり不安を感じさせてしまったりすることもあります。

そのため常に相手の考えに寄り添いながら、キャリアアドバイザーとして今後のキャリアに最適なサポートをしなければいけません。

そのため相手の考えに寄り添える人もしくは相手の立場になって考えることができる人というのは、キャリアアドバイザーに向いているでしょう。

自分から能動的に動ける人

キャリアアドバイザーとして、相談しに来た人に最適の仕事を探すためには、自分から能動的に動ける人でなければいけません。

求人というのは常に変化するものであり、昨日にはなかった求人であったとしても、今日新しくその人に最適のものが現れるということもあります。

また求人や人材に関わる仕事に関しては、毎年のように労働に関する法律や制度の改正なども起きる可能性があり、最新の情報を常に把握していなければいけません。

最新の労働に関する法律や規制などを知らなかったために、法律に反する行為などを行い罰せられるという可能性も十分あるので、こういった情報を勉強するというのもキャリアアドバイザーに求められる仕事になります。

そのため自分から能動的に動き、常に最新の情報などを把握することができるという人もキャリアアドバイザーに向いていると言えるでしょう。

奉仕精神がある人

キャリアアドバイザーの仕事というのは、仕事を探している人ありきのものであり、その人の役に立ちたいという気持ちがないとなかなかうまくいきません。

そのため奉仕精神がある人というのもキャリアアドバイザーに向いていると言えるでしょう。

まとめ

今回はキャリアアドバイザーがどのような仕事なのかというの中心に、具体的な業務内容ややりがいなどについて詳しく紹介してきました。

キャリアアドバイザーは他人の人生を左右する役割を持つ重要な仕事であり、責任感をもって働かなければいけません。

また企業の人事に関して取り扱うということも多く、人材に関するコンサルタントとして活躍することが可能です。

個人・法人問わず非常に影響力のある仕事になるため、専門知識を有しているかなども重要になってきます。


【就職・転職をお考えの方へ】
お仕事ハウスでは経験豊富なキャリアアドバイザーがあなたの就職や転職を徹底サポートします。

oshigotohouse
0